2015年09月08日

# 338 cherry [立川]




 立川(たちかわ)は久しぶりだ。私の場合、ハンバーガー以外の用があって行く場所ではないので、つまり今回立川へ行ったのは、そのハンバーガーの用ができたからである。

 駅から15分。立川通りを歩いた先にあるcherry(チェリー)という店は、前は練馬区の江古田(えこだ)にあった。その時の店の名は「999(スリーナイン)」という。




 店主・石田さんは"脱サラ"した人。オフィス・職場向けにコーヒーマシンを売る「Daiohs(ダイオーズ)」という会社で営業をやり、そこで営業トークを身につけた。もう一社を経て、その後30歳で独立。「いつか自分で何かやりたい」という思いに従い、ついに打って出た……。

●999(スリーナイン)


 在りそうで無い「金属製の財布」をデザインし販売。東急ハンズに売り込み、1,000個ほどを売り上げる成果を上げたが、それだけでは生活できず。そこで夜は東京ドームシティ「ラクーア」にあった元大関・KONISHIKIの店「フラハット」でアルバイト。1日に100杯はカクテルを作ったという。

 それでもなお足りず、そこで江古田に出した店が「999」。松本零士とは一切関係ない。

 練馬区が地元の石田さん。家賃が安いのと、犬を飼っていたので一軒家が好いのとで、江古田商店街の一番はずれに落ち着いた。「39番地」だったことからスリーナインと命名。10坪にカウンター8席、テーブル6席ほどの小さな店だった。

 2007年1月オープン。場所は悪かったが熱心な常連客に支えられ人気の店だった。だが途中1年半ほど、全くの他人に店を任せて、石田さん自身は全く別な仕事に就いていた時期がある。


 「自分には武器が足りない」と思った石田さん。店のお客さんだったパン屋の社長に掛け合い、パン屋で1年働いた。この時パン屋で惣菜パンの"バーガー"を出しており、毎日作りながら「いつか自分こんなことしてそうだな」と思ったという。

 その後、再上陸間もない「バーガーキング」で半年ほど。学んだことは管理の徹底。旗艦店として重きをなす六本木店で1日1,000枚のパティを焼いた。

●チェリービール

 そしてスリーナインにカムバックした後、パン屋とバーガーキングで培った技術を活かしハンバーガーの提供を開始。バーガー類9品(うち鶏3品、魚介1品)はスリーナインの目玉商品となった。


 今年6月にご結婚された石田さん。病院勤めの奥様の仕事環境を優先させるべく、奥様の職場がある立川に新居を構え、そして石田さんの職場である「店」を立川に移転させた――なんとイイ話! 奥さん思い!

 2014年12月末日をもってスリーナインは閉店。7年間の営業の間に付いた多くの常連客のことを一番「申し訳なく」思いつつ、各位の支持と理解を得て、晴れて移転。今年の5月22日に「チェリー」オープン。

 前はスノーボードショップだった場所をスケルトンから工事・改装。家賃は練馬と同じで広さは倍の20坪に。店名の「チェリー」は奥様と初めてデートした際に飲んだチェリービール「ベルビュークリーク」が由来。すっかり気に入った二人、「いつかチェリーというお店をやりたいね」という話に。

●手作りパン、その他

 バーガー現在8品(鶏1・海老1)。中でも目玉は総重量1.5kgという巨塊「モンスターバーガー」2,390円。30分以内に完食で"無料"というキワモノ。江古田時代は限定メニューだった「チェリーバーガー」はレギュラー化されて看板メニューに。その他「アボカドバーガー」「ハワイアンバーガー」「ゴルゴンゾーラバーガー」など、どれもトッピングをひと工夫したものばかり並び、プレーンなハンバーガーやチーズバーガーはメニューに無い。

 本日は名代のチェリーバーガー¥900と石田ご夫妻思い出のチェリービール¥680。ビールは「ベルビュークリーク」の樽生。


 いろんなものが売りである。まずパティは毎朝市場へ買いに行くという良質な国産牛に1時間炒めたタマネギ、パン粉、卵、隠し味でカレースパイスを加えた150g。つまりハンバー「グ」。これを直火でグリル。そこへ5時間以上煮込んだデミグラスソース。バンズは厳選された国産小麦を使った自家製。野菜もすべて厳選。タマネギは淡路島から直送されたものを生で。

 チェリーバーガーにはさらに瓶詰めのダークチェリーにチェリーソース、そしてクリームチーズが乗る――これだけのものが混ざり合うとどうなるか。各々暴れてうるさくなるのか……と思いきや、不思議とおだやかである。つなぎの入ったやさしい味わいのハンバー「グ」に対しクリームチーズのミルク感がよく合っている。あとは特別強い印象を残す味はない。

●30分以内、無料

 バンズは「しっかりと食べられるように」フランスパン生地を使用。間に挟む水気の多さを感じさせず、カチッと輪郭を保っていて食べやすい。サイズ80g。てっぺんにオーツ麦。

 チェリーの甘味をはじめ、さまざまな味がじわりおだやかに感じられる一品。安心のできる落ち着いた味なので女性や子供にオススメ。スリーナインから引き継ぐ"お酒の雰囲気"とはやや違うが。

 それと、それぞれ品質に気を配り、厳選した食材各種を揃えているうちの"特にどの食材に注目して欲しいか"を整理して、優先順位を設けるとさらにスッキリとシンプルにまとまった、際立ったハンバーガーに仕上がると思う。

§ §

 駅から15分。「場所悪いのは慣れてるので」と石田さん。江古田のスリーナインのことを思えば「前より場所は全然いい」。

 毎夏三軒茶屋で開かれる「三茶ラテンフェスティバル」に昨年より参加。今年は2日で300個のバーガーを完売。「モンスターバーガー」の早食いコンテストを実施して大盛況だった。当座の目標はそのモンスターバーガーの挑戦者の写真で「今年中に壁一面を埋めたい」。

 30分以内完食で無料のモンスターバーガー、さぁ〜挑戦者よ、どんどん来たれ!




― shop data ―
所在地: 東京都立川市高松町2-10-2 シャルマンASI 1F
    JR立川駅歩15分 地図
TEL: 042-849-2400
URL: http://www.cherry.beer/
オープン: 2015年5月22日
営業時間: 11:00〜15:00、17:00〜23:00
定休日: なし(要確認)

2015.9.8 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 09:09| 帝都編◆都西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする