2016年05月15日

# 350 SEAGULL DINER [大阪・百舌鳥八幡]




 大阪の店、だいぶ間が空いてしまい。大阪は大阪でも戦国時代の自由都市・よりカッコイイ店、SEAGULL DINER(シーガルダイナー)を。

 こちらは八尾の「香留壇」、京橋の「13Diner」に続き、大阪のバーガー愛好家・ふじじんさんお気に入りの一店。

 なおこの日は滋賀・大津の「AUNTY-MEE burger」さんがご同行下さり、「Rich Garden」→「Good Time」→「香留壇」、そしてシーガルダイナーと、1日で4店という過密な行程を一緒に回って下さった。堺に着いたのは夜である――。



●中百舌鳥〜プルポ

 市街からやや離れた郊外にある。「市内でも物件を探した。小さい店舗はけっこう空いていたが『大きい開放感のあるところでやりたい』意向から、もとは美容室だったこの場所を『いい具合に見つけた』」とゼネラルマネジャー溝口さん。30坪に43席。このゆとりたっぷりの造りは都会の店で出来るものではない。実に贅沢な空間。ゴージャス。


 ものすご〜くカッコイイ店だが、以前の美容室から残されたのは床だけで、デザインはほとんど自分たちで考えた。

 その考えた人たちのことをまずご紹介しよう。

 溝口さん兄弟は2008年、同じ中百舌鳥(なかもず)に「Pulpo(プルポ)」というスペインバルを始めた。兄弟は「将来二人で何かやりたい」と学生の頃から話し合っていたというのがまずその前にある。

 大学卒業後、兄は就職し、そして今も会社勤めを続けている。なんと、飲食店の経営をしながらもう一方で勤め人をしているという。器用な人である。だからこの日はお兄さんにお会いすることは出来なかった。お話を伺ったのは弟さんでGMの真吾さんの方。


 真吾さんはワインの販売会社へ就職。さらにその知識を活かして飲食店へ移り計6年勤務。28歳の時にプルポを始めた。

 9年前の当時、堺にバルはまだほとんど無かった。「バル」と聞いても誰も知らない。慣れてもらうまでに時間はかかったが、おいしさは嘘をつかない。着実に支持を得て一躍人気店に。

●西海岸〜磯ノ浦

 さらに2010年に2店目「ダルマ食堂」をオープン。こちらは鉄板焼き+ワインの店。ショップカラーの「緑」は、かつてプロ野球・南海ホークスの二軍本拠地が中百舌鳥にあったことから。

 ダルマもクリーンヒットでプルポに続いた。さて次は3番バッター……シーガルである。


 初めはNYっぽい店を考えていたと真吾さん。そこへ西海岸、カリフォルニアのイメージが加わったのは真吾さんと店長・正木さんに共通する"趣味"の影響が大きい。

 二人はサーファーである。和歌山の磯ノ浦辺りをホームにしている。正木さんはプルポ開店の頃から付き合いのある酒屋さんだった。趣味のサーフィンや自転車の話題で真吾さんと意気投合、合流。そんな関わりでサーファーがよく集まる店でもある。

 入るとすぐLAを舞台にした映画に「いかにも出て来そうな」階段。上がると2階はパーティールーム。普段は開けていないがママ会、女子会などで大人気のスペースだ。客層に占める女子率は8割。さすが女性は情報を掴むのが早い。

●名店のバンズ〜国産牛パティ

 店構えが大きいということはキッチンも広々、つまりメニューも充実している。2015年11月時点のラインアップはリブアイステーキに始まるグリルが肉魚13品、前菜11品、パンケーキ14品等々。ライスは昼のみ。そしてバーガー10品。中からチーズバーガー¥972。


 パティはステーキ肉を卸してもらっている肉屋チョイス、お任せの国産牛100%。挽き方粗めのサイズ80g。片やバンズは地元の名店「パンダ」の特注140g。このパティとバンズのグラムは正直逆である。パティ140gのバンズ80gでもよいぐらい。

 店のオーブンで焼き込んだバンズは非常にドライな食感で口の中でシャリシャリ。クラスト(表皮)パリパリ、抑えたビターな甘味、これはヒット作。量の多さを感じさせないおいしさ。パティとの相性が非常によい。


 よく火の通ったパティは結着の「じくっ」とウェットなしっとりとした食べ口。上からチェダーチーズがやわらかく、そして半端なくコート。食欲そそるBBQソースは自家製。マスタードとの相性がよく、このソースの味だけで食べ進むことができる。

 味わいの主体はソース。そして風味・食感のよい良質なバンズがあり、「ところにより」パティという図式。バンズとパティが合わさった部分がすごくおいしい。そこだけ食べていたい。

§ §

 40代"以上"はがっつりステーキ。お子様連れはパンケーキ。そして「ほんまは飲みたいんやけど」でもクルマでお越しの方を中心にノンアルコールカクテルが「よく出る」。真向かいにマクドナルドがあって「M」字のゴールデンアーチが窓ガラスに映り込んでいるが、「気づけばあった」程度で影響は全くないそう。

 近所にあったら通うこと間違いなし、中百舌鳥にあるカモメ食堂。ちなみに百舌鳥は英語で"shrike"……へぇ〜"butcher bird"とも言うんだ。




― shop data ―
所在地: 大阪府堺市北区中百舌鳥町1-5
    南海鉄道高野線 百舌鳥八幡駅歩6分
    南海・泉北高速・大阪市営 中百舌鳥駅歩10分  地図
TEL: 072-249-7052
URL: https://www.facebook.com/seagull.diner/
オープン: 2014年7月22日
営業時間: 11:30〜14:00, 18:00〜22:30
定休日: 月曜日(要確認)

2016.5.15 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 16:57| 西国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする