2010年05月19日

# 231 frisco [下北沢]




 全国ハンバーガーショップ&ダイナー スタンプラリーvol.1と同時進行、探求と言うよりバーガー「研鑽」の旅。

 筆の向くまま書き進みますか。すべては書き切れないと思いますが――。

 下北沢のカウンター7席だけの小店frisco(フリスコ)。雑居ビル1階の奥の奥に人知れず在る、それこそ星新一のショートショートに出て来そうな異空間的シチュエーション。



 店主・森崎さんは36年間アメリカに在住。米国内で職に就き、年金はアメリカから支給される。飲食はズブのシロウト。

 暮らした街はサンフランシスコ(桑港)。オーティス・レディングの「(Sittin' On) The Dock Of The Bay」に「'Fricso Bay」という歌詞が出て来るが、この「'Fricso」がサンフランシスコの古い異称で、店名の由来。ただし店名は頭が小文字。ドック・オブ・ベイの歌の主人公は、港に座って日がな郷愁に明け暮れるが、'68年単身渡米した森崎青年は、エアポートへ行って孤独を紛らせた。

 渡米は1968年。当時まだサンフランシスコの街中に残っていた、爺ちゃん婆ちゃんが炭火を使って焼く街の小さなハンバーガーショップを知っている。その当時の味を「ただ忠実に再現しただけ」というのが、コノ店。

 こうした小店は確かに70年代初頭まで存在していたが、マクドナルドの台頭により70年代後半にはほぼ無くなって、ハンバーガーは炭火でなく鉄板で焼くように変わった。かつては町で煙が立っている所がハンバーガー屋であり、町々に自慢の名物バーガー店があった。本場アメリカでも今や絶えた、60年代の味を忠実に守るハンバーガー店、それがフリスコである。


 当時の店がやっていないことをひとつだけやっているとしたら、それは……。

 アメリカ人はどうすればいちばん肉がおいしく食べられるか、よく知っている。アリゾナの有名なステーキ店で、凄まじく色の悪いステーキ肉を食べた店主は、あまりのおいしさにびっくりした――それがカギである。「ハンバーガーはステーキじゃなければいけない」。

 ハンバーガーにはルールがある。ソースの類はかけない。マヨネーズもかけない。乗せる食材も決まっている。アボカド、パイナップル――有り得ない。パティに合挽肉は論外、つなぎは入れない――それらは日本の文化。

 「コレが無かったらハンバーガー屋やってなかった」と言わしめる食材は、テキサス産のピクルス。シーズニングの使い方が独特な、ピリリと辛味の効いた一品。タテにばっさり割ってパティの下へ。本来あちらでは挟まず外に付いてくることの方が多い。

 もうひとつ、「コレがフリスコを救った」というのがバンズ。いいバンズが無いから店閉めようかと考えていたところ、開店3ヶ月後にようやく今のバンズに巡り会った。だからと言って何か特別にすごいものでもない。肉より出過ぎず、しかし最低限の主張を持った、ごく普通の一品。

 メニューにはベーコンすらなく、ハンバーガーかチーズバーガーの2種類。あとはそのダブル、トリプル……シンプル!チーズバーガー\850。パティは炭火の遠赤効果がよく効いており、表面パサッと硬く、日本人にも受けるやわらかさを中に残す。例えるなら「カツオのたたき」に近い二層をご想像いただけたら。中はやわらかいんだけど、表面しっかり火を通し――という感じ。実に素朴に、しかし強烈に肉のニオイと炭のニオイ。そして塩コショウ。それだけ。店そのものが炭のニオイ。その炭のニオイに包まれて食べる。

 ピリッと辛いピクルスの下に、今時分の辛過ぎないオニオンが生で続く。このシンプルな組み合わせではミョウにトマトが活きてくる。野菜の質は米国より日本の方が上。熟成させた肉の旨味も加わって、店主の自己採点は「120点」の再現度。

 シンプルだが、芯のある一品。アメリカ人にとってハンバーガーは特別な食べ物ではない。このバーガーも決して特別ではない。ご馳走でも高級品でもない。日常当たり前に口にする中にあって、超絶にベスト。

 ドラフトはめずらしいサッポロの北海道生搾り\600。ミラーのようなサラッとした飲み口が主体だが、ミラーよりは麦クサさを感じる。

§ §

 お年の頃も近く、7025 Franklin Ave.の松本さんと対極を成す存在感。その語り口は札幌ハンバーガー リサの山田ツクル氏を彷彿とさせる。上記3名に共通点あり。

 「年取ったら自分の好きな店作って、自分のやりたいようにやりたかった」というのがこのハンバーガースタンドである。60年代西海岸の雰囲気を21世紀の東京に伝えるハンバーガー。言わばサンフランシスコから日本に持ち帰ってきた「おみやげ」みたいなもの、と店主。歴史を味わえ。




【二ッ目!】 frisco [下北沢] のハンバーガー

― shop data ―
所在地: 東京都世田谷区北沢2-34-11
      小田急・京王 下北沢駅歩5分 地図
TEL: 03-3468-5744
オープン: 2005年8月9日
営業時間: 11:30〜21:00(パティ無くなり次第終了)
定休日: 火曜日(要確認)


2010.5.19 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 23:26| Comment(12) | TrackBack(0) | 帝都編◆都西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。。。?

以前雑誌「ハンバーガーストリート創刊準備号」の増刷分が、店頭に並ぶかどうかの時期に直接送っていただいた者です。

コメントを書かせて頂いたのは、このお店が自分の炭焼きパティのバーガー初体験、初感動のお店で、記事を読んで大変に沢山の部分に共感した次第なのです。

ここ数ヶ月行ってないので、オーナーが言う「急に食べたくなるらしいんだよ、うちのは(ハンバーガー)」を実感している所にこの記事、また伺いたくなりました。

いつも楽しい記事に、オーナーやお店のバックグラウンド、スタンプラリーも楽しく進行中です。
お体に気を付けて、日々記事から企画から、雑誌も楽しみにしています。
Posted by ?髑髏? at 2010年05月22日 07:34
?髑髏? 様

コメントありがとうございます。そうですね、こちらのお店、己の節をきっちり通してやまぬ名店と評したく思います。こういう店こそ真に評価されるべきでしょう。単なる流行り・廃れ、人気・不人気で動いていない部分に強く強く惹かれます。

ありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。
Posted by ハンバーガーストリート at 2010年05月23日 13:04
写真、懐かしく思いました。文章はさすがですね!
ご無沙汰いたしております。
やっと、店舗見つけました。 正式な契約がまだ
ですので、店舗の住所は書けませんが、、、
駅名は、、中野です。
予定では、来年1月末から、内装にかかりたいと
思いますので、オープンは2月末を希望して
おります。
近いうちに頑張ってブログを作りたいと思います。
また、お会いしたいですね。
Posted by 森崎 実 (フリスコのおじさんです。) at 2010年12月09日 18:16
Frisco知った時には、もうなくなっていたので、中野オープン楽しみです
早くオープンしないかな?
Posted by 林道郎 at 2010年12月09日 22:03
その後、friscさんの新店舗は、いかがな進捗なのでしょうか?
楽しみにしております。
Posted by ボラカイ島で老後 at 2011年02月11日 00:55
色々ご迷惑をおかけしましたが、現実を見つめ、色々と
考えたうえ、福岡で再開することにいたしました。
いつの日か東京に戻れるようがんばります。
Posted by morisaki at 2011年04月24日 00:24
morisaki 様

え〜〜っ??!
Posted by ハンバーガーストリート at 2011年05月04日 05:07
ボラカイ島で老後 様

↑↑そんなワケですので――。
Posted by ハンバーガーストリート at 2011年05月04日 05:08
ご存知の方も多いと思いますし、
(おじさんの名前のリンクに貼ってありますが)
一応。

フリスコのおじさんがブログ始めました。
URLを貼っておきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/morisaki48/folder/93887.html

あのハンバーガーのためだけに初の九州上陸を
考えちゃいました。きっと実現しますが。
下北におじさんがいないのはやっぱし寂しいです。
九州でも頑張ってください!
Posted by とおりすがりの元常連 at 2011年05月08日 12:59
とおりすがりの元常連 様

ありがとうございます。水曜日に森崎さんご本人とお会いしました。
Posted by ハンバーガーストリート at 2011年05月13日 05:04
先日、福岡のお店に行ってきました。

場所は変われど、森崎カラーは健在で、
福岡のお店は初めてでしたが、懐かしい感じさえしました。
(貼ってあったパネルやドアまでも同じだったせいかもしれません。笑)

もちろん、あのバーガーも健在でした。
交通費だけでハンバーガーがいくつ食べれるかわかりませんが、
また絶対に行こうと思いす。
Posted by とおりすがりの元常連 at 2012年02月27日 12:39
とおりすがりの元常連様

2度目のコメントありがとうございます。大変遅くなりました。

森崎さんご健在で……私もご挨拶しておかないといけないのですが。friscoにはぜひあのスタイルを頑ななまでに貫いて欲しいです。福岡だろうが何処だろうが。ソレができるのがfriscoであり、森崎さんでしょう。私はいつ行けますやら、てんで予定が経ちませんが。
Posted by ハンバーガーストリート at 2012年04月10日 20:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック