2011年04月01日

【最新情報】 4月2日発売の『モノ・マガジン』、ファストフードの特集に寄稿




 3月11日金曜日に発生した東北地方太平洋沖地震におきまして、被害に遭われた皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。

 4月2日発売の『モノ・マガジン』2011年4月16日情報号にて一文書かせていただいております。

 誌名の通りの「モノ」を扱う雑誌が、めずらしくフードの特集です。題して「ファストフード、マジうまいっす!」。




 ハンバーガー、ホットドッグ、そしてなぜか「焼き鳥」という異"食"の顔合わせで、ハンバーガーショップは都内8店+1店が紹介されています。

 8店の選定や取材はモノ・マガジン側がおこない、私は特集冒頭の文章のみ担当しました。「ハンバーガーはこんなにすばらしい食べ物なんだ!」ということをお伝えする、いつもながらのお役目を一生懸命させていただいた次第です。

 特に今回は、1個1,000円するプレミアムバーガーに馴染みのない読者も含まれるかと思い、そうした方々に向けた説明を心がけましたつもりです。


 8店はまぁ王道と言いますか、手堅い選び方です。当初は10店の取材を予定していたそうなのですが、震災による影響から(取材当時)、2店が取材できなくなったと聞いています(あ……2店抜けたのがあのページか)。

 写真の撮り方がユニーク。さすが普段「ブツ撮り」に命を懸けている雑誌だけあります。写真に力があるんですよね。

 写真だけでなく切り口自体が、料理系の雑誌や総合誌などが取り上げるのとは、またひと味違うものであるように感じます。そもそもが「モノ」のひとつひとつに迫り、掘り下げてゆくような雑誌ですからね。

 そこまでコマゴマした特集にはなっていませんけれど、あまり大仰に広げ過ぎずに、几帳面にカッチリとまとめた、テーマにブレのない特集です。


 そうした「別角度」「異分野」からの視点が加わるほどに、ハンバーガーはさらにさらに面白くなってゆくのではないかと期待されますね。むしろこうした食"以外"の分野へのアピールを今後盛んにしてゆきたいところです。

 面白いのはピクルスの専門店が出て来たり、シカゴのホットドッグ店が紹介されていたり、なかなか読み応えのある、と言うか、「読ます」特集に仕上がっています。

 そして文字通り「トリ」を務めます(あ、まさか←ソレそのまんまの台割り意図なのか?)、「意外過ぎる」焼き鳥特集!またこの焼き鳥の撮り方が秀逸!実に「肝」の据わった撮りっぷりで――。

§ §

 私は本当に今回、自分のパートだけを仕上げた感じなのですが、出来上がって本編と合わさってみたら、なかなか面白い特集で良かったぁ〜という感想です。本編のパワーに負けていない序文になっていれば良いのですが――。

 で、この記事中では計4店の写真だけを使いましたが、のこり4店ははたしてどこなのか……。どうぞ4月2日発売の『モノ・マガジン』2011年4月16日情報号でお確かめ下さい。詳細は下記URLで。



『モノ・マガジン』2011年4月16日情報号


2011.4.1 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 【最新情報】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック