2011年10月15日

# 273 Sun2Diner [中目黒]




 3月11日金曜日に発生した東北地方太平洋沖地震、ならびにその後も起き続ける余震におきまして被害に遭われた皆さまに、心よりお見舞いを申し上げます。

§ §

 本年2011年7月20日、奇しくも「ハンバーガーの日」にオープンした、中目黒の新しいダイナーのご紹介。オーナーは三宿FUNGOの元店長。パティは自家挽き。バンズは峰屋。コーヒーは下馬NOZY COFFEEの焙煎豆を使用。

●ナカメ

 例によって、まずは中目黒(なかめぐろ)なお話から……。略して「ナカメ」。"オシャレ"な若者を中心に人気が高いエリアだが、それゆえ私には全くと言ってよいほど無縁な街であった。隣駅・祐天寺(ゆうてんじ)のフローラさんなら大好きだが、中目黒に特段の用は……無いなぁ。「今まで」は。


目黒銀座



 人気の目黒銀座商店街をズンズンズンと入って行く。一番街から始まって、二番街、三番街……最後は五番街で終わるそうなのだが、奥へ奥へと商店街をひとしきり進んだ突き当たり、「アレ? もうここで終わり?」と思わせるT字の交差点で立ち止まり、ふと右手角の店を見やれば、そこにSun2Diner(サンツーダイナー)。


 20坪弱。テーブル22席カウンター6席の、二方をガラスに囲まれたガランと広い店内は、以前はフレンチレストランだった。

 コンクリート打ち放しのフロアにアンティーク家具が並ぶその空間は、いまどきのカフェのようでもあるが、オーナー田嶋さんが1年間過ごした南カリフォルニア、サンディエゴのイメージとも重なる。壁の色は鮮烈なオレンジ、対してトイレは補色のシアンで、これまた鮮烈。


●FUNGO(ファンゴー)

 チャコールグリル、炭火焼きの店である。オシャレなアンティーク家具に混ざり、店内にスモーカーが置かれている。これでベーコンやチーズ、ソーセージなどを燻製にしている。


 オーナー田嶋さんは静岡県は磐田(いわた)のご出身。そう、場所柄根っからのサッカー少年で、小学校来ずっとサッカーをして過ごした。

 自分の店を始めようと思ったのは二十歳の頃。これから「何をする?」と自問したとき、「人が幸せそうに過ごしている空間をつくりたい」という答えが返ってきた。食事をしているとき、ごはんを食べているとき……このひとときこそが、年齢、性別、国籍関係なく、誰もが幸せになれる瞬間である――食べ物に関わる仕事がしたい。


 そう胸に決め、和食の道に進むこと6年。しかし和食店など山と在るワケで、そんな中の独立など先も見えない。……と悩んでいたところに、三宿(みしゅく)のサンドイッチレストランFUNGOのオーナーから働かないかと声を掛けられた。実は田嶋さん、1996年の開店時の、ファンゴーのオープニングスタッフだったのである。

 こうしてファンゴーへ"移籍"。AS CLASSICS DINERの水上(みなかみ)さんが、ファンゴーの店長を務めていたのはこの頃である。

 サンドイッチもハンバーガーも田嶋さんにとっては初めての世界……世田谷公園向かいの、マリンブルーのファンゴーの店内で、それこそこどもからお年寄りまで、年齢問わず、国籍も問わず、お客さんたちが手に手にサンドイッチを楽しんでいる……その様子を見て「コレだ!」と直感した田嶋さん。これこそが二十歳の頃イメージしていた「人が幸せにそうに過ごす」空間だと確信し、バーガーとサンドイッチの道に進むことを決意した。


●パンケーキ

 FUNGOには6年弱。水上さんの次の店長として活躍。昨年末に退職後、いよいよ自分の店を始めるべく、物件探しに取りかかった。

 代々木、自由が丘、代官山などを候補地に考えていたが、結局今の場所に落ち着く。一度は決まりかけていた物件だったが、キャンセルが入り、すかさず申し込み(そんな話、この前もどこかで聞いたような)。駅から少し歩くが、角地で場所は好い。ジャンカデリックやジビエ料理店など、近くに有名店も多い。

 地元客がもっぱら。週末は朝9時からモーニング営業。パンケーキのプレートが人気に。昼間っからのんびりモヒートやワインを傾ける人も。今夏はサッポロ白穂乃香の樽生が好評だった。BGMはほんのりボサノヴァ。


●スモークチーズ

 サンドイッチ6種、ハンバーガー類7種。ごはんもの3種。自家製ベーコンもさることながら、骨付きのジャークチキンが自慢。


 田嶋オーナーお薦めのチーズバーガー\1,200。パティは産地ひ・み・つ(笑)。ブロック肉から手挽きする自家製120g。これをチャコールグリルで焼いている。コゲが「ぷ〜ん」と何ともイイ香り。相当な粗挽きである。以前のエーエスのパティのような、ゴリゴリ、グリグリとした硬めな肉粒感。食べ始めはある種の"違和感"を覚えるが、食べ進むうちに歯応えが気持ち良くなってくる。

 塩コショウのみのシンプルな味付けで、激しさは無し。ソースも無し。上下バンズの裏側にわからない程度のマヨネーズのみ。全体に淡めな調和。その点を物足りなく思う人も居るかも知れないが、逆に言えば世の中いかに作り過ぎたハデな味が多く、舌がそれに慣れているか――ということでもある。これくらいの自然な味わいを私は最近強く推している。


 バンズは探し回った末、峰屋。酒種の天然酵母を使っているが、甘くない。「粉の甘味を活かしたい」というのが、峰屋に依頼する際の田嶋さんのリクエストだった。小麦の香りがほ〜んのり漂う、ほ〜んのりした甘さ。焼きが強く、持つとカチッとした手触り。生地も硬め。少し硬いか。

 「一番おいしい状態」ということでオニオンはグリルド。最近グリルする店が増えてきた。

 チェダーか自家製スモークチーズから、チーズは二択。スモークチーズはゴーダをブロックごとスモークしている。これがたまらぬ美味!バーガー云々関係なく、この味だけでイケてしまう反則モノ(笑)。その余韻をしみじみと味わって欲しい。強いソースなどかけてしまったら台無し。

 材料そのものの味わいを活かした、無理のない自然な味付け。カギはディルピクルスの酸味。炭火焼きのパティと抜群の相性。終盤やや平板にも感じるが、こういうバーガーこそ末永く愛されると私は思う。


●SIMONELLI(シモネリ)

 コーヒーがまた美味。酸味があるが香りは甘く、スッと引きの良いほどよい軽さ。下馬(しもうま)の名店NOZY COFFEEの焙煎豆を使っている。FUNGO時代に店長として出席していた三宿四二〇商店会のつながり。


 その豆をSIMONELLI(シモネリ)のエスプレッソマシンで淹れている。ボタンを押すだけの便利なマシンでなく、操作の複雑なものを敢えて使うのは、スタッフに「コーヒーを大事にして欲しい」から。

 調整が難しいチャコールグリルを使うのもそうだが、言われた通りにさえすれば誰もが出来るような単純な作業ではなく、「挑戦する楽しみ」、新しいものを「発見する楽しみ」を日々の仕事に見出したい、求めたい――という、田嶋さんの考え方の表れである。いわゆる「オペレーション」という概念からすれば外れているのかも知れないが、しかし田嶋さんの下には優秀な人材が育ちそうだ。

§ §

 秀逸なロゴマークは"パパ友"のデザイン。店名は文字通り「太陽」。息子さん二人がともに太陽に因んだお名前で、その二人の名を合わせて"Sun2"なのだが、でも「サンツー」はちょっと言いにくい&覚えにくいかな。

 和食の料理人から老舗ファンゴーの店長へ――その引き出しの多さを今後大いに期待したい一店。




# Sun2Diner [中目黒] のアメリカンドリームバーガー
# Sun2Diner [中目黒] のアボカドチーズバーガー
# Sun2Diner [中目黒] のチポトレメキシカンバーガー
# Sun2Diner [中目黒] のブラウンマッシュルームバーガー
【スタンプラリー#09】 Sun2Diner [中目黒] のカラミティ・ジェーン・バーガー
# Sun2Diner [中目黒] のベーコンチーズバーガー


― shop data ―
所在地: 東京都目黒区上目黒2-43-11 小川ビル1F
      東急東横線・東京メトロ日比谷線 中目黒駅歩8分 地図
TEL: 03-5724-3330
URL: http://sun2diner.com/
オープン: 2011年7月20日
* 営業時間 *
平日:11:00〜15:00, 17:00〜24:00(23:30LO)
土日祝:9:00〜24:00(23:30LO)
定休日: 火曜日(要確認)

2011.10.15 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 帝都編◆都東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック