2019年06月25日

# カテゴリー「中南米編」を「ブラジル編(日本の)」に変更




 『HAMBURGER STREET』15周年記念のもろもろ手直し第3弾。続いては「中南米編」をやめまして「ブラジル編(日本の)」に改めます。

 このカテゴリーは「群馬県の大泉町で食べるブラジリアンスタイルのハンバーガーが美味しい」という情報を入手したことより始まったシリーズです。タイトル通り、店のある場所は「日本国内」。日系2世・3世のブラジル人たちが日本に「出稼ぎ」に来て、一定の地域に集まって暮らしているワケですが、そこに彼らが使う店や施設が出来、コミュニティが出来て、ひとつの「街」が形成されています。そんなブラジリアンタウンの飲食店でもハンバーガーを出している――という、それにフォーカスした特集です。


 取材をしたのが2006年から2007年、もう10年以上も昔の話です。その間に国内の景気が悪くなり、彼らの稼ぎ口もだいぶ無くなってしまったのではないか……。大泉町にはサンヨーの大きな工場があったけれど、それこそサンヨーなんて不況の煽りで無くなってしまったメーカーなので(現在はパナソニック傘下)、当時出会った皆さんはその後どうしておられるだろう……と、たまに思い出しては気になっていたんですけれども、今回このカテゴリーを整理するに当たって、各店のその後の消息を知ることが出来ましたので、以下そんな近況も交えつつ、各店をご紹介してゆきます。


 まずは日系2世の三澤さんご一家が経営されていた「Fatto a mano」です。こちらは残念ながら閉店していました。個人店の経営は簡単ではないですから、ある意味覚悟はしていたのですが、ただし、私が思っていたのと違って、エラク立派な店舗に成長した様子をwebで見まして(リンク張らせていただきました、感謝!)、正直この展開は思っていなかったので意外でした。私が訪ねた時はこんな感じでしたので。それがちょっといい感じの店構えにヴァージョンアップしていただけに、ますます残念です。


 次は「RODEIO grill express」というお店。ブラジル人向けのスーパーマーケットの中に入っているお店だったのですが、こちらも今はもう無さそうです。「ブラジル家庭料理 RODEIO grill」という店の情報が「食べログ」に上がっていますが、そちらも「掲載保留」と。ただし、入っていたスーパー「SUPER MERCADO TAKARA(スーパーメルカドタカラ)」自体は場所を移転して今も健在のようで、やはり私が訪ねた当時の店構えよりもずっと立派になっていました。すばらしい!


 続いて「PASTEL & CIA.」。こちらも同様、入っていた「ブラジリアンプラザ」は紆余曲折の末、今も続ているようですが、お店の方は恐らくもう無さそうということで。

 プラザに入っていたブラジルの食料品・日用品店「キタンジーニャ(Quitandinha)」というお店に勤める「長谷川さん」という日本人の方に大泉町のことを教えていただいたり、案内していただいたり、大変お世話になったのですが、今どうしておられるでしょう? 「キタンジーニャ」の方は関係していそうなスーパーマーケットレストランが今もあるみたいなんですけど。 >長谷川さんお元気ですか?


 そして、大泉町遠征の手始めに訪ねた店がこちらです――横浜・鶴見の「Paraiso Brasil」というお店。ここまで調べて来て、ほとんどの店が無くなっていますから、ここも当然……と思っていたら、なんとなんと、今も健在のようで、逆の意味で意外でした(笑)。ものすごーくニッチな、ごくごく狭いターゲットを相手にした商売ですから。それを思うと大変立派です。

§ §

 そんな全4店がこのカテゴリーに収まっています。ブラジル人が多く住む地域として知られる浜松や名古屋辺りに行けば、さらなるブラジリアンスタイルのバーガーと出合えるかも知れません。

 それと、そんな大泉町のブラジル人が作るバーガーに「影響を受けた店」というのがありまして。埼玉・鴻巣の「cafe easyland」――現在の「MAD BURGER」ですね。でも「MAD BURGER」さん、今お休みされているようで、お元気でいらっしゃいますでしょうか?



2019.6.25 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 17:00| 【おしらせ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする