2020年11月22日

# SHIBUichi BAKERY [渋谷] の渋いちバーガーバンズ




 東京・渋谷、SHIBUichi BAKERY(渋いちベーカリー)渋いちバーガーバンズ¥150(税込¥162)です。いまイケイケの「MIYASHITA PARK」の明治通り挟んで向かいのビル「SHIBUYA CAST.」の"横の"、ちょこっとした小さなビル1階のパン店です。

 このバンズ、実はちょっと有名なと言うか、某所でおなじみのバンズです。今回はバンズの写真のみ。「ハンバーガー作ってみました!」はまた今度しますので。実は先日、取材中に"かなり強く"舌を噛んでしまいまして、現在、治癒の最中です。しばらく流動食で凌ごうと思ってますので、ハンバーガーを食べること自体しばしお休みですね。"自粛"です。と言うことで、試作はまたそのうち!


― shop data ―
所在地: 東京都渋谷区渋谷1-23-26 網野ビル1F
     東京メトロ渋谷駅B1出口歩3分
     JR渋谷駅ハチ公改札より歩8分 地図
TEL: 03-4590-6600
URL: https://www.huge.co.jp/restaurant/shibuichi
オープン: 2017年10月5日
* 営業時間 *
月〜金: 8:00〜19:00
土日祝: 8:00〜18:00
定休日: ?(要確認)

2020.11.21 Y.M
ラベル:バンズ
posted by ハンバーガーストリート at 12:57| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月07日

# Pascoのバーガーバンズ




 新しいの入荷しました! 最近、出先のスーパーマーケットにかならず寄るようになりまして、パンの売り場と冷凍食品の売り場を見て回るようになりました。パンは「バンズ」、冷凍食品は「ライスバーガー」です。

 このたびゲットしたのはPasco(パスコ)こと敷島製パンバーガーバンズです。浦和のイトーヨーカドーで¥108(税込)。2個入りです。商品ページはありませんが、パスコオフィシャルのこんなページがありまして、バンズの話題が上がっているのですが、載っているバンズの写真は色違いの「青い」パッケージという……この違いは何なんでしょう?

 重量52g。直径は短いところで8.5cm、長いところで9.0cmほどのバンズです。最初から上下2つに分かれており、クラウン(上バンズ)は側面までびっしりゴマだらけ。これを使ってまたバーガーを作りました。毎度の「マクドナルド」スタイルです。


 パティは前に仕込んだ100g=149円の豪州産牛赤身挽肉パティです。4枚作ったうちの2枚を冷凍保存したと書いた、それで作りました。重量117g。焼く前に電子レンジで500w30秒+20秒の加熱。フライパンにちょろっとだけ油を引いて、その後の手順は前の通りです。

 「冷蔵」と「冷凍」の違いを書きます。冷凍は焼いていると肉汁が沸々と出て来ます。冷蔵には無かった現象です。内に閉じ込められているものが隙間を見つけて湧き出て来る感じですね。それを見て私、若干「ビビり」まして、ちゃんと火が通るようにと、コテでギュウギュウ押し過ぎました。結果、また焼き過ぎです。反省です。

 それでバンズですが、こちらも焼き過ぎました。しっかり目の生地で食べていて、生地の「ザラ」感が少し障る気がしました。若干主張が過ぎるように感じます。2度食べて2度ともそう思ったので、ま、ここまでの繊維感は要らないかなと。

§ §

 正直あまりビーフの味がしないので、次回は違う牛挽肉を買おうと思ってます。パスコのバンズについては色違いのパッケージが気になりますね。見かけたらまた買います。




# おうちでハンバーガーまだまだ試行中……調理・試食編
# おうちでハンバーガーまだまだ試行中……パティの仕込み編
# Pascoの麦のめぐみ 全粒粉入りイングリッシュマフィンでハンバーガー
# Pascoの麦のめぐみ 全粒粉入りイングリッシュマフィン
# タカキベーカリーのイングリッシュマフィンでハンバーガー
# 近所のスーパーで買えるバンズまとめ
# タカキベーカリーのイングリッシュマフィン
# Pascoの超熟イングリッシュマフィン
# フジパンの調理用バンズ
# フジパンのごま付きバンズでチーズバーガー
# フジパンのごま付きバンズ
# ローソンのLチキバンズ(再食)
# 「マンガめし・えほんめし」中止のお知らせ
# 伊藤パンの調理バンズ
# 第一パンのゴマ付きハンバーガーバンズ
# 少し前からこんなの売ってるんですよ――第一パンのゴマ付きハンバーガーバンズ

# 2月29日、豊島区主催「マンガめし・えほんめし」のハンバーガーの回にゲスト出演します!

2020.6.7 Y.M
ラベル:バンズ
posted by ハンバーガーストリート at 15:01| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月04日

# 手の届くところへハンバーガーを置け:実践編




 一方、ハンバーガーのデリバリーがすっかり盛んになったのは比較的最近、ここ3年ぐらいのことに思います。Uber Eats(ウーバーイーツ)の登場はその流れに一層拍車をかけましたよね。そんな中ですが、例えば都内のある店は、Uberを始めたことで「去年の4月より売り上げがよかった」そうです。これはスゴイことです。平穏な去年よりコロナ禍の今年の方がいいワケですから。

 これこそつまり、「手の届くところへハンバーガーを置け」です。


 今までずっと「手の届かないところ」にあったんです、その店のハンバーガーは。同じ街の同じ場所に店はずーっとあったのに、でも近所の人たちは使おうとしなかった。あるいは店のことを「知らなかった」のかも知れません。それが、外出自粛で巣ごもりを余儀なくされる中、その店のメニューがUberで目に留まり、「頼んでみようか」という気になった――ということです。

 これが「手の届くところへハンバーガーを置け」の一例です。近所に住む人たちの「目に入るところへ」「利用しやすいところへ」そして「利用しやすいカタチで」ハンバーガーが置かれた……ただそれだけのことなんですが、シンプルですごくいい解決策に思います。

 まぁつまり、外食・内食・中食と、どれもオールマイティにこなせるハンバーガーは、意外と「小回りの利く」優秀な食べ物なんだと言うことです――。


 と言いますか、そもそものルーツが、そんな「お手軽・便利な」食べ物だったんだということを、あらためて意識してみるのがいいんじゃないかと思います。現代の「グルメバーガー」には、華麗にきらびやかに、さながら「皿の上の芸術」のように進化した、そういった一面も確かにありますが、しかし、そもそものハンバーガーの目的は「手で持てて」「口でかぶりつけて」「歩きながらでも食べられる」といった、至極「実用的」な食べ物だったんだということです。そこの辺りをいま一度思い返してみて下さい。これを機に、ハンバーガーの「原風景」を。

§ §

 というワケで、不要不急は控え、生活に必要なもの・実用性の高いものが優先される今この状況なればこそ、小回りが利いて使い勝手のいいハンバーガーは、かならずや「重宝」されると私は信じております。そのためには「手の届くところへ置け」ってことで。そんな感じです。




# ハンバーガーの3つの武器
# どうしたってマクドナルドに敵わないこと
# 「普段着のバーガー」と「よそ行きのバーガー」
# 手の届くところへハンバーガーを置け
# これからのハンバーガー
# ハンバーガーを注文する際の失敗と対策
# 冬のハンバーガーはとろけるチーズ!
# ハンバーガーに「薬味を乗せる」感覚
# 「ハンバーガー」と「ご当地バーガー」を分けて考えたい
# ハンバーガーは「普通」がいいです
# それは「チキンバーガー」とは呼ばない
# 「変わったハンバーガーないですか?」とよく訊かれます

2020.6.4 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 23:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月03日

# ハンバーガーの3つの武器




 そんなことで、私はもっと「お役立ち情報」を発信して行きたいです。ラジオもテレビもYouTubeも、そして何よりSNSも、すべて「共感」の時代ですから。「いいね!」や「わかるわかる!」で動いている時代なので、「どこか遠い国のおとぎ話のようなハンバーガー」の話でなく、もっと身近な、「手で触れることの出来る」話題としてのバーガー情報を流して行けたらと強く思う次第です。


 それとマクドナルドについて――。個人で営む専門店の中には、マクドナルドのことを敵視したり、対抗意識を燃やしたりしている店もあるかも知れませんが(かつての私はそうでした)、それよりは、マクドナルドを一度「OK」にしてしまうのが一番の解決かなと思います。マクドナルドという存在を「あり」にしてしまうということですね。もはや社会構造の一部みたいなもんですから。インフラですから。「すごいシステムを造り上げたもんだな」と、その存在ごと受け入れてしまえば、その先のいろいろな考えごとが「楽」になると思います。

 「これからのハンバーガー」という話に戻ります。コロナの影響で「ハンバーガーもピンチじゃないの?」と心配される方かもいるかも知れませんが、「そうでもないよ」というのが私の回答です。いくつかの店に話を聞いてみました。


 多少の売上減にはなりつつも「どうにかなっている」というのが大方の店の回答ですが、例えば、埼玉「URaWA BASE」の店長相馬さんは「イートイン、テイクアウト、デリバリーと、ハンバーガーには武器が『3つ』ある」とおっしゃってます。お客さんをただ「待つ」だけでなく、デリバリーによってこちらから「攻めて」も行けるんだと。非常に前向きな考え方です。

 テイクアウトはハンバーガーにとっては至極「当たり前」のことですが、しかし、他の飲食店にとってはそうでもありません。緊急事態宣言が出て以来、「あの店がテイクアウトを始めました」とか「テイクアウト出来るお店をまとめました」なんて情報がしきりとSNSなどに上がってますが、それぐらい「やっていない店が多かった」ってことです。それら「にわか」で始めた店と比べれば、ハンバーガーの世界はテイクアウトが「基本」です。ずっと専門的に取り組んできた分野なので、これからの時代は「強い」と思いますよ。 (つづく)




# マクドナルドの共感力
# どうしたってマクドナルドに敵わないこと
# 「普段着のバーガー」と「よそ行きのバーガー」
# 手の届くところへハンバーガーを置け
# これからのハンバーガー
# ハンバーガーを注文する際の失敗と対策
# 冬のハンバーガーはとろけるチーズ!
# ハンバーガーに「薬味を乗せる」感覚
# 「ハンバーガー」と「ご当地バーガー」を分けて考えたい
# ハンバーガーは「普通」がいいです
# それは「チキンバーガー」とは呼ばない
# 「変わったハンバーガーないですか?」とよく訊かれます

2020.6.3 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 23:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月30日

# マクドナルドの共感力




 続きです。マクドナルドに敵わないこと……それは「話題性」という話の続きです。

 どんなに腕の立つ専門店でもマクドナルドに敵わないこと……いろいろ浮かぶと思います。値段。立地。席数。店舗の規模。事業規模。そして桁違いの広告宣伝力。全て当たると思うんですが、最近私が痛感しているのは、それらを全て掛け合わせて出来上がるもの……つまり、それが「話題性」なんですね。


 話題性。マクドナルドは「共通の話題」になるんですよ。「ドリフ観た?」「逃げ恥観た?」「半沢直樹観た?」とほぼ同じレベルで「マクドナルドの新しいの食べた?」「フィレオフィッシュおいしいよね?」という話題が、世間話や日常会話の中で十分成り立つんですね。今なお。「かつてそんな時代もあった」じゃなくて、「今もってなお」通じるところにマクドナルドの凄さがあります。

 それについては「羨ましい」です。敵う・敵わないを超えて、羨ましいです。で、ここからは、私の個人的な意見や経験がだいぶ入った話をします――。

 私も過去に何度かテレビやラジオに出させていただいたことがありますが、何でしょう……「この店のこのバーガーがイイ!」と、グルメバーガー店のことをどんなに私が熱弁しても、果たして「それで皆さん足を運ぶんだろうか?」ということを最近すごく思うんですね。


 ラジオを聴いていると、「コンビニグルメ」の話とか「簡単レシピ」「100均グッズのアイデア活用術」とかいった話題の方が、出演者やリスナーの反応もいいですし、正直、私も聴き入ります。それは「自分と関わりのある」話題だからです。だからすぐに乗っかれるし、誰でもすぐにエピソードが浮かぶので、メールも集まりやすい。つまり「共感力」が強いんですね。そう、「話題性=共感力」です。マクドナルドは「共感力が強い」んです。

 そういう共感力のある話題がとにかく私は羨ましくって。一方で「自分がラジオでしゃべった内容は果たして役に立っているんだろうか?」と考えるワケです。「知る人ぞ知る」レベルの、ごく狭ーい世界の話をしたところで、それはどれぐらいの人にとって「お役立ち情報」になるんだろうかと。どれぐらいの人が「自分のこと」として受け取ってくれるんだろうかと。


 背の高いバーガーとか、ヘンテコなバーガーとかを取り上げる方がグルメバーガーの企画的にはウケるんだろうと思います。でも、そういうイッちゃってるバーガーばっかり紹介すればするほど「現実離れ」してしまうんですね。「自分とは関係ない世界」の話になってしまうワケです。なぜか? ハンバーガーは、世の多くの人にとって「マクドナルドがリアル」なんです。現実なんです。ですから、現実とかけ離れたものばかりにスポットを当てると、結果としてリアリティが無くなるワケです。

§ §

 そこがカレーやラーメンとの違いです。カレーやラーメンの世界には「マクドナルド」は存在しません。その分、もっと日常生活に入り込んでますし、もっと専門店の存在が認められています。どちらの方向にも裾野が広いです。その辺がハンバーガーとは事情が違うところです。ハンバーガーよりも「深化」しているところです。長くなったので続きは次回です。 (つづく)




# どうしたってマクドナルドに敵わないこと
# 「普段着のバーガー」と「よそ行きのバーガー」
# 手の届くところへハンバーガーを置け
# これからのハンバーガー
# ハンバーガーを注文する際の失敗と対策
# 冬のハンバーガーはとろけるチーズ!
# ハンバーガーに「薬味を乗せる」感覚
# 「ハンバーガー」と「ご当地バーガー」を分けて考えたい
# ハンバーガーは「普通」がいいです
# それは「チキンバーガー」とは呼ばない
# 「変わったハンバーガーないですか?」とよく訊かれます

2020.5.30 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 20:58| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月27日

# おうちでハンバーガーまだまだ試行中……調理・試食編




 続きです。パティを成形後に「すぐ調理する」パターンと、「冷蔵」保存したパティを使うパターンと、2パターン行きます。まずは「すぐ調理」から。肉は豪州産牛赤身挽肉114g。塩・砂糖少々≒1gを混ぜて成形し、フライパンにサラダ油をほんの「ちょろっと」だけ垂らして、これで焼きます。


 特に不都合なく焼けました。手順はフライパンに乗せる→塩コショウ→裏返す→また塩コショウ→フタ→もう一度裏返してフタ→終了……の流れです。あらためて写真を見ると塩コショウが少ないですね。「BROZERS'」なんか余念なくビッシリと振ってますから。フジパンの調理用バンズはオーブントースターでトースト。クラウン(下バンズ)にパティを乗せ、その上にディルピクルス、みじんに刻んだオニオン、ケチャップ、マスタード――以上、単純明快です。


 食べました。何と言いますか……挽肉同士がくっついちゃって「もじょもじょ」した食べ口です。挽肉の粒と粒がカタマリになってバラけない感じ? きもーち「ぐっちゃり」してまとまらない感じです。「カチッ」とはしてません。あと、やはり焼き過ぎ。バンズも焼き過ぎ。ディルピクルスはあまり好みの感じじゃなかったんですが、ケチャマスと合わすと絶妙においしい味を発揮しました。出来はまあまあです。という辺りで次に行きます。一晩「冷蔵」したパティのパターン。


 こちらは挽肉116g+塩と砂糖約1g。冷蔵庫から取り出して、即フライパンの上です。サラダ油ちょろっと。焼き方の手順は同じです。冷蔵の方が表面に「張り」があるように見えますね。「ぷりん」と張ったような感じが見てとれます。バンズはさっきトーストし過ぎたので、今回は気をつけまして、おかげでグッと食べやすくなりました。ある程度の食べ口のやわらかさは必要です。


 食べた感想……。「すぐ調理」よりも「冷蔵」したものの方が食べやすいです。肉が「まとまる」と言うか、「ぐちゃっとしない」と言うか。一晩寝かして「ぷりん」と張りが出た方がパティとしての「カタチ」が決まるように思いました。但し、その「ぷりん」にもほどがあって、行き過ぎると「ソーセージ」みたいになってしまって、それは私はあまり好きではありません。

 ディルピクルスはオニオンと合わさると、すごくサマになります。あと、挽肉はもう少し粗くてもいいのかな。まぁごく一般的な挽肉だと思うのですが(3mmぐらい?)、この挽きだとちょっと細かいように思います。ケチャマスの味との馴染みは好いのですが、ただ、ビーフとしての主張はないんですよね。ま、100g=149円ですので。そろそろ違うの探そうかな……。

§ §

 ということで、「冷蔵」対「成形後すぐ調理」の比較は、私は一晩でも「冷蔵」したパティの方がよいように感じました。そうなると今度は、あらためての「冷蔵」対「冷凍」の比較ですね。 (つづく)



# おうちでハンバーガーまだまだ試行中……パティの仕込み編
# Pascoの麦のめぐみ 全粒粉入りイングリッシュマフィンでハンバーガー
# Pascoの麦のめぐみ 全粒粉入りイングリッシュマフィン
# タカキベーカリーのイングリッシュマフィンでハンバーガー
# 近所のスーパーで買えるバンズまとめ
# タカキベーカリーのイングリッシュマフィン
# Pascoの超熟イングリッシュマフィン
# フジパンの調理用バンズ
# フジパンのごま付きバンズでチーズバーガー
# フジパンのごま付きバンズ
# ローソンのLチキバンズ(再食)
# 「マンガめし・えほんめし」中止のお知らせ
# 伊藤パンの調理バンズ
# 第一パンのゴマ付きハンバーガーバンズ
# 少し前からこんなの売ってるんですよ――第一パンのゴマ付きハンバーガーバンズ

# 2月29日、豊島区主催「マンガめし・えほんめし」のハンバーガーの回にゲスト出演します!

2020.5.27 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 19:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月26日

# おうちでハンバーガーまだまだ試行中……パティの仕込み編




 緊急事態宣言が解除された直後なので、この春以来の自宅待機ネタと、今後徐々に増えてゆくであろうイートイン=外食ネタとが、まだしばらくは錯綜すると思います。今日は例の「近所のスーパーで買えるバンズ」を使っての「おうちでハンバーガー」ネタの続きです。この自粛期間中の試行錯誤のあれこれを「これ!」というカタチに仕上げたく、懲りずに今日も挑みました。その前編、まずはパティの仕込みから。


 説明、簡単に行きます。例の100g=149円の豪州産牛赤身挽肉を464g買いました。これでパティを4枚作ります。1枚当たり、464÷4=116gですね。116gの挽肉に塩と砂糖少々を混ぜます。量ったところ「少々≒1g」でした。つまり、この時点のパティの重量は117gです。それでパティ4枚のうち、「2枚は冷凍」「1枚は冷蔵」「1枚は成形後すぐに調理」という風に条件を分けることにしました。

 なお、「冷凍」保存する2枚と「冷蔵」保存の1枚の計3枚を、116gずつ挽肉を量って先に作って、別日に4枚目の「すぐに調理する」分のパティを作ろうとしたところが、4枚目の分は「114g」しか挽肉がなかったという……ま、そんなこともありましょう。


 成形はあまり時間をかけずに、手で触る時間をなるべく短くして、なるべく早く冷凍庫or冷蔵庫へしまうということで。でも、ついつい「いじっちゃう」んですよね……ま、なるべく「手際よく」です。家庭用の安物のフライパンで焼くので、パティの形はなるべく「薄く」、火が通りやすいように成形します。気をつける点はそんなところでしょうか。

§ §

 ということで、次回は、「成形後にすぐ調理する」分と「冷蔵」保存した分の計2枚のパティで、それぞれハンバーガーを作ります。バンズはフジパンの調理用バンズを使用――。 (つづく)



# Pascoの麦のめぐみ 全粒粉入りイングリッシュマフィンでハンバーガー
# Pascoの麦のめぐみ 全粒粉入りイングリッシュマフィン
# タカキベーカリーのイングリッシュマフィンでハンバーガー
# 近所のスーパーで買えるバンズまとめ
# タカキベーカリーのイングリッシュマフィン
# Pascoの超熟イングリッシュマフィン
# フジパンの調理用バンズ
# フジパンのごま付きバンズでチーズバーガー
# フジパンのごま付きバンズ
# ローソンのLチキバンズ(再食)
# 「マンガめし・えほんめし」中止のお知らせ
# 伊藤パンの調理バンズ
# 第一パンのゴマ付きハンバーガーバンズ
# 少し前からこんなの売ってるんですよ――第一パンのゴマ付きハンバーガーバンズ

# 2月29日、豊島区主催「マンガめし・えほんめし」のハンバーガーの回にゲスト出演します!

2020.5.26 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 11:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月23日

# どうしたってマクドナルドに敵わないこと




 今日は補足的なところから……。

 いわゆる「グルメバーガー」は、なぜ「高いところ」に位置取っていたのか。それは「ファストフードのハンバーガーが先にあったから」です。差別化ですね。同じところで勝負しても意味がない。既存のチェーン店のハンバーガーとは「違うところ」にニーズがあり、可能性があり、そして「ロマン」があったワケです。専門店各店はそこを目指しました。理に適った自然な流れに思います。


 そんな中、私にはひとつ大きく見誤っていたことがありました……それは、「世の多くの人はマクドルドに満足している」ということです。そこを私は「逆」に考えていました。もっと質の良い、おいしいハンバーガーがあれば、世の多くの人はきっとそっちを選ぶだろうと。

 ところが、マクドナルドの人気は底堅く根強い! それは先日の発表にもよく表れています。あの結果は「別においしいとは思ってないんだけど、仕方なしに食べてる……」とか「もっとおいしいハンバーガーがあれば、ぜひそっちを食べたい」とかいったような消極的or消去法的な理由「じゃない」、十二分に積極的で肯定的な支持に私には思えました。

 ですから、クオリティじゃないんですよ。「いいバーガーを出せば勝てる」ということではないんです。仮にハンバーガーのおいしさでマクドナルドに勝ったとしても、それ「以外」の魅力がマクドナルドにはた〜くさんあるワケです。ひとつはこの前から言っている「気軽さ」とか「便利さ」とかいった一面です。そしてもうひとつ……皆さんいろいろ浮かぶと思いますが、私なりにそれらをギューッ! と要約しますと……それは「話題性」です。こればっかりはどんなに腕の立つ専門店でも逆立ちしたって敵わない。 (つづく)




# 「普段着のバーガー」と「よそ行きのバーガー」
# 手の届くところへハンバーガーを置け
# これからのハンバーガー
# ハンバーガーを注文する際の失敗と対策
# 冬のハンバーガーはとろけるチーズ!
# ハンバーガーに「薬味を乗せる」感覚
# 「ハンバーガー」と「ご当地バーガー」を分けて考えたい
# ハンバーガーは「普通」がいいです
# それは「チキンバーガー」とは呼ばない
# 「変わったハンバーガーないですか?」とよく訊かれます

2020.5.23 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 23:57| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

# 旭屋出版が「コロナ下の店舗営業便利帳」を無料配布!




 料理と食の本の出版社旭屋出版さんが、月刊『近代食堂 2020年06月号』の付録「コロナ下の店舗営業便利帳」の無料ダウンロードサービスをされています。大変すばらしい支援です。

 https://asahiya-jp.com/pdf/guide-to-restaurant-operations-with-corona.pdf

 コロナ影響下で安心・安全に飲食営業する上での心得、注意点などが書かれています。プロにとっては「基本中の基本」事項ばかりとは思いますが、その当たり前をいま一度確認する上で大変わかりやすいまとめに思います。また、客の側から見れば、飲食店がどんな点に気をつけ、気をつけねばならないか、そうしたポイントがよくわかる資料になっていますので、ぜひ皆さまご活用下さい。



月刊近代食堂 2020年06月号

2020.5.21 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 16:54| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

# 「普段着のバーガー」と「よそ行きのバーガー」




 もうちょい続けますね。なお、ここで言うハンバーガーとは、いわゆる「グルメバーガー」と呼ばれるジャンルのバーガーのことです。

 ハンバーガーのポジションを、高いところから世間一般の人たちの手が届きやすいところまで「動かしましょう」という話をしましたが、一方で、スペシャルなバーガー「も」必要です……。


 特に「観光地」とか。週末お出かけした際に食べる「ごちそう」としてとか。そういう時には普段使いの平たいシンプルなバーガーでなく、背の高ーいデラックスなバーガーが「ドーン!」と出て来てくれた方が、そりゃあ盛り上がりますし、「映え」ますので。そういう「全部乗せ」「何段重ね」的なスペシャルなヤツは、やはり「必要」です。店として持っておいた方が絶対によい。

 つまり、「普段着のバーガー」と「よそ行きのバーガー」が「どっちも必要」ということです。「よそ行き」はそれでしっかり持っておきつつ、これからは「普段着」の方を世の皆さんが「毎日着こなす」ぐらいの感じに持って行けたら、私はすごくよいと思います。その日々の着こなしのお手伝いを各店独自に出来たら、すごくいいですよね。


 この先しばらく「旅行」「観光」「ハレの日」といったこと自体、機会が減ると思います。緊急事態宣言が解除された後も、慎重な行動、あるいは警戒心というのはしばらく続いて行くと思うんですね。それがハレの日路線だけでは限界があることの理由です。でもそうは言っても、「たまにはいいもの食べたーい!」という人だってきっとたくさんいるじゃないかと。はい、そりゃ当然いると思います。ですが、「たまにいいもの」が「毎日」は続かないですよね。文字通り「たまに」だから「いい」ワケで。続けて食べると有難味が低下する――それが「たまにいいもの」です。

 こうしたスペシャルなバーガーを毎日のように食べている「マニア」な人たちももちろんいます。いらっしゃいますが、世の中全体からすれば、ごく一部の人たちです。人数は知れてます。つまり、私が思っているのは「数」の問題です。狭いところを狙うより、広いところを相手にした方が商売としては有利だということです。

§ §

 ですから「超イイ」ものでなくていいんです。「ちょいイイ」ぐらいの方が気軽に普段使いしてくれますので。そんな「ちょいイイ」レベルのハンバーガーが日々の暮らしの中でふつうに食べられるような、そんな方向に向かって行くのが私は一番可能性がある道かなと思っています。 (つづく)




# 手の届くところへハンバーガーを置け
# これからのハンバーガー
# ハンバーガーを注文する際の失敗と対策
# 冬のハンバーガーはとろけるチーズ!
# ハンバーガーに「薬味を乗せる」感覚
# 「ハンバーガー」と「ご当地バーガー」を分けて考えたい
# ハンバーガーは「普通」がいいです
# それは「チキンバーガー」とは呼ばない
# 「変わったハンバーガーないですか?」とよく訊かれます

2020.5.20 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 23:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

# 手の届くところへハンバーガーを置け




 つづきを書きます。なお、ここで話しているハンバーガーとは、いわゆる「グルメバーガー」と呼ばれるハンバーガーのことです。

 それで要はですね、「お客さんの層を広げましょう」「使ってもらえる機会を増やしましょう」っていうことなんです。もっと「的を大きくしましょう」ってことです。そして、そういう場所へハンバーガーを「移動させましょう」ってことですね。


 「ごく限られた食通だけが本当の価値がわかるバーガー」では「×」なんです。「ふつうの人がふつうの日にふつうに食べる」ところまでハンバーガーを動かす必要があると思います。なぜか? 客となる人の絶対数が違うからです。「ごく限られたひと握りの食通vs.世の中のその他大勢」ですから。

 そりゃあ、ごく狭ーい層だけを相手にした商売も世の中ありますよ。でもそういう商売って、1日2組しか客取らないけど料金1人何万円とか、商品ひとつ売れて何十万円とか、そういう単位で売り上げが出せるから成り立っているワケで、ハンバーガーってそうじゃ「ない」じゃないですか? もっと庶民派な食べ物なので。狭い層を狙うにしても限界ってものがありますよね。

§ §

 ハイ、だからこそ、ハンバーガーを「手の届くところへ置け」です。「より多くの人が届くところへ」「より多くの場面で届くところへ」置けっていうことです。やっぱり今までだいぶ高ーいところに置いてあったんですよ、専門店が作るハンバーガーって。その置き場を変えてみると。「ポジションチェンジ」してみるってことですね。そのいい機会なんじゃないかと。いまは。 (つづく)




# これからのハンバーガー
# ハンバーガーを注文する際の失敗と対策
# 冬のハンバーガーはとろけるチーズ!
# ハンバーガーに「薬味を乗せる」感覚
# 「ハンバーガー」と「ご当地バーガー」を分けて考えたい
# ハンバーガーは「普通」がいいです
# それは「チキンバーガー」とは呼ばない
# 「変わったハンバーガーないですか?」とよく訊かれます

2020.5.19 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 23:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

# これからのハンバーガー




 「ハンバーガーはこれからどうなるか」という話をします。ハンバーガーと言っても、いわゆる「グルメバーガー」と呼ばれるジャンルのハンバーガーの話です。これからのハンバーガーは「特別感でなく生活感で売れ」――と、私は思ってます。

 この外出自粛の中でもマクドナルドの売り上げは好調だそうです。KFCも同様との情報(ハンバーガーではありませんが)。それは単に「安いから」という理由だけでなく、それだけ「生活の中に入り込んでいる」ということなんだと思います。「生活の一部になっている」ということですね。ですからファストフードのハンバーガーはこの先もしばらく強いでしょう。

 一方、いわゆるハンバーガー専門店は、生活の一部と言うよりは「非日常」なポジションにあると私は思っています。世間一般の人からすれば、普段食べているマックやモスとは違う「いいハンバーガーを食べよう」という、そんな「いい位置づけ」に置かれているワケです。


 2020年の5月、コロナの影響により、いまはそもそもの「日常」が失われた状況です。まず取り戻すべきは「日常」の生活。何でもない日々の暮らしです。「非日常」は、日常が回復したその「先」にあるもの。ですから、その「非日常」にハンバーガーを置いてしまうと、いよいよ手の出しづらい食べ物になってしまいます。日常の「先」にある食べ物ですから。だいぶ縁遠いですよね。

 いま求められているのは不要不急の反対、つまり「必要なもの」です。この流れは今後しばらく変わらないと思います。ということはつまり、ハンバーガーは「不要枠」でなく「必要枠」に入っておく必要がある。いや、入って「いなければならない」――ということです。

 何層もうず高く積み重ねられたスペシャルなバーガーといった「非日常」を売るスタイル「だけでなく」、もっと日常生活に寄った、日々の生活にとけ込んだものとしてハンバーガーを売る必要があると、私は思っています。

§ §

 「おいしいけど滅多に食べない特別なもの」じゃなく、「毎日食べたくなるふつうのもの」ポジションに転換する、いまその転換期に来ているように思います。 (つづく)




# ハンバーガーを注文する際の失敗と対策
# 冬のハンバーガーはとろけるチーズ!
# ハンバーガーに「薬味を乗せる」感覚
# 「ハンバーガー」と「ご当地バーガー」を分けて考えたい
# ハンバーガーは「普通」がいいです
# それは「チキンバーガー」とは呼ばない
# 「変わったハンバーガーないですか?」とよく訊かれます

2020.5.18 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 23:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

# Pascoの麦のめぐみ 全粒粉入りイングリッシュマフィンでハンバーガー




 Pascoの「麦のめぐみ 全粒粉入りイングリッシュマフィン」を使ってまたまた試作しまして、今回で「おウチでハンバーガー」の技術をある程度"極めよう"という決意で臨んだのですが、ところが今までにないくらい"不出来"な結果に終わりました。ですから今回のは「反省文」ですね……。

 使ったのはPasco(パスコ)麦のめぐみ 全粒粉入りイングリッシュマフィンです。冷凍しておいたものを使いました。オーブントースターで「温め」後に「トースト」です。


 パティは前回試作時と同じ100g=149円の豪州産牛赤身挽肉で作りました。同じパックの挽肉230gからパティを「2つ」作りまして、ひとつは成形後に冷蔵して使い、もうひとつは成形後に「冷凍」しておいて、今回それを使いました。114gパティです。成形の際、中に塩と砂糖を少々。

 解凍は電子レンジです。冷凍庫から取り出したカチカチのパティを電子レンジで「様子を見ながら」何度か加熱し、結局トータルで500w・50秒かかりました。カチカチでなくなったぐらいで解凍を終え、そのままフライパンへ。今回も油は引きませんでした。つまり「冷凍×油引かない」パターンです。で、ここからが失敗続き……。


 まず、ブラックペッパーを切らしたことに焼いている途中で気付きまして、咄嗟に「ホワイトペッパー」を振ったのが間違いでした。塩とコショウは両面に振ってます。まずオモテ面に振り、一回返してまた振って、もう一度返して……つまり「表→裏→表」と焼いてます。再び「表」に返ったところで、以前と同じ「ファーストキッチン」のチーズソースをパティの上に乗せ、乾燥パセリも振りまして(あまり意味ないですが)、「上からフタ」して短時間。それで焼き上がりです。が、例によって焼き過ぎました。もっと早めに上げてOKなんですが、シロウトはそこが攻め切れません。あと、油は引かなくても焼けます。パティからの出汁で焼けはするんですが、でも、ほんの少量だけ油があった方が潤いを持って焼ける気がします。引かない方がハネなくていいんですけどね。


 中身は薄切りのトマト2枚、粗く刻んだオニオン、例のチーズソース&乾燥パセリ――以上です。今回最大の"気づき"は「ホワイトペッパーは合わない」ことです。ビーフにはやっぱり黒胡椒です。私の味覚では白胡椒はまぁ〜合わないですね。肉が焼けたにおいも全くの別物です。チーズソースもホワイトペッパーと合わさるとイヤな部分が強調されて、「マヨネーズを乗せて焼肉食べてる」感じになります。それが私はすごく「イヤ」です。

 さらに「ピクルス」を入れ忘れていることに途中で気づきました。ディルピクルスを新たに購入していたのをすっかり忘れていて、食べてる途中で挟んだのですが、後の祭り。焼け石に水。おいしくない状況の打開には至らず。今回、挽肉自体の味もイマイチだった気がします。

§ §

 習得した技術・情報をまとめると、まず「冷凍パティの電子レンジによる解凍法」、テフロン加工のフライパンで焼く場合、「ほんの少し油を引いてもよいかも」ということ、そして「ホワイトペッパーは合わない」ということ。その辺りが今回の収穫です。まぁでも気になっていた点は確認出来ました。あと「パティは冷凍がいいか・冷蔵がいいか」は結論出ずですね。次回へ持ち越しということで。それとやはり、全粒粉マフィンはイマイチですかね。「超熟」で十分に思いました。 (つづく)


# Pascoの麦のめぐみ 全粒粉入りイングリッシュマフィン
# タカキベーカリーのイングリッシュマフィンでハンバーガー
# 近所のスーパーで買えるバンズまとめ
# タカキベーカリーのイングリッシュマフィン
# Pascoの超熟イングリッシュマフィン
# フジパンの調理用バンズ
# フジパンのごま付きバンズでチーズバーガー
# フジパンのごま付きバンズ
# ローソンのLチキバンズ(再食)
# 「マンガめし・えほんめし」中止のお知らせ
# 伊藤パンの調理バンズ
# 第一パンのゴマ付きハンバーガーバンズ
# 少し前からこんなの売ってるんですよ――第一パンのゴマ付きハンバーガーバンズ

# 2月29日、豊島区主催「マンガめし・えほんめし」のハンバーガーの回にゲスト出演します!

2020.5.17 Y.M
ラベル:バンズ
posted by ハンバーガーストリート at 17:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

# Pascoの麦のめぐみ 全粒粉入りイングリッシュマフィン




 隔週ぐらいのペースでハンバーガー作りを続けようと思ってます。「近所のスーパーで買えるバンズ」として一度まとめた後の「お家でハンバーガー作り」。今回の"バンズ"は、Pasco(パスコ)こと敷島製パン麦のめぐみ 全粒粉入りイングリッシュマフィンです。近所のスーパーで4個入¥148(税別)。本当は2個入りがよかったんですが、見つけられず。商品ページこちら

 直径9.2cm。重量は69〜70gを行ったり来たり。1個当たり2.3gの食物繊維入り。袋を開けるとプンと強めの酸味。「超熟」より心なしウェットな感じが。そんな全粒粉のマフィンでハンバーガーを作ってみました。今回はケチャップ&マスタードで。


 肉は前も使ってなかなか好かった100g=149円の豪州産牛赤身挽肉。これで118gのパティを作りまして、一晩「冷蔵」です。中に塩、砂糖も混ぜてます。で、焼く前に電子レンジで軽く加熱。今回は500w・20秒ですね。フライパンに油は引かず。つまり「冷蔵×油引かない」パターンで焼いた次第です。

 最初、一瞬「焦げた」においがして不安になりましたが、その後はパティから滲み出す肉汁だけで焼けまして、何より油がはねなくていいですね。後片付けがラクです。終始弱火のまま、まず片面に塩コショウ。ターナーでギュウギュウ押さえつけつつ、裏返してまた塩コショウ。で、フタをして、しばらく放置……でも、今回もちょっと焼きが長過ぎました。どうしても「守り」に入っちゃいますね。


 野菜はダイスに刻んだオニオンのみ。あとはスライスしたピクルス。そしてケチャップ&マスタード……なのですが、どうも、私の好みではイングリッシュマフィンにケチャ&マスは合わない気がします。味が強くて。全粒粉マフィンはウェットな生地がやわらかく受けてくれるのですが、ただ、全粒粉にしたことによる「目覚ましい違い」は特に無いように思いました。若干の「粉っぽい」風味はあるかな? 赤身肉のオージーパティは前より肉の味せず。ケチャ&マスに持って行かれましたかね。

§ §

 パティは冷蔵することで結着が強まると言うか、例えるならソーセージのような「ムチッ」と張った感じになって、それが好きどうかですね。肉の挽きの細かさにもよるんでしょうが、この程度の細挽きなら、私は成形後にすぐ焼いちゃってもいいような気がします。あとは冷蔵でなく「冷凍」はどうなのかですね。続けます……。 (つづく)




# タカキベーカリーのイングリッシュマフィンでハンバーガー
# 近所のスーパーで買えるバンズまとめ
# タカキベーカリーのイングリッシュマフィン
# Pascoの超熟イングリッシュマフィン
# フジパンの調理用バンズ
# フジパンのごま付きバンズでチーズバーガー
# フジパンのごま付きバンズ
# ローソンのLチキバンズ(再食)
# 「マンガめし・えほんめし」中止のお知らせ
# 伊藤パンの調理バンズ
# 第一パンのゴマ付きハンバーガーバンズ
# 少し前からこんなの売ってるんですよ――第一パンのゴマ付きハンバーガーバンズ

# 2月29日、豊島区主催「マンガめし・えほんめし」のハンバーガーの回にゲスト出演します!

2020.5.10 Y.M
ラベル:バンズ
posted by ハンバーガーストリート at 22:23| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月29日

# タカキベーカリーのイングリッシュマフィンでハンバーガー




 「近所のスーパーで買えるバンズまとめ」という記事を上げましたが、別に終わりではなくて、今後もちょいちょい続きのネタをアップしてゆきます。と言うのは「新たなバンズの探索・収集」の方はある程度の目途が立ったんですが、「試作」の方がまだまだ途半ばで、「もうちょっとやり込みたいな」という気持ちがありまして、ですから「家でハンバーガー作り」についてはしばらく続けます。

§ §

 ということで、タカキベーカリーイングリッシュマフィンの2個のうちのもう1個を使って、再度試作しました。いろいろと「条件を変えて」試作してみたかった次第です。


 前回はちょっとやり過ぎましたので、「Pasco」の超熟イングリッシュマフィンの時と同じ内容のものを作りました。すなわち、「ファーストキッチン」のチーズソース、刻んだオニオン、スライスしたピクルス――中身は以上3点のみです。

 肉は前回と同じ100g=149円の豪州産牛赤身挽肉。これで120gのパティを作り、前回分は一晩「冷蔵」に、今回分は二晩「冷凍」保存。調理前に冷蔵庫へ移して数時間冷蔵。さらに電子レンジで500w・30秒弱加熱。温(ぬる)んでやわらかくなった箇所もあれば、まだ冷たい箇所もある状態で焼きました。


 今回はフライパンにサラダ油を一切引かずに調理です。すると……焦げました。そして縮みました。その焦げと縮みの原因が「冷凍および解凍の方法」なのか、それとも「油を引かなかったこと」によるものなのか、また新たな「場合分け」が発生しましたね。

 但し、コゲも悪くないです。焦げたビーフのにおいも意外によくて、それはそれで「お店っぽい」です。思えば、今までの試作で一度も焦げたことはありませんでしたので。塩コショウは今回振り弱めでした。塩はやはり、ちゃんと穴の開いた容器に入れて振った方がいいです。「指でパラパラ」では均一に振れませんので。両面ともに塩コショウ振りました。


 両面焼いた後、もう一度引っ繰り返して「ファーストキッチン」のチーズソースと乾燥パセリ(あんまり意味無いですが)を乗せ、上からフタです。とにかく縮みました。中心部の「厚みがあるまま」直径が縮んだ点が気になりました。検討課題です。

 タカキベーカリーのイングリッシュマフィンはPascoより5g軽いです。ですからその分「薄い」です。厚さの点ではPascoの方が好いですね。でも、薄い分、表面の「ガリガリ」食感が際立っていて、タカキはタカキで魅力的です。オニオンとピクルスの食感とも同期します。そこへチーズソースの酸味が「キュッ!」と利いて、結果として「肉がおいしい」です。焼き過ぎはしたものの「いい肉」の味がします。肉中心のまとまりを感じます。

§ §

 バンズにイングリッシュマフィンを使うことにより、味が「よりシャープに」絞れた感じがします。ぼんやり曖昧な要素が減った感じでしょうか。肉を挟むに適している気がします。やはりイングリッシュマフィンのハンバーガーはおいしいです。ちょっとハマりますね。次回はPascoに戻って「全粒粉」辺りを試してみようと思います。あと、パティは「冷蔵」で「油引かず」ですかね。しばらく続けます。




# 近所のスーパーで買えるバンズまとめ
# タカキベーカリーのイングリッシュマフィン
# Pascoの超熟イングリッシュマフィン
# フジパンの調理用バンズ
# フジパンのごま付きバンズでチーズバーガー
# フジパンのごま付きバンズ
# ローソンのLチキバンズ(再食)
# 「マンガめし・えほんめし」中止のお知らせ
# 伊藤パンの調理バンズ
# 第一パンのゴマ付きハンバーガーバンズ
# 少し前からこんなの売ってるんですよ――第一パンのゴマ付きハンバーガーバンズ

# 2月29日、豊島区主催「マンガめし・えほんめし」のハンバーガーの回にゲスト出演します!

2020.4.29 Y.M
ラベル:バンズ
posted by ハンバーガーストリート at 21:15| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月27日

# 近所のスーパーで買えるバンズまとめ




 本年2月7日からお送りして来た「近所のスーパーで買えるバンズ」シリーズ。6社7商品を取り上げて来たところで「近所のスーパーで買える」バンズについてはほぼ全品買い尽くしまして、買ったことがない新たなバンズが発見出来なくなりましたので、ここで一旦まとめようと思います。

 今のところ出合えてないのは、ヤマザキのバンズ、Pascoのバンズ、あと「コストコ」のバンズなんてのもありますか(※左記のバンズが「存在するなら」の話です)。それと「KINOKUNIYA Bakery(紀ノ国屋ベーカリー)」のバンズは前からずーっと売ってたんですが、最近見なくなりましたね。それらは見つけ次第アップしますということで。

 これまで出合ったバンズは以下です。「バンズ」というタイトルのラベルもありまして、そこで一覧が常に見られるようになっているのですが、折角なので7品すべて並べてみました。詳細な比較などはここではしませんが、一番好印象だったのは「伊藤パンの調理バンズ」かな。暫定一位は。


# 第一パンのゴマ付きハンバーガーバンズ


# 伊藤パンの調理バンズ


# ローソンのLチキバンズ


# フジパンのごま付きバンズ


# フジパンの調理用バンズ


# Pascoの超熟イングリッシュマフィン


# タカキベーカリーのイングリッシュマフィン

 バンズが手に入らない場合の代用品としてのイングリッシュマフィンは大いに「あり」です。イングリッシュマフィンと言えば、東京・神楽坂「MARTINIBURGER」が有名ですが、バンズとはまた違う長所・特長がいろいろあって大変魅力的です。バンズによるバーガーを「超えている部分もある」と私は思っています。シャープにまとまりますね。

§ §

 スーパーでバンズが「品切れ」になっているところも目にするぐらいなので、外出自粛の昨今、バンズの需要が高まっているのかも知れません。普段は売れ残って「値引き」シールが貼られていることがしばしばなバンズですが、欠品状態というのはある意味いいことですね。これを機に「自宅でハンバーガー作り」をぜひ試してみて下さい。私から申し上げられるポイントは唯一点、「凝らない」ということです(笑)。さ、作ってみましょう!




# 2月29日、豊島区主催「マンガめし・えほんめし」のハンバーガーの回にゲスト出演します!

2020.4.27 Y.M
ラベル:バンズ
posted by ハンバーガーストリート at 15:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月26日

# タカキベーカリーのイングリッシュマフィン




 「近所のスーパーで買えるバンズ」シリーズ、もう一丁行っときましょう。昨日「Pasco」のイングリッシュマフィンを上げた流れで、もう一丁、私の大好きなタカキベーカリーイングリッシュマフィン2個入り。近所のスーパーで¥100(税別)。商品ページあり。いろいろいいこと書いてあります。タカキベーカリーは本社広島。「アンデルセン」「リトルマーメイド」も同じグループです。


 重量63g。直径9.5cm。きれいな正円です。今回も試作してみましたが、やり過ぎちゃいましたね。チーズは乗せると「何でもおいしくなる」ので、ちょっとズルいです。

 初めて行ったスーパーで100g=149円の豪州産牛赤身ひき肉を入手。120gパティを作り、一晩「冷蔵」。前回のように油であふれ返ることなくフライパンでグリル。終盤「チェダースライス」という名の(実際はプロセス)チーズをパティに乗せ、フタをして蒸らし焼き。前回に続き、下にトマト2枚。ケチャップ&マスタードを復活させ、あとはいつも通り刻んだオニオンとピクルス――という構成。


 肉がおいしい。随所に「肉の味」がする。でも派手過ぎず、悪くない存在感。今回の挽肉イイですね。そしてチーズはズルい。乗せると途端にサマになる。ハンバーガーを極めるなら「無し」で勝負が王道かな。水分飛んだオニオンが歯ごたえ好し。

 で、イングリッシュマフィン。「ふんわりフワフワ」とか「甘〜い」とかいうような余計な要素を乗せて来ない感じがあって、これはこれで好感。おかげで「中身」の味に集中出来るような良さがマフィンにはある。トースターで焼いた表面は板のようにカチカチ。でも決して食べづらいワケではない。

§ §

 チーズのおかげで見せ場ありフックありの、かなりいいハンバーガーが出来てしまった。何より、イングリッシュマフィンの「ザラッ」としつつも主張を殺した存在感。中身が活きる「食べやすいハンバーガー」に仕上がっている。ということでやはりマフィンはお薦めします!




# Pascoの超熟イングリッシュマフィン
# フジパンの調理用バンズ
# フジパンのごま付きバンズでチーズバーガー
# フジパンのごま付きバンズ
# ローソンのLチキバンズ(再食)
# 「マンガめし・えほんめし」中止のお知らせ
# 伊藤パンの調理バンズ
# 第一パンのゴマ付きハンバーガーバンズ
# 少し前からこんなの売ってるんですよ――第一パンのゴマ付きハンバーガーバンズ

# 2月29日、豊島区主催「マンガめし・えほんめし」のハンバーガーの回にゲスト出演します!

2020.4.26 Y.M
ラベル:バンズ
posted by ハンバーガーストリート at 22:22| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月25日

# Pascoの超熟イングリッシュマフィン




 この「近所のスーパーで買えるバンズ」シリーズは、2月29日に開催予定"だった"東京都豊島区主催の料理教室イベント「マンガめし・えほんめし」に向けての準備から始まった企画です。

§ §

 そのハンバーガー教室の「先生」を務める予定だった東京・池袋「EAST VILLAGE」の古川店長と事前にいろいろ打ち合わせした中、「バンズが手に入らなければマフィンでもいいよね」という話が出まして、それで本日用意しましたのがこちら――Pasco(パスコ)こと敷島製パン超熟イングリッシュマフィン近所のスーパーで2個入¥90(税別)。4個入りの方がよく見かけますね。めずらしく商品ページがありました。「ゆめちから」の小麦粉3%使用とのこと。

 直径9.0〜9.2cm。微妙に正円ではありません。そして重量が68g。マフィンはバンズより重いです。今回もハンバーガーを試作しました。イングリッシュマフィンで作るバーガーということで、神楽坂「MARTINIBURGER」のスタイルを参考に。


 今回は100g=179円の豪州牛+国産牛脂による中挽き肉を使用。130gのパティを作り、一晩「冷蔵」保存。ケチャップ&マスタードは今回はやめて、マティーニバーガーで使っている「ベアルネーズソースに近いものないかな?」ということで、例の「ファーストキッチン」のチーズソースをバーガー初使用。グリル中のパティに乗せ、フタをかぶせて焼き続けたら「とけるかなぁ?」と期待したんですが、結果はとけず。ハーブ代わりに乾燥パセリを振って、あとは水分供給の意味からスライスしたトマトを挟みました。刻んだオニオンとピクルスは変わらず。

 なお、念のため"保険"で引いたサラダ油が多過ぎたのか、フライパンがミョウに油で溢れて「揚げ焼き」のような絵になりましたが、味に特段変化はなく、幸い大事には至らず。

 して、食べた感想は……。


 コーングリッツの「ツブツブ」を感じつつ、ピンと繊維が張ったような生地感の中、少し火が入り気味のパティは中挽きだけあって肉粒感十分。足したトマトがいい感じで、食べていると時折、水加減のちょうどいい場所にヒットする。そのヒットの瞬間が大変美味! 私は普段、肉をマヨネーズで食べる趣味はないのですが、今回のこの「ほぼマヨソースなチーズソース」の感じは素晴らしくて、強い酸味による締まった味わいの中、牛の肉がおいしく楽しめます。塩コショウもだいぶ振り慣れて、なかなか「ビーフ」が感じられる一品に仕上がりました。

§ §

 イングリッシュマフィン独特の「張った」食感がある一方で、味についてはむしろ余計なものがなくて、より中身に集中出来るような、そんな長所もありますか。バーガーがシャープにまとまる感じかな? イングリッシュマフィンはイケますね。




# フジパンの調理用バンズ
# フジパンのごま付きバンズでチーズバーガー
# フジパンのごま付きバンズ
# ローソンのLチキバンズ(再食)
# 「マンガめし・えほんめし」中止のお知らせ
# 伊藤パンの調理バンズ
# 第一パンのゴマ付きハンバーガーバンズ
# 少し前からこんなの売ってるんですよ――第一パンのゴマ付きハンバーガーバンズ

# 2月29日、豊島区主催「マンガめし・えほんめし」のハンバーガーの回にゲスト出演します!

2020.4.25 Y.M
ラベル:バンズ
posted by ハンバーガーストリート at 21:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月24日

# ファーストキッチンのチーズソース




 今日は変わり種を。ファーストキッチン(以下FK)の店内に「ディップソースバー」なるコーナーがあって、全部で4種類のソースを自由にかけることが出来るのだが、そのディップソースバーのソースは実は販売もしているというお話。買えます4種の中からこちらはチーズソース¥450(税込)。内容量280g。製造は茨城県神栖市の光和デリカ

 「濃厚なチーズをベースに、コクのある豊かな風味に仕上げました。ついつい後を引く、芳醇でまろやかな味付が特長のソースです」との説明。強い酸味があって、チーズソースと言うよりは「マヨネーズ」と言う方が近いか。鋭い酸味に続く後味が「ちょっとマイルド」な、そんな感じのマヨソースに思う。「家庭ではどんな使い方が出来るだろう?」と、サラダにかけてみたのが以下の写真。ほぼマヨネーズ。味に締まりがあってなかなかよし。ついつい使ってしまう。



# ファーストキッチンが「ファーストクラッシックバーガー」シリーズ新発売!
# ファーストキッチンのアラスカ産サーモンクリームシチュー スープパン
# ファーストキッチンのチーズチーズバーガー
【MONOQLO 極旨BESTランキング】 ファーストキッチンのベーコンエッグバーガー
【MONOQLO 極旨BESTランキング】 ファーストキッチンのチーズベーコンエッグバーガー
# ファーストキッチンの黒豚メンチかつサンド
# ファーストキッチンのカルボナーラ
【私的第3回ハンバーガー総選挙】 ファーストキッチンのチーズフォンデュ風ベーコンエッグバーガー
【私的第3回ハンバーガー総選挙】 ファーストキッチンのフレッシュ野菜のミートソースバーガー
【私的第3回ハンバーガー総選挙】 ファーストキッチンのチーズベーコンエッグバーガー
# ファーストキッチンのクリスピーチキンレタスサンド
# ファーストキッチンの玄米豚のグルメバーガー カマンベールチーズソース
# ファーストキッチンの新潟県産3種きのこの
カマンベールチーズバーガー

# ファーストキッチンのチーズバーガー
# ファーストキッチンの特撰海老かつサンド
# ファーストキッチンの玄米豚のミルフィーユかつサンド
# ファーストキッチンのチーズベーコンエッグバーガー
# ファーストキッチンの特撰ベーコンエッグバーガー
# ファーストキッチンのチキン竜田サンド
# ファストフード ◆ ファーストキッチンの和風ベーコンエッグバーガー
# ファストフード ◆ ファーストキッチンのベーコンエッグバーガー
# 004 ファースト・キッチン


2020.4.24 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 19:25| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月13日

# フジパンの調理用バンズ




 この前、フジパンの「ごま付きバンズ」を紹介しましたが、もう一品、バンズが出ているのを発見。それがこちらの調理用バンズ近所のスーパーで¥138(税別)。6個入りで上下2つにスライスされています。重量は49〜50g。直径は長いところで9cm、短いところで8.5cmぐらい。ゴマは乗っていません。今回もハンバーガーを試作しました。

 100g=199円の国産牛挽肉134gを使ってパティを作りました。少量の塩を混ぜて成形の上、今回も一晩「冷凍」で保存。前回は電子レンジでの解凍に失敗したので、今回は慎重に加熱。いつも「足りない」と反省続きの塩振りも、今回初めてパティの「両面」に振りました。さぁ果たしてどんな出来映えか。


 バンズは、昔ながらの喫茶店で使っていそうな、ちょっと古めかしいタイプです。表面ツヤあり。中はスポンジ状にやわらかく、生地にほどよい甘味があって、その甘味が挟む具材に対して意外な「包容力」を発揮しています。生地の甘味にオニオンの辛味がスッと素直に刺さり込んで、それを上手く受け止めるような、あとはマスタードの味の乗りもよい気がします。焼き色の濃い表皮(クラスト)は芳ばしい焦げた風味がよいです。味わいの上でプラスに作用してよいのですが、ビミョーにその表皮だけ口に残る感じがありますね。


 ハンバーガーは例によって、映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』のキャンペーン時と同じ仕様のクラシカルなものです。内容は100%ビーフパティにミジンに刻んだオニオン、スライスしたピクルスが2枚、ケチャップ、マスタード。それだけです。で、やはり、直径9cmバンズに対して134gパティだと「厚み」が出てしまって、結果、焼くのに時間がかかります。断面を見るとグラデーションも無く、ただただ茶色一色の焼き上がり。ですが、塩コショウをだいぶしっかり振ったので、ようやく「顔」のようなものが立って来た感じです。

§ §

 話戻ってバンズについては、あらかじめスライスされていることによる「ドライ」な感じはさほど気になりませんでした。ハンバーガーにした時の形もよいですし。あとは表面のテリの有無。そこは好みでしょう。




# フジパンのごま付きバンズでチーズバーガー
# フジパンのごま付きバンズ
# ローソンのLチキバンズ(再食)
# 「マンガめし・えほんめし」中止のお知らせ
# 伊藤パンの調理バンズ
# 第一パンのゴマ付きハンバーガーバンズ
# 少し前からこんなの売ってるんですよ――第一パンのゴマ付きハンバーガーバンズ

# 2月29日、豊島区主催「マンガめし・えほんめし」のハンバーガーの回にゲスト出演します!

2020.4.13 Y.M
ラベル:バンズ
posted by ハンバーガーストリート at 14:57| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月09日

# フジパンのごま付きバンズでチーズバーガー




 この前買ったフジパンごま付きバンズ冷蔵庫で保存していた残りの1個でチーズバーガーを作りました。

 挽肉も前回と同じ、100g=179円の豪州牛+国産牛脂の残り物です。パティに成形した状態で冷凍していたものを使いましたが、ここでまず第一の失敗……。「軽く解凍してから焼こう」と思って電子レンジで加熱したところが、気が付いたら肉汁があふれ出すぐらいまで温まってしまって、熱が入り過ぎました。バンズも焼き過ぎ。さすがに表面がカチッとなりましたね。


 食材と調味料は「家にあるもの」で間に合わせています。マスタードはハインツを買いましたが、ケチャップはカゴメです。ピクルスはスーパーで売っていたスイートピクルス。本当はディルがいいんですけど「瓶が大きい」んですよね……。とろけるチーズも、ただの白いプロセスチーズです。

 それで、解凍で加熱し過ぎて肉汁が抜け出てしまったパティですが、さりとてカラカラのドライな感じにまではならず、でも特段強い味もせず、という出来映え。焼き過ぎたバンズも表面硬いっちゃ硬いけど、別に食べられないものでもないという。それよりも、パティへの塩振りがやはり手ぬるくて、「味が乗らない」と言うか「味が入って行かない」感じが今回も相変わらずで、そこが最も難しいですねぇ。

 あと、チーズが全然利いてません。やはりチェダーぐらいじゃないとダメなのかな? その辺が課題です。まだまだっ!




# フジパンのごま付きバンズ
# ローソンのLチキバンズ(再食)
# 「マンガめし・えほんめし」中止のお知らせ
# 伊藤パンの調理バンズ
# 第一パンのゴマ付きハンバーガーバンズ
# 少し前からこんなの売ってるんですよ――第一パンのゴマ付きハンバーガーバンズ

# 2月29日、豊島区主催「マンガめし・えほんめし」のハンバーガーの回にゲスト出演します!

2020.4.9 Y.M
ラベル:バンズ
posted by ハンバーガーストリート at 18:25| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月06日

# フジパンのごま付きバンズ




 「近所のスーパーで買えるバンズ」の続きです。今日はフジパンごま付きバンズ¥118(税別)。←これは実際に私が近所のスーパーで買った値段です。なお、公式サイトを見てもどこにも商品情報載ってません。ま、バンズは大体そうですね。

 サイズは直径約9.5cm、重量は48〜49g。ごま付きであると同時に上下2つにスライスされてもいます。そのまますぐ使える利点がある一方、水分が抜けたドライな生地感にはなるので、霧吹きでひと吹きしてからトーストするのが正解でしょうか。


 ハンバーガーを作ってみました。近所のスーパーで100g=179円の豪州牛+国産牛脂の挽肉を使用。約120gのパティを作りました。材料は他にミジンに刻んだタマネギ、ピクルス2枚、ケチャップ、マスタード。例によって映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』のキャンペーン時と同様のクラシカルなスタイルのバーガーです。

 バーガーとしての出来はまずまず好い方でした。細かい挽きのパティは中心までよく火が通り、でも通り過ぎず、挽肉のつぶつぶがカチカチに変わる前の焼き上がり。ですが、味の輪郭は決まらず。「ぼわん」としていて牛肉らしさが立ちません。もっと塩コショウを大胆に振らないといけないんでしょうかね。刻み立てのオニオンのシャクシャクは好かったです。

 やはり、最初からスライスされているバンズは、若干、縁や端っこが硬めになりますね。ということで。 (つづく)




# ローソンのLチキバンズ(再食)
# 「マンガめし・えほんめし」中止のお知らせ
# 伊藤パンの調理バンズ
# 第一パンのゴマ付きハンバーガーバンズ
# 少し前からこんなの売ってるんですよ――第一パンのゴマ付きハンバーガーバンズ

# 2月29日、豊島区主催「マンガめし・えほんめし」のハンバーガーの回にゲスト出演します!

2020.4.5 Y.M
ラベル:バンズ
posted by ハンバーガーストリート at 15:51| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする