2010年12月23日

【二ッ目!】 マクドナルドのクォーターパウンダー・チーズ(再食)






 前回から続きます――マクドナルドクォーターパウンダー・チーズ、単品\360。

 今回最大の争点は、ダブルクォーターパウンダー・チーズのビーフのおいしさは、1.ダブルだから味わえることなのか、2.同様にシングルでも味わえるのか――というところ。

 ……それでは、結果を発表します(←鹿賀丈史風に)。



 結論から言うと、「クォーターパウンダー・チーズ」と「ダブルクォーターパウンダー・チーズ」はまったくの別物と言ってよいほどに、その味わいが異なります。

 実に不思議なくらいに、パティを1枚にした途端、バンズがモサッとしだして、ケチャップが増し、塩気も増して感じられ、そして肉の味がしなくなります。ケチャップに消されてしまっているカッコウ。

 予想以上に差が大きかったため、そのまま続けてもう一度「ダブル」を食べてみました――締めて4分の3パウンド(笑)。


 さてパティ2枚で食べると……俄然「食感」が違ってきますね。肉らしさというものが「ふっくらとした食感」というカタチで伝わってくるのが、このダブルです。

 2枚にすると、バンズのもっさりドライな感じが気にならなくなり、前回言っていたようなサクッとした食べやすさや、歯切れの良さと言った良い面が出て来るようになります。

 2枚にするとケチャップ、マスタード、オニオンはじめ、あらゆる具材および調味料の加減が、まさに「塩梅」好く、何よりビーフの味がはっきり前に立って、「趣旨鮮明」と言うか、明確に何を食べさせたいのか――2枚にして初めてソレがよく解る造りになったかと思います。

 というワケで、やっとコノ店の「好物」と呼べそうなメニューが出来たかな……というのが、この「ダブル」です。

§ §

 クォーターパウンダー・チーズはパティ1枚にチーズ2枚、ダブルはパティ2枚にチーズ2枚――おそらくですが、パティが1枚多いか少ないかだけの違いで、その他具材・調味料はすべて同じ分量のように推測されます。

 となると、前回讃えた「計算」に関しては、偶然の産物かも知れませんね(笑)。1枚ではアンバランス、2枚の方がはるかにバランスよく思えますんで。

 ただまぁ、肉の「味」に関しては、またちょっとした議論があるのですが、一遍に書くとややこしくなるので、また次回ということにしておきましょう……。

 再度結論――マクドナルドで食べるなら、断然ダブルクォーターパウンダー・チーズ!ソースだの、具材だの、ごちゃごちゃ挟む必要ありますか? (つづく)



この世はまったくクリスマス

【二ッ目!】 マクドナルドのダブルクォーターパウンダー・チーズ
【二ッ目!】 マクドナルドのクォーターパウンダー・ベーコン&バーベキュー
【二ッ目!】 マクドナルドのグラコロ
【二ッ目!】 マクドナルドのチキンタツタ
【二ッ目!】 マクドナルドの月見バーガー
【二ッ目!】 マクドナルドのビッグマック
【二ッ目!】 マクドナルドのクォーターパウンダー・チーズ
# ファストフード ◆ マクドナルドのたまごダブルマック
# ファストフード ◆ マクドナルドのハンバーガー
# 002 マクドナルド


2010.12.23 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 【二ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/392276643
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック