2011年06月12日

# 262 JACKSON HOLE [調布]




 3月11日金曜日に発生した東北地方太平洋沖地震におきまして被害に遭われた皆さまに、心よりお見舞いを申し上げます。

§ §

 お待ちかね! 晴れて6月14日放送、テレビ朝日「やじうまテレビ! こだわり旬感ランキング」に登場の店3連発!

 まず最初のお店――幹書房刊『THE BURGER MAP 首都圏版』では既にご紹介済み、東京・調布のJACKSON HOLE(ジャクソンホール)。

※なお当記事、日付は「6月12日」付ですが、14日の「やじうま」放送終了を待ってアップしております。

やじうまテレビ! 教えて!あの店あの情報
# I-Kousya [水道橋] のブルーチーズバーガー(再々食)
# 263 gem's burger [吉祥寺]


 この日は「やじうま」のロケハンで3店をハシゴ。吉祥寺から調布へと移動したのだが、電車だと京王井の頭線で明大前まで一度戻り、京王線の本線に乗り換えて、ほぼ同じ距離を逆「く」の字を描くように戻るという遠回り。直線で移動する方がはるかに近い……と後日調べてみると、吉祥寺−調布間には路線バスが通っている。

 その調布のバスターミナルぶりが凄い。行き先は渋谷、東急の二子玉川、JRの武蔵小金井、小田急の成城学園、さらには柿生(神奈川県川崎市)や鶴川(東京都町田市)といった関連性不明な遠方まで向かう路線も。


 ジャクソンホールと言えば『NANA』である。作者矢沢あいさんとコノ店の関係については詳しくないが、漫画にも映画にも登場するばかりか、ウィキペディアのNANAの項にまでコノ店の記述がある。

 3年前までは南口に在った。なので漫画に描かれている店はその頃のもの。今は北口。話題になってからしばらく経つが、いまだにファン巡礼の地として全国的な知名度を誇っている。

 ところが……昨年辺りから調布は「ゲゲゲ」の街として広く知られるようになった。「NANA」から「ゲゲゲ」へ――しかし同音の繰り返しという構成は不変である。

 名誉市民水木しげる氏は調布市在住半世紀余。今や鬼太郎一色に染まる天神通り商店街を進むと、その出口に不意に出現する、コノ派手派手しいアメリカンの、その唐突さ。


 ジャクソンホールとはアメリカ中西部ワイオミング州にある、スノーリゾートで知られる観光地の名である。ワイオミングは別名"Cowboy State"というくらいで、店内はスタンディングカウンターと2階のロフトが螺旋階段で結ばれる、クールなウェスタン調。ないしは雪山の暖かなロッジ――そうした意味では河口湖のカナディアンなハンバーガーショップ「MOOSE HILLS BURGER」にも通ずるものがあるか。

 同ビル2階の「Surf dinner Schrak(シュラック)」が1号店。ジャクソンホールは2号店に当たる。1999年オープンの、この道12年の老舗である。

 『NANA』の店である以前にハンバーガーの店。ハンバーガーの店である以前に、ズバリお酒の店である。REDHOOK ESBをはじめ入手困難なアメリカのボトルビールも。酒を飲みつつ、豊富なフードメニューをつまみつつ、最後の締めくくりはバーガー……というのがコレ、勝利の方程式。


 バーガー類3品。ランチ限定テリヤキバーガー¥430、日曜限定プレミアムジャクソンバーガー¥600と合わせ、計5品。まずは「いろは」の「い」から、"言わずと知れた極旨バーガー"ジャクソンバーガー¥550。チーズがデフォルト。

 ミートソースがかかったバーガー。わかりやすく言えば、モスの「モスチーズバーガー」¥350にほぼ近い構成。米国に親しんだオーナーが、本場の味をより「日本人好みに」と考えて作ったミートソースがこのバーガーの中心的存在である。


 ポイントはずばり価格である。A.550円という値段で出すためにあらゆる努力を惜しまぬとともに、B.550円でありながらもしっかりと特徴が表現出来ている――以上2点に集約される。

 パティ90g。小ぶりで食べやすく、そして持ちやすいサイズ。それでもビーフ100%。ミートソースは油くどく無く、ニンニクくどく無く、意外なくらい軽くてやさし〜い味わい。その何ともマイルドなスパイス使いは、飲みの「締め」でもスルスルと胃袋に収まる心地好さ。パティがよくほぐれ、ミートソースと絡んで、旨味が形成される。

 生地の中に白ゴマが入った奇妙なバンズは、表皮(クラスト)がゴリゴリとして、ややドライ。ハンバーガーに使うにしてはかなり甘めなのだが、しかしその甘さがバーガーを一層食べやすく、巧みにリードしている。ソースの下にマスタード。トマトはグリルド。甘味が増すとともに、いつまでもホカホカ。

§ §

 550円の「ちょっとした」バーガーでありながらも「また食べたい!」と思わせる魅力をしっかりと放っている。食べやすさ、値段の安さ、おいしさ――三拍子揃った逸品。

 「飲みの締めのバーガー」という点では、北千住の「蜂の巣」と相通ずるものがある。何よりこの手ごろなサイズなら、帰りがけに「ひとバーガー寄って帰ろうか」という気も起こさせるだろう。調布にお住まいの方は幸せである。

 『NANA』にも『ゲゲゲ』にも負けぬ、調布が生んだ名作。



# JACKSON HOLE [調布] のジャクソンバーガー

― shop data ―
所在地: 東京都調布市布田1-3-1 イエローストーンビル1F
    京王電鉄 調布駅歩5分 地図
TEL: 042-486-3951
URL: https://www.facebook.com/JacksonHoleTokyo
オープン: 1999年5月7日
* 営業時間 *
月〜金: 11:30〜14:00, 17:30〜25:00
土曜日: 11:30〜15:00, 17:30〜25:00
日曜日: 11:30〜15:00, 17:30〜24:00
定休日: なし(要確認)

2011.6.12 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 帝都編◆都西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/392276785
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック