2009年09月06日

【二ッ目!】 マクドナルドのビッグマック



 例によって電源使用のためマックへ入ったワケですよ――使い勝手最高! スゴイぞ、マック!

 すると「7日間だけのBIGMAC\200」なるキャンペーンを展開していて(8月28日〜9月3日)、試しに乗ってみた次第です。ビッグマック、通常¥290〜¥320のところ、7日間だけ¥200!



 ちょっと調べてみたところ、スゴイですね。何でこのようなことをこんな場で訊くのかが、そもそもわからんという質問→ ビッグマック - Yahoo!知恵袋

 こちら Wikipedia の説明。大変「ためになる」説明と、明らかに「不要」と思われる文章とが混ざっているので要整理→ ビッグマック - Wikipedia

 まぁとにかく、上バンズ(クラウン、crown)と下バンズ(ヒール、heel)の間に「クラブ(club)」の挟まった、ダブルデッカー(二階建て)なハンバーガーなワケです。レタスは刻み。ホットドッグ的。他に刻むお店はたとえば「オートマン」、「ハニービー」もそう。

 ビッグマックの「どうしても、食べたくなってしまうのはなぜ?」という味に関して、長年引っ掛かっていることが2つほどあります。ひとつはソース。もうひとつはピクルスですね。


 「マスタード、オニオン、スイートレリッシュに辛みフレーバーを程よくブレンド」した門外不出のスペシャルソース、「ビッグマックソース」と呼ぶそうですが、コノ味には正直いまだに抵抗を覚えます。先述のWikiでは「サウザンアイランド・ドレッシングに似た」と説明あり、さらに英語版Wikiでは「The precise recipe for what McDonald's itself now calls Big Mac Sauce remains a secret, but it is recognized as a variant of Thousand Island dressing」とまで言っていますが、何にせよコノ味がどうも以前から垢抜けなくて。ゴージャスな味とも、特別な味とも受け止め難く。

 もうひとつ不可解なのがピクルス。いろんな方の「マクドナルド初体験」を聞いていると、初めてハンバーガーを食べた時「キュウリが入ってる!」とびっくりされた方もおられるようなのですが、確かに私も子供心に奇妙に感じました。日本の食には無い味なワケですよ、あの甘さが。おいしさ云々と言うよりまず味覚の違い、文化の違いに因る「違和感」でしょう。でも冷静に考えて、あのような味が果たしてハンバーガーの構成の上で本当に必要なモノなのかどうか……。ちなみに以前書いたように「フランクリン」のピクルスの存在というのは、意外とマックのソレに近かったりします。

 一度ビールと合わせてみたいかな? 結論はそれからでも。


# マクドナルドのクォーターパウンダー・チーズ
# ファストフード ◆ マクドナルドのたまごダブルマック
# ファストフード ◆ マクドナルドのハンバーガー
# 002 マクドナルド


2009.9.6 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 【二ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック