2020年09月23日

# LOUIS CLASSIC [千葉・小倉台] のルイスバーガー




 初めての店……では微妙になくて、千葉大学正門前の「ROYAL FLUSH DINER(RFD)」オーナー澤田さんが、メニューもすべて引っくるめて店ごとRFDは人に譲り渡して、またイチから始めたハンバーガーショップがこの店、LOUIS CLASSIC(ルイスクラシック)である。場所は千葉の小倉台。千葉モノレールで行くような奥地で。


 学生相手のドカ飯を出していたRFDから一転、静かな住宅街の中の新店は、従来の自家製ベーコンに加えて、パティも自家製を開始。肉は穀物飼育のUSビーフ。部位はチャックアイ。ブロック肉で仕入れて店で切り出し、10mmの粗挽きとハンドチョップとにして両者を合わせ、130gパティを成形している。バンズは地元の名店「パン・フランキー」作。バーガーメニューは全8品。まずは基本のルイスバーガー¥920(税込¥1,012)から。


 顔を近寄せると、よく焼けた肉のにおいがする。パティのチョップ肉の比率は4割ほど。噛むと「プツプツ」とした噛みごたえ。硬い肉を噛んでいる感じは確かにする。その上に冷たいトマトを始めとするフレッシュ野菜。そして特製のオーロラソースがたっぷり。このオーロラソース、全卵マヨネーズを使っていて、ちょい卵強め。生野菜との相性が抜群によくて、まさに「モス野菜バーガー」のような強力なタッグを組んで大活躍。それはそれでよいのだが、わざわざブロック肉から切り出す手間までかけて、せっかくパティを手作りしているのだから、ここまで野菜陣が目立つのは本末転倒。もう少し肉に注目が集まる造りにしたいところだ。

§ §

 それはさておき、↓ご覧の通りの大変さわやかな店構えで、それもあってか、客層の実に8割は女性だそうで。だとすれば、今の「野菜バーガー」的な仕上がりでも十分よいような気もするのだが……というところで続きは次回! (つづく)




# ROYAL FLUSH DINER [千葉・西千葉] のクラシックチーズバーガー TOPPING ベーコン
# ROYAL FLUSH DINER [千葉・西千葉] の自動券売機
# ROYAL FLUSH DINER [千葉・西千葉] のチーズチキンサルサプレート
# ROYAL FLUSH DINER [千葉・西千葉] のチーズバーガー
【最新情報】 GetNavi web「週末はハンバーガー」――第52回 ROYAL FLUSH DINER [千葉・西千葉]
【最新情報】 APIOジムニーライフ/『ON THE STREET BURGER』更新――Vol.42 ROYAL FLUSH DINER [千葉・西千葉]
# ROYAL FLUSH DINER [千葉・西千葉] のダブルチーズバーガー
# 329 ROYAL FLUSH DINER [千葉・西千葉]

― shop data ―
所在地: 千葉県千葉市若葉区小倉台2-7-8
     千葉モノレール 小倉台駅歩3分 地図
TEL: 043-386-3774
URL: https://www.facebook.com/louisclassic2013/
オープン: 2019年5月16日
* 営業時間 *
月火木金: 10:00〜16:00
水曜日: 10:00〜15:00
土日祝: 10:00〜20:00
定休日: 不定休(要確認)

2020.9.23 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 22:00| 【一ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月24日

# TIN'z BURGER MARKET [群馬・高崎] のダブルチーズ TOPPING ベーコン、エッグ、BBQソース




 前回の「コレを超えるシェイクをなかなか思い出せない」レベルの「ミルクシェイク」に続いて、群馬・高崎の名店TIN'z BURGER MARKET(チンズバーガーマーケット)より、今日は全21品あるバーガーメニューの中からダブルチーズRサイズ¥1,500(税別)に、ベーコン250円、エッグ100円、BBQソース100円のトッピングで¥1,950(税別)を。


 ハンバーガーはサイズが2サイズ……レギュラーはパティ110gにバンズ80g、ミディアムはパティ80gにバンズ50g。パティはUSビーフに国産牛脂を加え、塩コショウ+自家製のケイジャンスパイスで味付けされている。バンズはお隣「このえパン」作の特注。クラウン(上バンズ)にはちみつマヨネーズ、ヒール(下バンズ)にタルタルソース。このタルタルは卵不使用。なんと、東京・外苑前「A&G DINER」の吉澤さんから教わったレシピとのこと。野菜はレタスとトマトは群馬県産。産地ですから。オニオンはあらかじめ30分ほどじっくり火を入れたグリルド。


 チーズは通常3枚のところ、「ダブルチーズ」は5枚使用。イチから自家製のBBQソースと絡んで、ねっとねとの魅力。ベーコンは約50g入って印象絶大。パティともども歯切れがよいが、そのパティにけっこう強烈・強力な味が付いていて、極めて「押しの強い」バーガーに仕上がっている。甘いのから辛いのまでいろいろな味を乗せ込んで、ド派手に決めた一品。サイドのポテトはシューストリングとクリンクルカットの2種類混合。

§ §

 明快な、はっきりとした味付けの施されたバーガーで「スペシャル感」抜群。「今日はハレの日!」「ごちそう食べに行くぞ!」という時、その期待に300%応えるバーガーに思う。高崎はいいバーガー屋ありますね。一級品のシェイクも含め、いい店!



# TIN'z BURGER MARKET [群馬・高崎] のストロベリーシェイク

― shop data ―
所在地: 群馬県高崎市本町117
     JR・上信電鉄 高崎駅歩20分 地図
TEL: 027-386-6325
URL: https://www.tinzburger.com/
オープン: 2013年5月5日
* 営業時間 *
月〜土: 11:30〜14:30, 18:00〜22:30
日・祝: 11:30〜21:00
定休日: 年中無休(要確認)

2020.8.23 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 17:00| 【一ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月12日

# ハンバーガーショップスズキ [埼玉・熊谷] のハンバーガー




 続けます。日本一暑い街、埼玉・熊谷のハンバーガーショップスズキより、基本のハンバーガー¥800(税別)。

 スズキのバーガーメニューは「ハンバーガー」と「テリヤキバーガー」の2品。どちらもレタス、トマト、生オニオンが入り、ヒール(下バンズ)にマヨネーズが塗られており、「ハンバーガー」はBBQソースが、「テリヤキバーガー」はテリヤキソースがそれぞれ入るという、つまり、かかるソースが違う2品である。店主・鈴木さんの古巣「BROZERS'」(下の写真)が30数品のバーガーメニューをズラリと並べていたことを思うと、好対照だ。


 パティは豪州牛100g。ちょっと粗めに挽いてもらってたものを店内で成形。やわらかいが、ブラザーズのようにはホロホロほぐれず、ソフトな結着を見せている。バンズについては市内のパン屋7、8軒に電話したところ、ことごとく断られ、唯一引き受けてくれたパン店が焼いたもの。ふんわり甘めで生地の目が細かく、こちらもややしっとりしている。BBQソースは店のオリジナル。BBQと言うよりはウスター系のソースの感じが強い。

 積み方の美しさについてはさすがブラザーズで6年勤めただけのことはある腕前。実に端正。但し「このハンバーガーは何を軸にしているのか」という「軸」の部分が少し見えづらく思えた。もうひと声、パティやバンズに「パワー」や「キレ」が伴えば。鈴木さんの技術が高いだけに、個々のパーツの弱さがかえって目立った。そんな印象。

§ §

 「これだ!」というスタイルを確立するまでには、やはり時間がかかりますよね。ましてや都内の店じゃないワケで。「峰屋」もなければ「三好屋」もない条件下、バンズやパティといった主要パーツをイチから作ってゆくワケですから。ぜひもうひと声、鋼のようにパーツを鍛え上げるといいと思います。 (つづく)



# ハンバーガーショップスズキ [埼玉・熊谷] のイチゴシェイク

― shop data ―
所在地: 埼玉県熊谷市筑波1-88
     JR・秩父鉄道 熊谷駅歩8分 地図
TEL: 048-526-8330
オープン: 2018年8月1日
* 営業時間 *
ランチ: 11:30〜15:00(LO14:30)
ディナー: 17:30〜21:00(LO20:30)
定休日: 水曜日(要確認)

2020.8.12 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 23:57| 【一ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

# OLD NEW DINER [立川] のオールドニューバーガー




 初めての店でいきなり"ハイマウントでスペシャルな"バーガーを頼んだのにはワケがあり……。それについては「後日」語ることにして、今日はスペック的なところをちゃちゃっと説明しようと思う。

 東京・立川のOLD NEW DINER(オールドニューダイナー)。2016年6月のオープンでもうすぐ4周年。店主の田中さんは本郷の名店「FIRE HOUSE」に2年、駒沢の「AS CLASSICS DINER」に約5年勤めた人。バーガーメニューは全15品。その最高峰がこのオールドニューバーガー¥2,000(税込)。


 パティは1枚。USビーフ140g。炭火焼き。オープン当初はチョップ肉だったが、今は挽肉。「食べ残す人多くて、いろいろ工夫した」と田中さん。バンズは新宿「峰屋」の酒種天然酵母。古巣ASと同じ120gで大ぶり。「鉄板だとギュッとしちゃうので」オーブンでトースト。中の「ふわ」感と外の「ぱり」感を出している。パティには軽めのBBQソース。

 ベーコンは自家製。わずか2日で仕上げる早業のベーコン。これが1枚=80g前後、炎を上げながら炭火で焼いたものが「べろん」と挟まる。その上にグリルドチキン120g〜130g。軽くマリネした鶏モモ肉を同じく炭火焼き。さらに自家製チリミートが100g前後。合挽き肉に、オクラ、ピーマン、ベーコンの端材などを合わせて辛めに味付け。野菜はアボカド、トマト、レタス。オニオンは入らず(BBQソースの中に)。〆て重量630g。


 コショウがピリリと強めに利いたチキンとベーコンが大活躍。正直、ビーフパティよりチキンがおいしい。ベーコンは「耳」の部分の硬さがポイント。辛味と同時に甘味も放つチリミートも美味。パワー弱めはチーズとアボカド。でもチーズは底の方で「ぬめっ」と地味に活躍。アボカドは全体の味をマイルドにさせる役割。バンズも軽く焼けていて食べやすい。

 夢中になって食べ進むうちの「山体崩壊」は不可避。途中からバーガーとしてのカタチを成さなくなる。さらには若干食べ飽きても来るのだが、しかし後半、袋の底にズレて溜まったチリがもう一回おいしい見せ場を作ってくれる。最終的にはおいしい気分のままフィニッシュ。

§ §

 牛・豚・鶏と、これだけの要素が一見「雑」に挟み込まれているようでいて、意外なまとまりがある一品。大味な感想でなく、案外ときちんとしたおいしさが感じられる。グチャグチャに混ざり合ってカオスになっていないのは、チキンにせよ、ベーコンにせよ、個々の材料がひとつひとつ「キリッ」と輪郭を持っているからだろう。それこそが「炭火」の為せる業だろうか。




― shop data ―
所在地: 東京都立川市錦町1-8-5 イーグル立川1F
     JR 立川駅南口より歩7分 地図
TEL: 042-512-9864
URL: http://www.oldnewdiner.jp/
オープン: 2016年6月17日
* 営業時間 *
火〜土: 11:00〜22:00(LO21:30)
日・祝: 11:00〜21:00(LO20:30)
定休日: 月曜日(要確認)

2020.3.27 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 11:00| 【一ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

# EIGHT BURGER'S TOKYO [下北沢] のエイトチーズバーガー




 初めての店、東京・下北沢のEIGHT BURGER'S TOKYO(エイトバーガーズトーキョー)。こちらは代々木の「BURGER'S BASE」の姉妹店で、ホームページも一緒である。下北沢と言えば、駅前に越した「gastropub GOZO」、昨秋オープンした「BURGERS TOKYO」も下北沢で、しかも店名がよく似ている。

 さておき、エイトバーガーズのバーガーメニューは品数豊富。"EIGHT BURGERS"のくくりに10品、"NEW"に2品、"CLASSICAL BURGER"に2品、"OTHER FAVORITES"に8品の、合計22品のラインアップ。「OTHER...」はパティが小ぶりでバンズも違うそうで、だから「EIGHT...」のラインが基本のラインということになるそう。中から、最初なのでエイトチーズバーガーSINGLE¥1,100(税別)を。


 パティは135g。産地は聞かず。中に香辛料入り。ナツメグが「BASE」ほどでなく、ほのかに「ほどよく」香っていて、これがなかなか効果的。バンズはご存知「峰屋」。てっぺんが「シャリシャリ」になるぐらいまで焼き込んで食べやすい一方、生地に独特の「もち感」があって、こちらもよく効いている。ソースはケチャップとデミグラスソースのダブルソース(そんな呼び方あるのか)。この合わさった風味がまたなかなか。そこへ生オニオンの辛味。さらにトマトの甘味を引き出す甘いマヨネーズ。結果的にこのマヨの甘味が芳ばし〜く利いている。そう、全体に「芳ばしい」のだ。チェダーチーズは底の方でねっとり。

 全体にねっとりと独特のまとまりを見せるバーガー。マヨとケチャ&デミが混ざり合った時の「ねと感」がなかなか。バンズの「もち感」もあって、やはり独特の「ねっとり」。代々木「BASE」とはまた違うコンパクトなまとまりを感じた。




― shop data ―
所在地: 東京都世田谷区北沢2-24-9 M's下北沢1F
     小田急・京王 下北沢駅歩1分 地図
TEL: 03-5738-8069
URL: http://8bt.jp/
オープン: 2017年7月6日
営業時間: 11:30〜24:00
定休日: 1月1日〜5日(要確認)

2020.3.22 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 17:00| 【一ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

# Soul Grill [八王子] のチーズバーガー




 八王子"随一"のアメリカンダイナー、Soul Grill(ソウルグリル)。都内有名ダイナーに10年勤め、最後の4年は店長まで務めた松井さんの店。オープンは2016年春。びっくりするぐらい立派な店内はゆったり30席。全9品あるバーガーメニューから、いつもの如く、まずはチーズバーガー¥1,200(税別)から。


 こちら炭火焼きの店である。昼も夜も終日、特注のチャコールグリルで炭を熾して焼いている。パティは3つの部位の手切り肉と、1つの部位の挽肉とを半々ずつ合わせた、つまり4つの部位からなる125g。産地は4部位中3部位までがUSビーフ。上にチェダーチーズのスライス。その中央に最初からケチャップ&マスタードがかかって出て来る。野菜の一番上に卵が濃いタルタルソース。

 チャコールの遠赤外線効果でじっくり火が入ったパティは、すごく愛おし〜く、やわらか〜い旨味に満ちた箇所があるのと同時に、そうでもない淡々とした味の箇所もあって、1枚の中で味がまだらに分散している。塩コショウは弱めで押し出しの強さはないが、その分「つるん」と素直な食べ口。となり駅、西八王子のパン店に特注のバンズが、これまたやわらかくて食べやすく、咀嚼と嚥下に大いにプラス。シンプルで素直な食べ口のバーガー。本当に「スッ」と口に入って来る感じが気持ちよくある。

§ §

 場所はJR八王子駅の"栄えてない方"=南口を出て5分強。何でもないひっそりとした住宅地にポツンと現れるアメリカンダイナー。駅からの道順の手前に「焼肉ソウル」があるので注意。 (つづく)




― shop data ―
所在地: 東京都八王子市寺町71-3
     JR八王子駅南口より歩6分 地図
TEL: 042-628-7106
URL: https://soulgrill2016.wixsite.com/soulgrill
オープン: 2016年4月1日
営業時間: 11:30〜15:00(LO14:00), 17:30〜23:00(LO22:00)
定休日: 火曜日(要確認)

2020.2.13 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 23:38| 【一ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月08日

# どぶ板食堂 Perry [神奈川・横須賀] のレギュラーバーガー




 「ヨコスカネイビーバーガーガイドブック」のリニューアルを記念してヨコスカ特集をお送りしています。今日はどぶ板食堂 Perry(ペリー)へ。

 どぶ板通りの中ほど、「TSUNAMI」の斜め向かいのお店です。戦艦の艦内をイメージした店内は、奥に長ーい造りになっています。すごく「まーったり」した雰囲気のお店です。平日に訪ねると、出勤前の食事をゆっくり摂るお客さんの姿が見られました。そんな常連さんを見送る際、店員の掛ける言葉は「いってらっしゃい! お気をつけて!」。そんな和やかな雰囲気のお店です。この日のBGMはレゲエでした。


 ネイビーバーガーとしてメニューに書かれている品数は6品。全メニュー中の一番人気は海軍カレーとネイビーバーガーがセットになった「スペシャルプレート」だそうです。これはまた今度挑戦しすることにして、本日はレギュラーバーガー¥1,000(税込)を。ポテトセットは+200円。

 レギュラーパティは220g。赤身肉の細かな挽肉の集合で、食べやすいバーガーです。同じくバンズも食べやすくやわらか。やや「もちゃっ」と生地が重めですが、口の中でダマにはならず。パティはほんのりナツメグ味。ケチャップ&マスタードとの相性が好いバーガーです。ポテトが細めのシューストリングなのが、また好感。

 見映えも食感も「ごっつい」「いかつい」バーガーを出す店が多い中で、このペリーのバーガーはパティ・バンズともにやわらかく、食べやすいのが印象的でした。肩ひじ張らない、日常使いの気軽な感じが伝わる一品。

§ §

 名物店長"梅さん"という方がいらっしゃるのですが、この日は会えず。次はまた夜にでも訪ねますか。それと、2階のバーは別の店だそうです。 (つづく)




# 花野家 [神奈川・横須賀] のヨコスカネイビーバーガー
# MOAI & CAPI [神奈川・横須賀] のチーズバーガー クォーター
# 横須賀ビール [神奈川・横須賀] のドブイタハッピー
# TSUNAMI [神奈川・横須賀] のよこすか海軍カレーバーガー
# SURF TACO [神奈川・横須賀] のCHU-HI ブルーハワイ
# HONEY BEE [神奈川・横須賀] のチリライス
# 「ヨコスカネイビーバーガーガイドブック」全面リニューアル! 私がコメント監修!

― shop data ―
所在地: 神奈川県横須賀市本町2-19
     京急電鉄 汐入駅歩5分 地図
TEL: 046-884-9797
URL:
オープン: 2009年4月1日
営業時間: 11:00〜24:00
定休日: 無休(要確認)

2020.2.8 Y.M
ラベル:ヨコスカ
posted by ハンバーガーストリート at 11:00| 【一ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月02日

# 花野家 [神奈川・横須賀] のヨコスカネイビーバーガー




 こちらは横須賀の表通りから一本入った裏路地にある"仏蘭西料理"店です。しかも、食べログマガジン「じっくり食べたいハンバーガー」でもご紹介した東京・下北沢の「Gastropub GOZO」とは"元同僚"の間柄。ゴゾの小西さんと花野家 HANANOYA(はなのや)の花野さんは、かつて、東京・青山の「BLUE NOTE TOKYO」で一緒に働いていました。

 花野さんはフレンチのシェフです。約10年、都内のフレンチレストランや「ブルーノート東京」などを渡り歩き、NYの老舗フレンチ「DANIEL」にも研修で赴きました。2店で料理長を務めた後、「葉山ホテル」でも料理長の任に就き、それがきっかけで横須賀に定住。2010年に自身の店「花野家」をオープンさせます。


 ということで、花野家はフレンチレストランです。店の代名詞とも呼ぶべき人気メニューは「野菜のテリーヌ」。そんな地元屈指のフレンチでも「ヨコスカネイビーバーガー」が食べられます。

 ヨコスカネイビーバーガー¥1,980(税込)。バンズはセモリナ粉を使った自家製。ネイビーバー用に開発したバンズです。パティはサイズ230g。店で成形。焼く直前に塩コショウ。料理によって何種類もの塩を使い分けているそうで、この日の塩は英国産でした。


 これらバンズとパティ、そして厚手のオニオンを、すべて「パエリア用のフライパンで焼き上げているのが特徴です。パティはグリルの仕上げにオリーブオイル。バンズの裏には何も塗らず。「塩で味わってもらう」シンプルなバーガーにまとまっています。リーン(油脂の少ない、あっさり淡泊)なホワイトバンズと、表面を焦がし気味に焼いてプンとコゲ味が芳ばしいパティの組み合わせによる、シンプルな味わいの一品。赤ワインとともに楽しむのもよいかと。

§ §

 横須賀の地野菜なども挟んだ、フレンチシェフの手によるヨコスカネイビーバーガー。もう一品、生地にイカ墨を練り込んだ真っ黒いバンズを使ったオールブラックバーガー「黒船」なるメニューもあるそうですが(こちらは不定期に販売)、せっかくのフレンチレストランのハンバーガーなので、ぜひ、フレンチの技法を凝らした「絶品ソース」などがかかるバーガーも食べてみたく思っております。そのうち出して下さい。 (つづく)




# MOAI & CAPI [神奈川・横須賀] のチーズバーガー クォーター
# 横須賀ビール [神奈川・横須賀] のドブイタハッピー
# TSUNAMI [神奈川・横須賀] のよこすか海軍カレーバーガー
# SURF TACO [神奈川・横須賀] のCHU-HI ブルーハワイ
# HONEY BEE [神奈川・横須賀] のチリライス
# 「ヨコスカネイビーバーガーガイドブック」全面リニューアル! 私がコメント監修!

― shop data ―
所在地: 神奈川県横須賀市大滝町2-3-2
     京急電鉄 横須賀中央駅歩5分 地図
TEL: 046-821-4114
URL: facebookページ
オープン: 2010年3月
営業時間: 11:30〜15:00(LO14:00), 17:00〜22:00(LO21:00)
定休日: 不定休(要確認)

2020.2.2 Y.M
ラベル:ヨコスカ
posted by ハンバーガーストリート at 23:02| 【一ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

# MOAI & CAPI [神奈川・横須賀] のチーズバーガー クォーター




 これは「始まり」のバーガーです。全面リニューアルされた「ヨコスカネイビーバーガーガイドブック」。その通し番号「1」番の店、MOAI & CAPI(モアイアンドカピー)の、これはパティを店で「自前」で成形するように切り換えた、その節目のタイミングで食べたバーガーです。チーズバーガークォーター¥780。

 これまで精肉店に成形までお願いしていたものを、挽肉の状態で仕入れて店内で丸く成形するように変えました。店主金田さんは以前はバンズも店で焼いていたそうで、しかもこの自家製バンズは好評で、一時は盟友の「楽島モアイモ食堂」に卸していたこともあったそうです。今は市内のパン屋に頼んでいます。甘味の強い、ちょっと懐かしい感じのバンズです。


 そのバンズの裏にちょいマヨネーズ。フライパンでグリルするパティは焼き方やや強め。顔を近寄せると焼いた肉のいいにおい。レタスが下でパリパリと好いアクセントを発揮しています。

 ネイビーバーガーの公式レシピに忠実に則った一品で、ここからどうにでも動けるような、大きな一歩を踏み出せるような、まだ何色にも染まっていない、そんなバーガーに思いました。だからこそ、これは「始まり」のバーガー!

§ §

 決して広くない店なので、大量にハンバーガーを出せない分、少ない個数に手間をかけることは、あるいは出来るかも知れませんね。これからどんな風に変化し、色づいてゆくか楽しみな、汐入駅前徒歩1分のカフェ&バーです。




# 横須賀ビール [神奈川・横須賀] のドブイタハッピー
# TSUNAMI [神奈川・横須賀] のよこすか海軍カレーバーガー
# SURF TACO [神奈川・横須賀] のCHU-HI ブルーハワイ
# HONEY BEE [神奈川・横須賀] のチリライス
# 「ヨコスカネイビーバーガーガイドブック」全面リニューアル! 私がコメント監修!

― shop data ―
所在地: 神奈川県横須賀市本町3-19
     京急電鉄 汐入駅歩1分 地図
TEL: 046-823-8830
URL:
オープン: 1997年
* 営業時間 *
月〜金: 16:00〜24:00
土曜日: 12:00〜24:00
日・祝: 12:00〜21:00
定休日: 火曜日(要確認)

2020.1.25 Y.M
ラベル:ヨコスカ
posted by ハンバーガーストリート at 15:06| 【一ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

# BURGER'S BASE [代々木] のベースチーズバーガー




 初めての店――。だが、食べログ「ハンバーガー 百名店」に3年連続で選ばれるほどの有名店である。BURGER'S BASE(バーガーズベース)。その歴史やストーリーはひとまず置いて、今日は手始め――ベースチーズバーガー¥1,100(税別)から。

 店の人に一切話を聞いていないので、今回の記事はすべて自力で得た情報と推測に基づく。まず、バンズは新宿「峰屋」……これは「ばんじゅう」が置いてあった。パティの直径に合わせた平たいバンズである。パティはビーフ100%、サイズ125g……これはメニューに書いてある。ナツメグなどのスパイスがよく利いた、「ぷりん」としたソーセージ寄りな食感のパティ。このナツメグがとにかく強めで、そこへケチャップベースと思しき茶色いソース、ほのかに甘いマヨネーズ、生オニオンの辛味が順々に利いている。

 やはりマヨネーズが甘い。「やはり」と言うのは、この店のルーツが「佐世保バーガー」だから。甘いマヨソースはトマトの酸味を引き立てる役割も果たす。バーガー全体に「スナック感」あり。最新・最先端のグルメバーガーでなくて、ちょっと昔の、7〜8年さかのぼった当時の雰囲気を色濃く残す、クラシカルな魅力を讃えた一品。個人的にはナツメグはここまで要らないですね。




― shop data ―
所在地: 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-18-1
     JR 代々木駅歩1分 地図
TEL: 03-3351-1618
URL:
オープン:
営業時間: 11:00〜22:00(LO21:00)
定休日: 無休(12/31〜1/3休。要確認)

2020.1.23 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 10:00| 【一ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

# 東京バンビ [新小岩] のチーズバーガー




 新しい店、東京・新小岩の東京バンビ読み仮名不要、漢字とカタカナからなる店名である。メニューに載るハンバーガーは全部で11品。まずは"威力偵察"的にチーズバーガー ランチ¥1,100(税込)から。ポテト・ソフトドリンク付き。

 ザッとスペックのご紹介……。パティはブロックで仕入れて店でカットしたモモ肉に、肉屋で挽いた肩ロースを半々ずつ合わせた豪州牛116g。グリルは鉄板。バンズは地元のパン屋作。やや平たい形状で、てっぺんに白ゴマ黒ゴマ。甘味を出すために「りんごジュース」を入れている……ん? りんごジュース?


 で、ギリギリまで長くバンズを焼くために、ハンバーガーのドレス(組み立て)をすべて鉄板の上でおこなっている。野菜もマヨネーズもすべて鉄板の上でドレス。ヒール(下バンズ)にハニーマスタード。クラウン(上バンズ)にマヨネーズ。野菜の上にタルタルソース。粗みじんに刻んだオニオンがその中に。チェダーチーズはスライスが2枚。

 まず平たくて食べやすい。そしてけっこう甘い。ハニマ使用の上、タルタルも甘口。そして決め手は例のりんごジュース入りバンズの甘味。マヨネーズが熱でとろけてチーズの上で「じゅるっ」としている感じがなかなかよし。粗めの肉は「ぷにっ」と弾力あり。コショウがプンとよく利いている。けっこう汁気多め。そして「マヨ気」多めのバーガー。

§ §

 店主の富田さんは「UNCHAIN FARM」「UNCHAIN DINER」に7年いた人で、なるほど、そちらの系譜を引く「マヨラー系」バーガーなのかなぁと、最初は思った。しかし、二ッ目、三ッ目と食べるうちに、その感想が少しずつ変化してゆく……というのをこれから追々と。お楽しみに! (つづく)




― shop data ―
所在地: 東京都葛飾区新小岩1-51-4
     JR総武本線 新小岩駅歩3分 地図
TEL: 050-5597-2128
URL: https://www.instagram.com/tokyo.bambi/
オープン: 2019年2月18日
営業時間: 11:30〜15:30(LO15:00), 17:30〜23:00(LO22:30)
定休日: 火曜日(要確認)

2019.12.15 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 13:09| 【一ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

# BURGERS TOKYO [下北沢] のオリジナルバーガー




 新しい店。10月23日にオープン。それより前にご招待いただいたのだが、ひと言で言うと「コンセプチュアル」な店である。それについてはまた別な記事に書きます。今日はその店、東京・下北沢BURGERS TOKYO(バーガーズトーキョー)に2度目に訪問した際に食べたオリジナルバーガーコンボ シングルパティ¥1,280(税別)について、コンセプト云々は一旦脇に置いて、ハンバーガーのみに特化した話から。

 パティは豪州牛に和牛脂を合わせた120g。鉄板に乗せる際、上からグーッと圧をかけて押し潰している。だから縁がギザギザ。味付けは塩コショウのみ。その「肉と合わせた時にマッチする」ことを考えて作られたバンズは、てっぺんにちょびっとゴマとツヤあり。野菜はグリーンカール1枚、5mm厚のトマト、オニオンなし。調味料は底に自家製の粒マスタード。米酢や塩などを合わせた液に胡椒の実を漬けて1週間ほど熟成させている。上(クラウンの裏)は何も塗らず。それが↑のように上下開いて供される。う〜ん……ちょっと貧弱かなぁ。


 火を入れ過ぎてすっかり縮み上がったパティの不恰好な形状と、野菜の量の少なさとを、わざわざ見せる必要もないんじゃないかなぁと。重ねて出した方がまだサマになるが、基本的には小ぶりでかわいらしいバーガーである。

 パティがちょっと焼き過ぎなのと、逆にバンズは目が詰まり気味で、肉に到達するまでの「距離」を感じるので、もう少ししっかりトーストして水分を飛ばした方がよいのと、あと、底に塗った粒マスタードの苦味がかなりクセがあるのと、その辺が気になった。


 各卓に置かれたソースは「オリジナルマヨ」「トリュフバーベキュー」「バジルチーズ」の3種。塩は肉に合うローズソルト。なお、サイドはフレンチフライかコールスローから選択。今回はコールスロー。量たっぷりでなかなかお得。あと、クミンシードもたっぷり。それにドリンクが付いて1,280円と。

§ §

 バーガーメニューは「オリジナルバーガー」「チーズバーガー」「チリバーガー」の3品のみ。それぞれに「シングル」「ダブル」「トリプル」パティの設定があり、メニューは以上。それだけ。トッピングメニューもなし。すごくシンプルでわかりやすい、ある意味「キャッチ―」な構成である。それだけに、ハンバーガーの「中身」の実力如何がものすごく問われる。そんな新店のお話。




― shop data ―
所在地: 東京都世田谷区北沢2-34-7
     小田急・京王 下北沢駅歩3分 地図
TEL: 03-6407-1720
URL: https://www.burgerstokyo.com/
オープン: 2019年10月23日
営業時間: 11:30〜23:00(LO22:00)
定休日: 年末年始(要確認)

2019.11.24 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 20:00| 【一ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

# BURGER CRAZY [兵庫・西脇] の限定プルドポークバーガー




 ガンガン続けます。今日は関西プルポ戦争より、兵庫・西脇のBURGER CRAZY(バーガークレイジー)。

§ §

 兵庫県西脇市が、関東に住む人には馴染みが薄いかも知れない。神戸と姫路の間。海沿いには「明石」とか「加古川」といった都市がある、その辺りを内陸にずっと入って行ったところの川沿いに広がる平野部で、第一印象は「水が豊富そう」で「おいしそう」。空気もおいしい。空が澄んでる。そんな、今どきのハンバーガー専門店があるとはとても思えない西脇に"事実ある"のが、このクレイジー。店主の上田さんは東京・日本橋の名店「BROZERS'」に3年半勤め、現在日本国内のトップクラスの技術を身につけて地元に凱旋。2016年にオープンした。


 9月1日〜10月31日まで開催中の「関西プルポ戦争」。上田さんはその実質的な運営に当たっている。ということで、この日食べたのはもちろん限定プルドポークバーガー¥1,500(税込¥1,620)。個数限定のレギュラーメニュー。上田さんのプルポ歴は2年。スモークではなく、スチームコンベクションオーブン(通称スチコン)を駆使して作っている。

 豚肉はカナダ産の三元豚肩ロース。ひとつ4〜5kgの塊の表面に各種スパイスとディジョンマスタードを擦り込み、一晩寝かせた後、スチコンで加熱すること10〜12時間。火が入ってやわらかくなったところをバラバラにほぐし、バーガー1個当たり85gほど乗せている。


 この場合の「バーガー」は正しい意味での「バーガー」で、85gのプルポの他に120gのビーフパティが入っている。パティはオージーの赤身に和牛脂。バンズは地元西脇の「ピーターパン」製。プルドポークに隠し味程度の自家製BBQソース。その上に赤キャベツをりんご酢に漬けたコールスロー。それらの下に隠れるようにハラペーニョとパイナップル。クラウン(上バンズ)の裏にはマヨネーズと自家製のケイジャンスパイス。


 「DAKOTA」にも負けないごっつい見た目。背も高い。「ピーターパン」製のバンズはこの日はことに焼き色強く、黒光りの光沢。「シャリシャリ」「ジャリジャリ」言わせながらかぶりつくと、よく焼いたビーフパティの上にバラバラと折り重なるプルドポーク。その山の中心にハラペーニョの辛味。後半、ライムを搾ると、それまで埋もれがちだったパイナップルの甘味がピン! と立って、わかりやすーい甘味が"動き出す"。ちょっと気取った言い方をしますと、「ライム仕掛けのパイナップル」みたいな……。

 焦げたホロ苦いバンズに牛や豚やの脂が滲みて、独特な味わいのある迫力の一品。プルドポークだけを食べると、「ギュッ!」と詰まった豚の味がする――ココがおいしいのであります。

§ §

 店のすぐ裏を小川が流れていて、上田さんは「どぶ川」だと言うのだけれど、どう見ても澄んだ透明なきれいな水がサラサラと、淀むことなく流れて行っている。後から思った……西脇の水を飲んでみたかった。水割りとかおいしいかも知れない。水と空気とハンバーガーのおいしい街、西脇。




― shop data ―
所在地: 兵庫県西脇市西脇931-1
     JR加古川線 新西脇駅歩22分 地図
TEL: 0795-23-5311
URL: https://www.instagram.com/burger_crazy/
オープン: 2014年7月23日
* 営業時間 *
平・土: 11:00〜15:00(LO14:30), 17:30〜22:00(LO21:30)
日・祝: 11:00〜17:30(LO17:00)
定休日: 月曜日・第3火曜日(要確認)

2019.9.28 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 22:17| 【一ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月23日

# SUNCHAGO BURGERS [神戸・元町] のポパイチーズバーガー




 さぁさ、次々行きましょ。記事上げてゆかないと「解消不能の」渋滞を引き起こしますので。

§ §

 神戸・元町のSUNCHAGO BURGERS(サンチャゴバーガーズ)さん。昨年5月に訪ねていながら、こちらのタイミングが合わなくて、記事に出来ずにずっといたので、またそうならないよう、先週食べたバーガーを「まず取り敢えず」アップします。バーガーメニュー全19品中、この日選んだのはポパイチーズバーガーサラダ・自家製ピクルス・フレンチフライの基本のセット¥1,250(税込¥1,350)。

 サンチャゴは元は服屋で、2014年に「サンチャゴバーガーズ」に商売替えして、今年で5周年。服屋から数えて15年。で、その服屋のお客さんだったのが、当時の「Esquerre」の店長にして、現「DAKOTA RUSTIC TABLE」のオーナー北垣さんである。


 店主高松さんの大阪・羽曳野のご実家が、明治8年(1875年)からやっているという「創業144年」の精肉店で、その実家から送ってもらっている国産牛のブロック肉を4mmの細挽きに店で挽いてパティを成形、「輻射熱のグリラー」で焦げ目を付けながら焼いている。パティのサイズは113g。バンズは名店「ブーランジェリー レコルト」作。国産小麦「春よ恋」に玄米粉と、炊いた玄米を合わせた「玄米バンズ」で、サイズは100g。上(クラウン)にバーガーソース。これは生のリンゴと牛スジ肉を3時間ほど煮込み、ミキサーにかけてペースト状にしたもの。下(ヒール)に粒のマスマヨ。オニオンはグリルド。レタスは少し加熱したものを挟んでいる。


 かぶりつくと、パティのコゲ味の芳ばしさにベーコンの塩気がちょうどピタリとはまり込む寸法の好さ。底でレタスがシャリシャリ。ツヤなしの玄米バンズはやわらかく食べやすく、またベーコンも厚切りながら歯切れがよくて食べやすい。このベーコンの存在感がポイントその1。その2は薄い赤味を中に残すパティの焼き加減。その3は品名の由来である「ホウレンソウ」。ガーリックバターでソテーしているが、やり過ぎた味付けでないところが、このバーガーの食べやすさにつながっている。

 昨年初めて食べた時と同様、いろんな味がする、にぎやかな印象のバーガー。パティからはナツメグ香。付け合わせの自家製ピクルスは赤・黄パプリカ、セロリ、きゅうり、大根の5種類の野菜で、こちらもにぎやか。

§ §

 難を言えば、思いのほか「ゴツゴツ」してるところかな。もう少し肩の力を抜いて、リラックスした感じで作ってみてもよいと思いますよ。お供の一杯は和歌山・田辺「ボイジャーブルーイング」の「GOLD」。これが飲みやすくて大正解!




― shop data ―
所在地: 兵庫県神戸市中央区栄町通2-2-10
     JR・阪神 元町駅歩5分 地図
TEL: 078-327-6551
URL: http://sunchago.theshop.jp/
オープン: 2014年7月23日
営業時間: 11:30〜19:00LO ※金曜日: 〜17:00
定休日: 不定休(要確認)

2019.9.23 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 22:06| 【一ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

# marger burger [代々木] のチーズバーガー




 今日の記事はさらっと……東京・代々木marger burger(マーガーバーガー)のまずはチーズバーガー¥850(税込)。ポテト付き。ドリンクはハンバーガーと同時注文なら50円引き。「コーラ」は¥200なので、ポテト+ドリンク付きで合わせて¥1,000。

 今年の12月で3周年を迎えるハンバーガースタンド。テイクアウトのみ。店の前に机椅子がちょっとだけ用意されている。バーガーメニューは現在10品。


 パティは米国産または豪州産の赤身肉に国産の牛脂を合わせたサイズ115g。鉄板でグリル。バンズはご存知「サンワローラン」製。グリルしたオニオンの存在感が強い。これは店主坪井さんがかつて働いていたフレッシュネスバーガーの看板メニュー「クラシックバーガー」に影響を受けたもの。BBQソースは基本で入っている。

 持ち帰りを前提とした「一体感」のあるバーガーで、パティをしっかりカチッと焼き込んでいる。バンズも表裏焼き込んで小麦の香りが芳ばしい。BBQソースは食べ始めは強めも、最終的には弱めの味の利き。オニオンをグリルしているので、バーガー全体がいつまでもあたたか。店の周りにはタマネギを焼くいい匂いが漂っている。

§ §

 外で焼き・外で食べるハンバーガーに必要な諸条件をほぼパーフェクトに近く満たしている。TPOをしっかり踏まえた機能的なバーガー。理想的な昼のバーガー……と言えるかな?




― shop data ―
所在地: 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-26-3
     JR代々木駅西口より歩4分 地図
TEL:
URL: https://www.instagram.com/margerburger/
オープン: 2016年12月12日
* 営業時間 *
月〜金: 11:00〜15:00
定休日: 土曜日・日曜日(要確認)

2019.9.13 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 15:00| 【一ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月21日

# ISLET [中野] のチーズバーガー




 こちらは"ある人"に薦められて行った店――東京・中野のISLET(アイレット)。記事を書くにはまだ材料不足なので、今日は初めて食べたチーズバーガーL¥1,000(税込)について簡単に。

 バーガーメニューは全8品。2サイズあって、Rはパティ60g、Lは120g。国産牛肉にタマネギ、パン粉等のつなぎを入れ、塩コショウ、ナツメグ等で味付けたパティで、粗さの違う2種類の肉を合わせている。これを鉄板でグリルするが、あまり焼き込まないスタイル。チーズはチェダー。バンズはご存知「サンワローラン」製。クラウン(上バンズ)にマヨネーズ、ヒール(下バンズ)にマスタード。


 濃い目のBBQソースのように感じるのはケチャップとデミグラスソースが混ざった結果。それぞれ別々にかけている。酸味強めの味強め。トマトと絡んで酸味が強調されている。焼いたバンズの裏側の細かなシャリ感がよい。そして肉がおいしい。大きい肉粒同士が「キュイキュイ」と音を立ててひしめき合うような、揉み合うような、擦り合うような、そんな食感。その上にふんだんにレタス。

 ソースがすごく濃い味だが、「キュイキュイ」いうパティもよいし、バンズの焼き加減もよい。後味はソース味。取材継続。 (つづく)




― shop data ―
所在地: 東京都中野区中央5-48-5-103
     JR中野駅南口より歩6分 地図
TEL: 03-5340-7994
URL:
オープン: 2014年11月29日
営業時間: 11:30〜20:00 ※日曜日 〜19:00
定休日: 月曜日(要確認)

2019.8.21 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 16:19| 【一ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

# クリバーガー [代々木] のキンザンジミソバーガー




 東京・代々木のクリバーガーオープンは2018年の7月8日。店主は「クリ」こと上野山(うえのやま)さん。そういう地名が和歌山県にある。ということで、この店の看板メニューは和歌山名産「金山寺味噌」を使ったキンザンジミソバーガー¥1,485(税込)。

続きを読む
posted by ハンバーガーストリート at 23:27| 【一ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

# ゴリゴリバーガー TAPROOM [六本木] のゴリゴリバーガー




 こちら初めての店。フードライター中山秀明さんからお薦めいただいていた店で、先日の「AbemaPrime」の中継の際に初めて訪ねた。東京・六本木のゴリゴリバーガー TAPROOM(GORI-GORI BURGER タップルーム)。オープンは2016年7月。そのずっと以前、オーナーの中村多聞さんは大阪梅田で千円するハンバーガーを1999年から出していた。


 注文は各席に備え付けの「iPad(アイパッド)」を使って、客自らが入力する式。バーガーメニューは計30品。まずはゴリゴリバーガー¥1,800(税込¥1,944)から。

 "まずは"と言うにはなかなかの高額なのは、豪州牛180gパティが"2枚"乗っているから。店で自家挽きしている10mm強の粗挽きで、挽肉と言うより「大きな肉の粒の集合体」といった方が近い。「クニクニ」「ぷにぷに」する肉粒が潰れずに、カプセル状の形を維持したまま、ひとつのパティとして結合している。グリルは鉄板。それが2枚重ねなので持つとアッツアツ。スパイス・ハーブ・赤ワインを最初から混ぜ込んでいて、例えるなら「餃子の餡」的な味付けの濃さ・強さでかなり個性的。

 99年にハンバーガーを始めて以来、ずっとお願いしているという大阪の小さなパン屋作のバンズはかなりソフト。甘めの生地だが、肉に対する量としては少ないので、後を引かずさっぱり。あとは米国産のレッドチェダーが2枚。それだけ。バンズの裏に何も塗らず。その他ソースも野菜も一切なし……ではなくて「自家製ソース」がパティに少量塗られてます。野菜は一切ナシ……パンと肉とチーズだけのバーガー。「コリコリ」「ゴロゴロ」した肉の食感と強い味付けが中心で、そう、例えるなら「スタミナ丼のバーガー版」的なバーガーだ。

§ §

 好みの分かれるバーガーだと思う。それぐらい独自のスタイルを持った個性的なバーガーなのだが、それを「ゴリゴリ」という店の名が何より的確に表現しているので、そういう意味ではイメージ通りの品物がどんぴしゃ出て来る、「看板に偽りなし」なバーガー店と言えるだろう。詳しいことはまた次回。




― shop data ―
所在地: 東京都港区西麻布1-2-3
     東京メトロ日比谷線 六本木駅2番出口より歩2分 地図
TEL: 03-6804-2435
URL: http://gorigori.beer/
オープン: 2016年7月24日
* 営業時間 *
月〜金: 18:00〜23:00(LO22:30)
土日祝: 12:00〜22:00(LO21:30)
定休日: なし(要確認)

2019.6.7 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 17:00| 【一ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

# CLAP HANDS [三軒茶屋] のチーズバーガー




 これもまだ去年食べた分で……。

 東京・三軒茶屋のCLAP HANDS(クラップハンズ)は去年2018年の1月にオープンした新店で、店主藤田さんは名店「BROZERS'」に2年勤務の後、名古屋の「WAVES BURGER」で3年ほど活躍、ひと区切りついたところで東京へ戻って始めた店である。その間さまざまなエピソードがあるのだが、それについてはまたいずれ。店名に付属する"サブタイトル"が、オモテの看板には「BURGER DINING」と、食べログには「Dining bar」とあって、どっちが正解なのか。

 バーガーメニューはランチ18品。夜は8品に絞られて、代わりにステーキやグリルなどが食べられるシステム。それに合わせるドリンクは、まずはクラフトビール。そしてワインに力を入れており、品揃えを徐々に充実させていっている真っ最中。そんな中から、まずはチーズバーガー¥1,130(税込¥1,220)――。


 パティは部位指定のUSアンガスビーフ110g。鉄板でグリル。バンズは名古屋「WAVES BURGER」から引き継ぎ、岐阜の「小麦家」にクラップハンズ専用に作ってもらったものを、はるばる岐阜より送ってもらっている。以前ベーカリーで働いていた経験もある藤田さん。挟む具材の塩気に対して甘めの生地を用意。これをこんがり焼いて、ゴマの芳ばしさで締めるような、そんなバンズを考えた。野菜は多め。特にレタスはわんさか。

 確かにバンズは甘め。糖分がこんがり焦げた風味がする。生地は表皮に近いほど気泡粗め。ほぐれるパティはところどころ大きな肉粒。そのパティにチーズがペタッと引っつき、じんわり塩味を利かせる。調味料はBBQソースとマヨネーズ。バーガー全体には「じんわり」「ほんわり」。さまざまな味わいを経由して、結果、おだやかな味にまとまっている。

§ §

 第一印象は「BROZERS'」の懐かしのあの味。安定の味。そして甘いバンズ――これがひとつの特徴かも知れない。その特徴をどう活かすか。どう立てるか。今後注目したいポイントだ。駅からすぐの、まぁ寄りやすい、便利な場所にある。




― shop data ―
所在地: 東京都世田谷区太子堂1-12-24 ハイツ阿藤1F
     東急電鉄田園都市線 三軒茶屋駅歩2分 地図
TEL: 03-6805-5492
URL: 公式Instagram
オープン: 2018年1月12日
営業時間: 11:30〜23:00(LO22:00)
※金・祝前: 〜24:00(LO23:00)
定休日: 水曜日(要確認)

2019.1.23 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 12:36| 【一ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

# BURG HOLIC [四谷三丁目] のチーズバーガー




 東京・四谷三丁目のBURG HOLIC(バーグホリック)。ハンバーガーもハンバーグも、どちらも」という店なのだが、詳しい説明はまたいずれ。まずはチーズバーガー¥1,080から。

 バーガーメニューは16品+期間限定1品。パティは部位指定のUSブラックアンガスの粗挽きに和牛脂を加えた150g。ハンバー「グ」はサイズ200g。どちらもつなぎあり。だが、全く同じものではなく、バーガーとバーグ、それぞれに作り分けている。これをまず直火で焼いて表面に焦げ目を付けた後に370℃のオーブンへ。粗く挽いた肉の粒が噛んだ歯を跳ね返す程よい弾力。


 バンズはトウモロコシを練り込んだ特注。焼き色浅め。そして若干大きめ。後から「くたーっ」と来る甘味。やや「ぽそっ」とした食べ口で、古い懐かしい感じの生地だが、食べやすい。上下とも裏にタルタル的スプレッド(マヨ+刻んだピクルス)。ぷーんと甘い香りを立てるのは「プレミアム」ケチャップ。瓶売りの国産高級ケチャップで、少量でもトマトの旨味は相当。野菜はトマト2枚にレッドオニオン、グリーンカール。とろけるチーズはホワイトチェダー。

 嵩のある大きめなバーガーだが、案外と食べやすく、咀嚼を要するようなヘンに力の入った部分がないのが好いところ。食べ口は素直。言い方を換えると「尖って」はいない。パティには四角いキューブのような肉感が随所にあり。但しつなぎを入れている分、「ビーフ」の味わいは少し和らいだ、やさしいものになっている。サイドのフレンチフライ140g=5oz ¥300はオニオンリングと「赤ポテチ」付き。

§ §

 さてそれで、「ハンバーガーもハンバーグも、どちらも」な店なので、コレと対比するハンバー「グ」が、看板メニューのもう一対として存在するワケである。「グ」も食べてみて、初めてこの店の真価が知れようというもの。果たして「グ」の方はどうなのか……。 (つづく)




― shop data ―
所在地: 東京都新宿区四谷3-3 エスパスコンセールビル2F
     東京メトロ丸ノ内線 四谷三丁目駅歩1分 地図
TEL: 03-6709-9811
URL: https://burg-holic.com/
オープン: 2017年12月1日
* 営業時間 *
平日: 11:00〜23:00(LO22:00)
日曜: 11:00〜17:00(LO16:00)
定休日: 木曜日(要確認)

2018.11.13 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 21:32| 【一ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

# 元町Bayside Cafe [横浜/元町・中華街] のチーズバーガー




 正直そんなに期待していなかった"のに"、思いがけなくも高評価だったお店の話。店の詳細は不明。取材はこれからということで――。

 場所は横浜・元町。よく知られたメインストリート「元町通り」の1本となり、山手の傾斜に近い側の通りを「元町仲通り」という。近年その元町仲通りと、そこから延びる4本の通りを合わせた商店街を「元町クラフトマンシップ・ストリート」と呼ぶそうで(04年〜)、その名の通り、職人の作業場や工房・アトリエなどが多くある、一種「勝手口」的な距離の近さがある通りになっている。その雰囲気に触発されてか、若者が始めたオシャレな店が最近チラホラ増えているようで、美しく整備された表通りとは対照的な、「ごちゃっ」と入り組んだ裏通りの魅力と"わくわく"が、以前より増したように思われる。元町Bayside Cafe(ベイサイドカフェ)はそんな裏通りの一角で偶然入った一店だ。


 何かの商売をしていた店の跡をリフォームしたカフェである。店内15席弱。表の路地に4席ほど。BGMは心地よいブラジリアン。壁にはイタリア映画が映され、時にライヴ演奏、時にアート作品を飾る展示会などが催される。そんな根っからの、芯から「カフェな」店なのだが、フードのメインはハンバーガー。今どき「流行りな感じかな……」そう思って食べてみたら、これが悪くない。

 バーガーメニューは現在7品。ロコモコ、タコライス、キーマカレーなどの所謂「カフェめし」的なメニューもあり。チーズバーガー¥1,150(税込¥1,242)。パティはサイズ120g。つなぎなし。ナツメグ入り。粗挽き。12mmぐらいはあるか。「粗粗」とした肉粒感が好い食べ心地。そこへ白(プロセス)と黄色(チェダー)、2種類のチーズの強い塩気がべったり上から引っついて、パティと一体化。少量加えたBBQソースのトマトの旨味と適度な甘味がバーガー全体に働いて、好い変化を与えている。


 バンズは表面ザラッとツヤなしで小さめ。コンパクト。甘味が強いが、チーズの塩気と生オニオンの辛味が上手くそれを掻き消して、結果いいバランスに落ち着いている。トマトはパティの下、ヒール(下バンズ)の上の葉はサニーレタス。

 このバーガーの良い点は「リラックスしている」ところにある。ヘンにこだわって、アレやコレやの知識・工夫を全て投入したような、バキバキ・ガチガチの「マッチョ」なバーガーになって"いない"点に好感が持てる。居心地よいカフェの雰囲気をそのまま写したかのような、リラックスしたおいしさ。日常的に利用できる食べやすさを感じる。←コレ非常に重要。

§ §

 今やすっかりブランド志向の、「ちょっと古くさい街」と思い込んでいた元町の裏通り、「まさかこんなところに」という場所に、今どきな「ハンバーガー」が突如として現れることの面白さ。しかもまだ若い店主が個人で出しているであろう店ということで、オープンまでにどんなストーリーがあったのか、また訪ね直して、ぜひ詳しく聴いてみようと思う。




― shop data ―
所在地: 神奈川県横浜市中区元町1-54-1 リブレ元町U1F
     横浜高速鉄道みなとみらい線 元町・中華街駅歩3分 地図
TEL: 045-212-3302
URL: http://motomachi-bayside-cafe.yokohama/
オープン: 2016年12月
営業時間: 11:00〜21:00(LO20:00)
定休日: 月曜日(祝日営業、翌日休。要確認)

2018.11.5 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 12:00| 【一ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

# Wack Dland! [松陰神社前] のハンバーガー




 今年5月に「サイズアップしてどうこう……」言っていたのは、実はこのため……世田谷・豪徳寺tokyo omo style(トウキョウオモスタイル)の"ハンバーガー専門店"が世田谷・松陰神社前に9月6日オープン! その名も――Wack Dland! (ワックドランド!)。

 tokyo omo style 大地に立つ! オモスタイルのハンバーガーがついに"日の目"を見る時が来た。地下の店であるオモスタイルに対して、新店Wack Dland! は地上の店。その差はまさに天と地。ハンバーガーの売り上げは既に何倍も違うという。


 バーガーメニューはたったの1品、最もシンプルなハンバーガーのみ。フライドポテト付き¥1,000(税込)。ランチタイムは+100円でソフトドリンクが付く。トッピングは「チーズ」「ハラペーニョ」「パティ」の現在3種類あるが、いずれにせよ「ミニマム」なメニューであることに違いはない。これからはこういうシンプルなスタイルが流行るだろう。

 大筋はオモスタイルのハンバーガーと同じ。パティは粗挽き・細挽き2種類のUSビーフをミックスした125g。そこまでは同じ。オモスタイルではグリルパンで焼いているが、新店「ワクド」は念願のグリドルを入れ、晴れて鉄板の上で焼いている。だからグリルパンのようなコゲはつかない。焼く際に振るシーズニングは変わらないが、さらに上にフライドガーリックを乗せている。


 バンズは名店・代々木上原「カタネベーカリー」作。生地のグラムはそのままに直径だけアップさせた。その分、食パン生地独特の弾力は鳴りを潜め、生地が伸びて気泡が大きくなり、オモスタイルのものよりも食べやすく、取っつきやすくなった。下(ヒール)に粒マスタード、上(クラウン)にマヨネーズ。あとはグリルドオニオン、トマト、レタス。この辺は変わらず。

 という、比較的シンプルなバーガーなのだが、一個食べ終えてみて、ふと気づくことだろう……ケチャップもマスタードも要らなかったと。そうした調味料の類を特に必要としない味付けが、グリルする際、パティに十分施されている。何も加えないこのままの味で最後まで食べ切らせてしまう辺り、さすがの腕前だ。「肉」を引き立て、際立たせる味付けは健在。

§ §

 ハンバーガーとしての"下地"はオモスタイルから十分引き継いでいるので、あとは「Wack Dland! と言えばコレ!」という、何かわかりやすーいトレードマーク的なものが欲しいところ。一方で、鉄板の扱いはまだ慣れていないようで、表面ばかり焼けて、お母さんが作る家庭のハンバー「グ」のようにカチカチにならないように……というのはちょっと注意点として思った。家庭では真似出来ない、でもシンプルで単純明快なバーガーであって欲しい。

 地上に出るまで潜伏すること6年――豪徳寺の地下で磨いたバーガー作りのその実力を、さあ、存分に発揮するがいい!




# tokyo omo style [豪徳寺] のチェダーチーズバーガー(再食)
# tokyo omo style [豪徳寺] のジャークチキンサンド
# tokyo omo style [豪徳寺] のバターバーガー(再食)
# tokyo omo style [豪徳寺] のレモンチーズバーガー(再再々食)
# tokyo omo style [豪徳寺] の試作中のバーガー
# tokyo omo style [豪徳寺] のテリヤキチキンバーガー
# tokyo omo style [豪徳寺] のハンバーガー(再再再々食)
# tokyo omo style [豪徳寺] のハンバーガー(再再々食)
# tokyo omo style [豪徳寺] のチリバーガー
# 7月24日(日)、俳優・篠崎友さんのトークイベント「篠崎友の会」にゲスト出演。場所はtokyo omo style [豪徳寺]
# tokyo omo style [豪徳寺] のレモンチーズバーガー(再々食)
# tokyo omo style [豪徳寺] の試作中のバーガー ver 1.0
# tokyo omo style [豪徳寺] のポークバーガー
# tokyo omo style [豪徳寺] のチリバーガー TOPPING チーズ
# tokyo omo style [豪徳寺] のバターバーガー
# tokyo omo style [豪徳寺] のサルサバーガー TOPPING チェダーチーズ
# tokyo omo style [豪徳寺] のチェダーチーズバーガー
# tokyo omo style [豪徳寺] のハンバーガー改良計画「N作戦」(後編)
# tokyo omo style [豪徳寺] のレモンチーズバーガー(再食)
# tokyo omo style [豪徳寺] のハンバーガー改良計画「N作戦」(前編)
# tokyo omo style [豪徳寺] のハンバーガー(再々食)
# tokyo omo style [豪徳寺] のハンバーガー(再食)
# tokyo omo style [豪徳寺] のハンバーガー
# tokyo omo style [豪徳寺] のてりやきバーガー
# tokyo omo style [豪徳寺] のチーズバーガー(再食)
# tokyo omo style [豪徳寺] のチーズバーガー
# tokyo omo style [豪徳寺] のレモンバーガー
# 297 tokyo omo style [豪徳寺]

― shop data ―
所在地: 東京都世田谷区世田谷4-6-1 高橋ビル102
     東急電鉄世田谷線 松陰神社前駅歩4分、世田谷駅歩4分 地図
TEL: 03-5799-6996
URL: 公式Instagram
オープン: 2018年9月6日
* 営業時間 *
ランチ: 12:00〜17:00(LO16:00)
夜: 18:00〜26:00
定休日: 不定休(売切れ等あるので、要Instagram確認)

2018.9.23 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 21:25| 【一ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする