2013年11月09日

【二ッ目!】 FATZ'S [高円寺] のThe Aguacate TOPPING bacon




 薄曇りのすっきりせぬ天気の下、この日は東京・高円寺のFATZ'S(ファッツ)へ。午後6時ちょうどに店に着くと、夜の開店時刻と共に店の中へ入る先客の姿が3人。こちらも連れ立って3人。計6人の客が8席の狭い店内を占めた。

 食べたのはThe Aguacate(アグアカーテ)¥1,000にベーコン¥150のトッピング。〆て¥1,150。フレンチフライ、コールスロー付き。



特集 ◆ アボカドバーガー



 "Aguacate"とはスペイン語で"Avocadoのこと。スライスして扇状に広げたアボカド2分の1個がパティの上に……という話の前にこの夜飲んだビールを。

 ビールはサンフランシスコ"ANCHOR BREWING"の"Brekle's BROWN"。ブラウンエール。ちびちび、ゆっくり傾けながら都内屈指のバーガーを頬張る、この贅沢。


 薄くスライスしたアボカドの上からコブサラダドレッシング。ベーコンはアメリカ人好みに強く焼き込んでクリスピー。オートミールの乗る甘いバンズの裏にマスタード&マヨネーズ。レッドオニオンの辛味がよく利いている。粒マスタードの酸味と苦味も「キュン!」とおいしく利いている。だが最もよく目立っているのは品名の通り、「アボカド」だ。"イヤ"と言うほどアボカドを感じるバーガー。

 パティとの関係が面白い。まったりクリーミーなアボカドに対し、その下のパティはザラついたドライな食べ口。しかもしっかりコゲ味。「やわらかなもの」と「硬いもの」という食感の組み合わせは、これまで出合ったことの無いパターンである。

 大概はパティとアボカド、どちらも「やわらか」であるか、硬めなパティのときにはもう一つ馴染まない印象を受けるものだが、このアグアカーテの場合、食感が違うことで両者それぞれ存在が「立って」おり、「硬」「軟」2種類の食感を同時並行的に味わうことが出来るという、ちょっと変わった造りになっている。

§ §

 パティは国産牛使用の120g、ガス火のグリルで直火焼き。さすがアメリカ人、肉の焼き方・焦がし方が絶妙で、最早その辺はお家芸、「お手の物」といったところ。「肉らしい肉」にマイルドなアボカドを合わせた、都内においては異色な一品。




# FATZ'S [高円寺] のEl Panocha
# FATZ'S [高円寺] のThe Bada Bing
# FATZ'S [高円寺] のSloppy Joe
# FATZ'S [高円寺] のザ・高円寺クラブ
# FATZ'S [高円寺] のBLUE ELIOT
# FATZ'S [高円寺] のTHE ABQ
# FATZ'S [高円寺] のEL CABRON
# FATZ'S [高円寺] のすだちスローバーガー
# FATZ'S [高円寺] のThe Philly
# FATZ'S [高円寺] のThe Carolina
# FATZ'S [高円寺] のTHE WW
# FATZ'S [高円寺] のThe 50/50
【スタンプラリー#11】 FATZ'S [高円寺] のカラミティ・ジェーン・バーガー
# 279 FATZ'S [高円寺]


― shop data ―
所在地: 東京都杉並区高円寺北3-21-19 ライオンズプラザ高円寺E号
      JR高円寺駅歩3分 地図
TEL: 03-6762-3939
URL: http://fatzs.lolipop.jp/top.html
オープン: 2011年4月29日
  * 営業時間 *
火〜土: 12:00〜15:00, 18:00〜22:00
日曜日: 12:00〜18:00
定休日: 月曜日・第3火曜日(要確認)

2013.11.9 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 【二ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック