2013年11月03日

# バーガーキングのフィッシュサンド




 10月12日放送、テレビ朝日「お願い!ランキングGOLD 第2回ハンバーガー総選挙」にて"食のプロ"として審査を務めた"私の"審査結果、寸評。ハンバーガー部門エントリー商品全46品、これがいよいよ最後の1品。バーガーキング フィッシュサンド¥310。

 昨日が「フィッシュバーガー」で今日が「フィッシュサンド」。「サンド」の方が呼び方として正しかろうというのが私の意見。

# 5社のエントリー商品・全94品
# 私の審査結果、ハンバーガー部門上位10品



 白身魚はタイ産の「ホキ」を使用。ホキはニュージーランド近海の魚なので、その水揚げ地・加工地がタイであるという意味。モスの「フィッシュバーガー」もホキ。マクドナルドの「フィレオフィッシュ」は北太平洋で獲れた"Alaska pollock(アラスカポラック)"、これすなわち「スケトウダラ」。


 「サク」と軽快な衣と少し「モサッ」としているものの意外と口どけのよいライ麦バンズと。そして千切ったレタス。甘いドレッシングのようなタルタルソース。これはねっとりとなかなかクリーミー。ピクルスが豊富に入る。

 塩味の強さはチーズか。タルタルと混ざって甘辛い味に。ここまでの塩気は要らないように思った。後味にミルク感。

 フライドフィッシュも僅かの塩気。少し「ふるっ」とした白身でパサつきは無く、繊維の密集と言うよりはポロポロと細かな塊りに分かれるような身の崩れ方。タルタル&チーズと合わさって「まろっ」とした味に。口どけ好く、後味も悪くない。番組では15位圏外。

 サイドメニュー部門、バーガーキング BKチージーフライ¥320。定番メニューのように思っていたが、レギュラー化したのは意外や今年の3月から。

 カナダ産「ラセットバーバンク」種のフレンチフライに、隠し味に赤ワインを加えた甘いオリジナルミートソース。チーズはチェダーとモントレージャックの2種。三者三様に持ち味を発揮して見せ場あり。ことにミートソースのガーリックが食欲をそそる。難を言えば、ポテトにチーズが絡んで思う形に分かれず、食べ辛いことか。ウェンディーズの「フレンチフライ・チリ&チーズ」と同額の\320。私は今回の審査でウェンディーズを上に評価したが、その差は個人の好みの範疇。番組では10位圏外。

テレビ朝日「お願い!ランキングGOLD 第2回ハンバーガー&レトルト食品総選挙 2時間SP」

2013.11.3 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | シーフードバーガープロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック