2015年08月28日

# BUTCHER'S TABLE [大泉学園] のベーコンチーズバーガー




 BUTCHER'S TABLE(ブッチャーズテーブル)を記事にするのは「GARAGE BURGERS CAFE」以来、去年の3月以来のこと――。

 その折は『ザ・バーガーマップ東京』の取材だったので、同行のカメラマン新井由己(あらいよしみ)さんが運転するクルマで訪ねた。だから西武池袋線大泉学園駅前の劇的な変わり様を少しも知らなかったのは無理もない。


 店にも変化があったりなかったり。バーガーメニュー全11品。うち鶏魚2品。サンド4品。この辺りは変わらず。『ザ・バーガーマップ東京』に「スモーキーベーコンチーズバーガー」と紹介した――とびら(1ページ目)も飾っていただいた――商品は今はベーコンチーズバーガー¥1,300と名称変更。以前よりベーコンがグレードアップした。香り好し。今そこで燻したかのような芳ばしいにおいがプンと漂う。その厚手なベーコンの上にとろけるチェダーチーズ。


 ひらひらビジュアルが派手だったグリーンカールは今は玉レタスに。見た目のインパクトより食感・おいしさを重視して――と店主・平川さん。オニオンはグリルド。

 前は神奈川県の業者から仕入れていたバンズは、今は都内パン店のものを使用。よく焼き込んでカラッとドライな食べ口。かぶり付けば小粒なセサミがシャリシャリと軽快なアクセント。グリルパンで焼くパティはオージービーフ100%・120gと変わらず。かっちり硬めに詰まったパティにタルタルの塩気が淡く重なる。

 プンプンと芳ばしくにおうベーコンが味の「ベース」を成し、その豚の旨味にバンズはじめ他の食材の油の旨味が誘われ活性化。平川さん言うところの「バリッと食べる」感覚のちょっと硬い食感もよく活きた、外身のエッジと中身のやわらかな旨味とが共存する充実の一品。多彩と言うよりはカチッとモノクロームな魅力。TBS「新チューボーですよ!」でも紹介された"街の巨匠"のベーチー。

§ §

 ポテトがまた硬めの揚げ加減。これに旨味と甘味の利いた自家製ケチャップがまた合う! ケチャップは今も変わらず販売中。瓶持参で100円引き。

 最近新調したというテイクアウト/デリバリー用の箱がこちら。蓋にバーガー・サンド全メニューが書いてあり、"□"を"レ"するだけというアイデアもの。只今スタッフ募集中!




# 286 BUTCHER'S TABLE [大泉学園]


― shop data ―
所在地: 東京都練馬区東大泉2-9-18
    西武鉄道池袋線 大泉学園駅歩9分 地図
TEL: 03-5947-4414
URL: http://butchers.jp/
オープン: 2009年5月8日
* 営業時間 *
平日: 11:00〜15:00LO, 18:00〜23:00(22:00LO)
土日祝: 11:00〜23:00(22:00LO)
定休日: 無休(要確認)

2015.8.28 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 23:04| 【二ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする