2007年09月30日

# 188 66-Double Six- [千葉・柏]



 国道6号線と16号線のクロスポイント――だからダブルシックス


●バーガーの扉

 「ロッキーバーガー」からの続きなのである(そして前回「オートマンダイナー」からの続きでもある)。

 布佐の駅から再び常磐線直通に乗り込み、戻って柏へ――すると一緒に乗った人たち、みーんな柏で降りるんだよねぇ。柏で乗客総入れ替え――柏は人とモノとの集積地である。

 オーナー大嶋さんは成田の人。子供の頃から"何かあれば"柏へ出かけていた。私の住んでいる方で言えば、町田のような場所だろう。ちょうどのJRと、ブルーのラインの私鉄が乗り入れていることでもあり。

 生まれて初めてハンバーガーを食べたのも柏。「マクドナルドで扉が開いた」と、その初めての出会いを振り返るオーナーは、以来今日までハンバーガー好きの忠誠を一心に貫き続けてきた、忠義の人である。

 アメリカでも食べたけど、「やっぱり日本の方がおいしい」とは、大概みなさんそう仰いますネ――まぁ私たち日本人ですから。だからオーナーが深く影響を受けたのも、「ファイヤーハウス」や「ベーカーバウンス」といった、都内を代表する人気店からだった。



柏と言えば柏そごう

●裏カシ

 バス通りから一本入れば、細い小路が無秩序に延びては交わり、一層雑然とした賑わいに変わる。

 駅から徒歩5分の路地裏。オーナー曰く、駅周辺は近隣からのお出かけ組の買い物エリア。徒歩5〜10分圏が地元の人の利用するエリアだそうである。しかも柏は、お年寄りから若者まであらゆる世代が楽しめる街であり、かつそのスタイルは昔も今も変わっていないという。


 セントラルプラザのヨコを入ってゆくと、途中、柏でNo.1の人気を誇るカフェ「ハナオカフェ(HANAO CAFE)」。その先に66。さらに左に折れれば、柏No.2カフェ「コンセントカフェ(consent cafe)」がある。66は人気カフェ2店のちょうど中間に位置する。

 目抜き通りからは2本も3本も入り込んだ住宅混じりの路地裏ながら、しかし「何かありそうな雰囲気」をどことはなしに漂わす立地である。隣は何かありそうな古着屋。似たような店がもっと続けば、パワーはさらに増すだろう。



●音楽の常に流れる

 オーナーは音楽好きである。「音楽が常にかかっている環境が欲しかった」とは、私とよく似た思想の持ち主だ。自分の好きな曲を好きにかける――そんな「自己中な空間」を自分独りだけ楽しんでいるのも何なので、他の人と共有できたらよいなと、会社勤めをしながら2年かけて構想し、そして造り上げたのがコノ店である。

 先述のとおり、内装にはどこかファイヤーハウスの影響も見て取れるが、しかしオーナーは『ウッドストック』('70)であるとか、『バニシング・ポイント』('71)であるとか、『時計じかけのオレンジ』('71)であるとか、60年代後半〜70年代的なカルチャーを愛し、特に天井から下がる球形スピーカー、ビクターのGB-1Hを筆頭にミッドセンチュリーモダンなニオイをも随所に散りばめて、大いに遊んでいる。


※ 参考:「呼吸球式スピーカー」を開発 ビクター 報道資料

 新品で入れた家具はほぼ無しという中古・ビンテージ尽くしの店内。トイレの中に至るまで何やかやとあるので、好きな人はぜひじっくりとご覧下さい……とは、私の責任では言えませんが。


●包丁でたたいて作るパティ

 こちらのパティはミンチではなく、牛肉の部位をブロックで仕入れて自前で切り出し、包丁でたたいて細かくしたものを成形するという、三軒茶屋の「ベーカーバウンス」などで見られるタイプのパティである。挽肉とは違う、細切れのブツブツとしたワイルドな食感が味わえる。もちろんつなぎなしのAUSSIEビーフ100%。「ワイルドさだけでは日本人の口に合わない」と、国産牛を2割混ぜて甘みを持たせた辺り、レシピは相当練ってきている。


 バーガー13品、サンド6品、ドッグ5品。変り種は「ビーフカツレツバーガー」¥1,130。中から毎度のチーズバーガー¥980。付け合せはナチュラルカットのフレンチフライ。野菜を外した状態で、オープン(具材をすべて積み上げずに、バーガーの中を開いて見せた状態)で出してくる。が、ビジュアルはやや淋しいか。合わせると、バンズの下はマヨネーズ系のドレッシング、トマト、オニオンは生、レタス、チーズはナチュラルのスライス、パティ、下にもドレッシング、下バン。

 とにかく肉がおいしい。ガツッ! と噛み締めるおいしさと脂の旨味。野菜もおいしい。甘いトマトにシャキッと張りのあるレタス。肉と野菜、上下それぞれにおいしいのだが、ただ「連携」という点ではどうだろう。チーズは存在希薄。東京に行かずともワイルドな肉の醍醐味を堪能できて、しかもこの値段! ――都内ではこうはゆきません。


●フォロワー

 換気の都合で、炭火は11月〜3月の間までしかできない……って、ちょっと待って下さい。つまり11月〜3月の間は炭火を使って肉を焼くんですね? ってことはまた行かないといけないってことですか? おーっとぉ〜! 鉄板で焼いて十分おいしかったので、これを炭火で焼いて、果たしてどうなる……。


 朝は7時からトーストとパンケーキのモーニングをやっている。夜の営業時間を延ばしたのは、古着屋の店員や美容師などが仕事を終えてから食べに来るから。気心知れた仲間と仕事帰りに一杯飲み交わすのには持って来いだろう。

 もし早朝から深夜まで、17時間フル稼働で、常に誰かしらお客さんがコノ店を利用しているとしたなら、街の生活に密着した、真の意味での「カフェ」ということになりますネ。そうであれば実にすばらしい。

 オリジナリティという点ではまだまだかも知れないが、ファイヤーハウスやベーカーバウンスといった偉大なる先達を大いにリスペクト――という言葉は使い方が少々軽いので、あえて「私淑」と言わせていただく――私淑して、彼らより受けた影響を自身の一部として消化してゆく優秀さに満ちている。

 オーナーが'66年生まれだからダブルシックス。壁に掛かるは「Albert Ayler at Stockholm 1966.5.1 vol.1」……いやぁ〜コレ、売ってないですヨ。しかも中身をドアに下げて「営業中」のサインに使ってるでしょ!!




# 66 -Double Six- [千葉・柏] のチリチェダーバーガー(再食)
# 66 -Double Six- [千葉・柏] のチリチェダーバーガー


― shop data ―
所在地: 千葉県柏市中央町4-25
   JR・東武 柏駅歩5分 地図
TEL: 04-7163-1166
オープン: 2007年3月12日
営業時間: 11:30〜24:00(23:30LO)
定休日: 火曜日(要確認)

2007.9.30 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 11:57| Comment(10) | TrackBack(2) | 東国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。

 こちらを見るようになって、幾多のハンバーガー屋さんを後を追うように食べています。

 今回の『66』は未だ登場していなかったので、お知らせしようかと思っていた矢先に・・・。

 これからも価値あるリポート楽しみにしています。
 
Posted by きっと at 2007年09月30日 21:34
きっと 様

コメントありがとうございます。

ダブルシックスについては、まだお店が工事中の頃から情報は得ていたのですが、いつどんなお店がオープンしたかなど詳細を追うことなく、今まで情報を放置していた次第です。

千葉に行くのはちょっとした「旅」ですので、「つ
いで」が無いとなかなか……。

今回の「旅」は

1.ロッキーバーガー 利根店(布佐)

2.66(ダブルシックス)(柏)

3.オートマンダイナー(川越)

という行程でした。

都心ばかりでなく、首都圏近郊にもこうしたバーガーの動きがあるので、全体的に盛りたててゆきたいものです。


ありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。
Posted by ハンバーガーストリート at 2007年10月01日 12:42
こんばんは。
今回の記事に関係ないコメントでごめんなさい。
実は以前、教えてくださった新宿の<BERG>さんにやっと行って来ました(^_^)v
ホットドッグめちゃ旨でした\(^o^)/
パンは全て<峰屋>さんのものだそうですが、やはりどれも美味しかったです。今日、<BERG>さんのレポをアップしましたので是非今日・明日ご覧下さいませ。ステキなお店をご紹介してくださり本当にありがとうございました。
また教えてくださいね〜どうぞよろしくお願い申し上げますm(__)m
Posted by kurumichan at 2007年10月01日 22:17
kurumichan さま

コメントありがとうございます。

ついに行かれたのですね。おいしかったですか。

あの「座れたらラッキー」な狭ーい店内でいただくドッグとビールは、独特な味わいです。軽く一杯やるには最高のシチュエーションではないかと。


そんな次第で、
では記事を拝見しに参りますか。
よろしくお願いいたします。
Posted by ハンバーガーストリート at 2007年10月02日 12:21
はじめまして。

先日は私のブログにコメントありがとうございました。

私が66いった際に感じた、ここのパティの食感のナゾが、この回を読まさてもらって解けました。ハンバーガーストリートさんの広い知識、細かな解説に、脱帽です。

今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by 角田 at 2007年10月07日 13:42
ブログのほうにコメントありがとうございました。
<(_ _)>
Posted by にゃんこ at 2007年10月08日 17:58
角田 さま

コメントありがとうございます。

今回の記事は「私の持つ知識の範囲において」、専門用語的なものなどの説明をやや詳しくしてみました。

あと、しばらく前から「地元or知っている人以外読めないだろうな」と思われる「地名」には「よみがな」を付けるようにしました。

この判断は難しいですネェ。自分にとっては当り前に読める地名なので、他の地域に住む人の視点に立って考えないといけません。最近の記事だと、たとえば「鵠沼(くげぬま)」とか。


そんな次第で本当に地味にやっております。
よろしくお願いいたします。
Posted by ハンバーガーストリート at 2007年10月10日 12:33
にゃんこ 様

コメントありがとうございます。イイお名前で――ネコ党としては。

いらした時は(オープン当初)ハンバーガーが売り切れだったのですね?今はそんなことあるのかな……

なんにせよ「炭火焼き」シーズンにもう一度行ってきますので。


これからもよろしくお願いいたします。
Posted by ハンバーガーストリート at 2007年10月10日 12:39
こんばんは、Xenoです。
ご無沙汰していますが、以前ご紹介を受けた「Double Six」さんにやっと行ってきました。ベーコンチーズバーガーを頂いたのですが、大変美味しく頂きました。重量感が良いというかパティの存在感が最高でした。

Posted by Xeno at 2008年03月31日 22:02
Xeno さま

おひさしぶりです。コメントありがとうございます。と言うか覚えていていただき、嬉しいです。

おいしかったですか。それはよかった。本当は冬のうちに一度行きたかったのですが、残念ながら叶わず、気にはなっていたのですが、でもお店は順調のようですね。何よりです。


またXenoさんの方にもコメントします。
またよろしくお願いいたします。
Posted by ハンバーガーストリート at 2008年04月02日 12:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

66(Double Six)
Excerpt:  そう。その、柏に行ったさいに、ハンバーガーを食べに行った。 &nbsp; 66(ダブルシックス)というお店。 &nbsp; 柏駅からトボトボ歩く。迷う。ケータイのサイトで情報を広い、地図、番地表..
Weblog: A Razor man, Scissor hands. in AKROS 〜角田修一のだらだらいいかげん日記。〜
Tracked: 2007-10-10 01:13

Double Six 66(千葉県柏市中央町)2008/03/30
Excerpt: 初めてのお店、Double Six 66さんに15時前の到着。こちらのDouble Sixさんはハンバーガーストリートさんのご紹介です。記事はこちらhttp://blogs.dion.ne.jp/na..
Weblog: Xeno's Blog
Tracked: 2008-03-31 21:57