2007年11月29日

# アボカドバーガー ◆ J.S. BURGERS CAFE [新宿] のアボカドバーガー






特集 ◆ アボカドバーガー


アボカド 【avocado】

アボカド(avocado:学名 Persea americana)は中南米を原産とするクスノキ科ワニナシ属の樹木、またはその果実である。低温に弱く、主に熱帯、亜熱帯で生育する。樹高数mから25m程度の大きさで、濃い緑色の果実をつける。5月頃に花が咲き、果実の収穫は11〜12月頃。日本産のクスノキ科の植物でもっとも近縁なものはタブノキであり、タブノキの果実はアボカドの果実をうす甘くしたような味をしている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 

§ §


 ン?また名前変えましたか?J.S. BURGERS CAFE(J.S.バーガーズカフェ)のアボカドバーガーR\980。


 「アレ?ついに風邪引いちゃったかな……?」と一瞬自分の体調を疑うくらい、出るところの出ていないバーガーである。ヨソでは当然のように効いている塩やコショウがすべて抑え目・控え目で、予想される塩辛さやピリ辛さに身構えていても、いつまで待っても攻めて来ない。その辺り、コノ場所・コノ客層(販売系、20〜30代女性中心)を見れば確かに頷ける、実にヘルシーなイメージを打ち出しているバーガーである、と言えるだろうか。


 尖がった味のない、この鈍い感じにアボカドのマロさはすごくよく合っている。食べているこっちまでトロけそ〜になる、このスローなテンポ感……。峰屋のグラハムバンズは生地がやや張り過ぎている感はあるが、やはり鈍く重たーいところで旨味を効かせており、最後のひと口、モターッと丸く・鈍い余韻を残す辺りはさすが。


 スリル&スピード皆無。何とも「スロー」な感覚を持ったハンバーガー。時間をかけてゆーっくり食べたくなるバーガーですね。店の雰囲気とも客の雰囲気とも実によくマッチして、独特の世界感を醸し出していた。


# 051 STANDARD BURGERS [新宿]


― shop data ―

●新宿店
所在地: 東京都新宿区新宿4-1-7 3F
      JR新宿駅新南口歩3分 地図
TEL: 03-5367-0185
URL: http://standard-burgers.baycrews.co.jp/
* 営業時間 *
平日:11:30〜21:00(20:30LO)
ランチ(平日):11:30〜14:00
土日祝:11:00〜20:30(20:00LO)
定休日:年中無休(年始休業)


2007.11.29 Y.M

posted by ハンバーガーストリート at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 【二ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック