2009年10月03日

【二ッ目!】 ウェンディーズのねぎ焼肉ウェンディーズ




 販売が「10月6日まで」ということなんで、早いとこ上げます……我が最愛のウェンディーズねぎ焼肉ウェンディーズ、パティシングル¥350、ダブルで¥450。



 先日食べたスモーキーバーガーのネギとの相性の好さを思い出し、食べてみた。あとネギ使いということだと、MAHALOさんやフレッシュネスもご参考に。

 要は焼肉のタレを絡めたビーフパティに白髪ねぎを添えたバーガー。

 そのタレがたっぷり絡んだパティは、言わばミートボールまたは肉団子的。ただミートボールにしては肉につなぎを入れていない分、本来のソレよりもドライに感じる。

 それにしてもソースが強過ぎかなぁ〜。ねぎは味顕著。わかりやすく効いていて、ここは危なげ無し。口に運ぶと確かにコチュジャン(苦椒醤)の味噌な香りが間隙を鋭く突いて滑り込んで来るのだが、タレの醤油も相当なので、ま、どちらにせよ発酵系ですな。このタレの量を考えると、パティはダブルで正解。内部までソースが染みないので、その「染み込んでいない」部分でパティ本来の味と食感を確認する感じ。レタスに代わって収まるサンチュは「え? サンチュ??」という程度。

 まぁ唐辛子も効いてるし、ニンニクも効いてるし、白ゴマもクドからず効いてるし、ノドを痛めてる人にはオススメできないが、まぁ……何にせよ辛(から)いです。塩辛いです。おかげでウェンディーズ本来の肉やバンズの旨味・甘味からはだいぶ遠のいてますが。濃い味好きの人にオススメ。と言うか焼肉やるのにミンチ肉じゃ、やっぱり変だよね。違和感。

§ §

 完全なる余談です。参考にして下さい。

 私の味覚でゆくと、世の多くの飲食店の味付けを「からい」と感じます。からい=味付けが濃い、塩分が多い――という意味ですね。では「味付けが濃い店すなわちダメな店なのか」というと全くそういうことではなくて、濃い目のしっかり・ガッツリした味付けのお店であっても、それに意味と必然性が感じられれば、おいしく戴くことが出来ます。ですから「からい=不必要に濃い味付け」ということだと思いますね。必要以上の塩分量について「からい」と感じるワケです。ま、私における「必要」と、みなさんにおける「必要」は個々に全く違うワケなのですが。

 かく言う私は家では、ほうれん草のおひたしはお醤油かけません。冷や奴もときにお醤油かけません。サラダにマヨネーズ、ほとんど使いません。サラダはときにドレッシングなしで食べます。とんかつのキャベツ、ソースかけません。

 ちなみに我が家ではお醤油のことを「おしょゆう」と言います。取り皿、小皿のことは「おてしょう」です。「おいしくない」は「もみない」ですが、コレは使うことはありませんネ。

# ファストフード ◆ ウェンディーズのスーパーメガウェンディーズ
# ファストフード ◆ ウェンディーズのJr.ハンバーガー
# 001 ウェンディーズ


2009.10.3 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 16:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 【二ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
偶々ですが、宮尾登美子の小説「仁淀川」(新潮文庫)を読み直していたら
123ページに

「綾子は三好家の人となってのち、自分が釜屋を受け持つ客宴はこれがはじ
めてだけに、前日からいちに聞いて料理を決めたのち、倉に入って皿鉢、物
据え、徳利、盃台、お手塩を取り出し、滅多に掃除しない表座敷を…」

とあり、最初に読んだ時には「お手塩」の意味が解らないまま読み捨てて
いましたが、貴殿のお陰で意味が解りました。
ただ、高知では今日「おてしょう」は使わないので、機会が有りましたら
宮尾先生に聞いてみたいと思っております。

因みに大阪で修行経験の有るカリスマ美容師Kは京都の先輩が使っていた記憶
があるやに申しておりました。米子は京都に近いから普通に使うのですね。







Posted by タカシ。 at 2009年10月07日 13:02
タカシ。 様

コメントありがとうございます。

米子(よなご)は違いますね。山陰には短期滞在していただけで、血縁はありません。ちなみに「米子」読めない人いるので、読み仮名を振っておきました。
Posted by ハンバーガーストリート at 2009年10月07日 15:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/392276297
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック