2012年09月27日

【二ッ目!】 バーガーキングのワッパージュニア




 続けます。今度はバーガーキング。2007年に帰ってきて今年で5年。今や北海道から沖縄まで、1都2府6県に54店を展開中。本日はワッパージュニア¥310を。



 BKの看板商品、和風に言えば"名代"の一品である「ワッパー」のスモールサイズ。ワッパー¥420でワッパージュニア¥310。ワッパー直径約13cmに対し、ジュニアは約9cm。パティのサイズ、ワッパー4oz(113g)、ワッパージュニアは2.2oz、62.5g――。


 ジュニアと同サイズの商品にハンバーガー¥150があるが、こちらは野菜・マヨネーズなし。

 パティはニュージーランド産ビーフ100%。自慢の直火でグリル。バンズもサックリと噛み切れて食べやすい。後口に適度な甘味。

 ライトな甘口のマヨネーズと絡む、トマト、レタス、オニオンの印象が圧倒的で、それと比べると肉の存在は驚くほど薄い。ハンバーガーを食べているというよりも、野菜サラダをサンドして食べている感覚の方が強いか。それでは本末転倒、ワッパーの看板の名折れだ。

 救いはやはりオニオン。その辛味によって、肉より野菜の側に傾きかける針を多少肉の側に戻して、バーガー全体の味を上手に締めてくれる。


 ついでの一品BKチーズビッツ¥100。これは良い商品。ポテト、チキンは数あれど、「チーズをフライにした」メニューはコレぐらいでは無かろうか(詳細未調査)。4ピースにケチャップ付きで100円という手軽さも好い。

 ポテトにチェダーとモッツァレラのチーズ2種を加えてフライにしたスナック。なので純粋なフライドチーズではない。熱されているのでチーズの味はそこまでしないが、「もむっ」とした食感に満足を覚える。

§ §

 つまりBKで直火焼きの「肉」を味わいたいなら、BKのBKたるBKらしさを堪能したいのなら、俄然レギュラーサイズの「ワッパー」を頼むべきだと。

 ワッパーが大き過ぎるゆえのジュニアサイズであるワケだが、しかしこの場合の本旨は「BKを堪能する」「ワッパーを堪能する」という部分にある。その点に遠慮は無用。手加減無用。情けも無用。「食べ過ぎた」と思ったら、その分汗を流せ――という話である。変に「ジュニア」を薦めると「らしさ」が十分伝わらない気がしてならない。



# バーガーキングのBKリンゴ
# バーガーキングのハンバーガー
# バーガーキングのBKシングルベーコンチーズ
# バーガーキングのダブルワッパーチーズ
# バーガーキングのワッパー
# バーガーキングのバーボンワッパー
【最新情報】 12月18日、渋谷センター街に「バーガーキング」がオープンします
# バーガーキングのテリヤキワッパー
【最新情報】 6月8日、新宿に「バーガーキング」がオープンしました

2012.9.27 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 【二ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/392277158
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック