2007年05月24日

# 175 Burger Shop UNICO [那須]


Ingot Gallery NASU
Burger Shop UNICO




●発端


 野州那須町――東京から新幹線で1時間15分、クルマで2時間。歴史ある別荘地は今や都心への通勤圏であり、また週末を過ごすセカンドハウスとして、近年にわかに注目を集めている。


 そんな目下注目の那須に、昨夏'06年7月、那須高原バーガーが登場した。


 冬期は持ち帰りのみ。イートインはいつから可能か訊いたところ、暖かくなる4月頃からOK。でも5月半ば、高原の緑が一斉に萌え出す新緑の頃がベストシーズンなので、ぜひその頃いらして下さい――との返事をいただいた。ほぉ……それはよき・こと・きく




●新緑の海


 那須を訪ねるのは今度が初めて。那須ゝゝと聞いてはいたが、行ってみて驚いた。有料道路途中の展望台から見下ろすと、木々がまるで大海原のように果てしなくどこまでも広がっている(即ち"樹海")。その新緑の海の波間にクルマを入れて、道なりに走らせると、黒磯、塩原と地名だけを変えながら別荘地、牧場、キャンプ場などが途切れなく延々と続く、その規模の大きさ――那須は我が貧弱なる想像をはるかに上回る、一大避暑地だった。




●Ingot Gallery NASU


 東北自動車道・那須ICを降りて別荘地へと向かう、その途中。観光気分あふれる那須街道沿い。広い駐車場のずいぶん奥に引いて構えるのがシルバージュエリーの店Ingot Gallery NASUである。宇都宮店の職人が作るオリジナルはじめ、国内アーティストの作品からインポートジュエリーまで魅力的な品揃えで人気の店。この春からネット販売も始めた。


 はじめ銀河高原ビールのビール園の中に店を出していたのだが、ビール園が閉まってしまったため、内装に使っていた木材一式を解体・搬出して、街道沿いの飲食店跡にごっそり移築したのが1年前。




●Iターン


 那須にはその豊かな自然とスローな空気に惹かれ、多くのアーティストたちが集まってくる。陶芸家、彫刻家、建築家、音楽家、イラストレーター……。ひと癖もふた癖もある連中が集まるほどに、同じニオイを嗅ぎつけ、さらに同類が寄り集まってくる「類友」方式。こうした変わり者歴々の趣味趣向がミックスされて「那須」の空気が構成されているのだと、そう説明するIngotの宮本さんだって、那須にすっかり魅せられて東京から移り住んだIターン組だ。


 そんな那須の空気の中にあっては「ただ商売するんじゃなく、なにかしら面白くやりたい」という、そんな気分にさせられるらしく、そこで店の移転に際し、何かやりたいなぁ――と宮本さんが考えついたのが、このBurger Shop UNICOだった。


 店の裏手は那須岳の眺望が良いだけが取り柄の、ただの野原。ココにイスでも置いて、雄大な那須の山並みを眺めながら"何か"をゆ〜っくり食べたいなぁ……そんなイメージが浮かんだ末、宮本さんの頭の中で像を結んだその"何か"こそハンバーガーだったと――まさに絵に描いたようなスローフード&スローライフ




●廃材利用と地産地消


 ただやるんじゃつまらない――そんな那須の不文律に従い、UNICOにも明確なコンセプトが立てられた。一つが廃材利用。


 裏手のデッキは旧店舗の廃材を組み立てたもの。丸いテーブルは電力会社が使っていた巨大コイルの芯のお下がり。デッドスペースをちょっと有効活用という感じで、ヨソ行きではない、ある種「地元特典」的な裏なりの那須気分が楽しめる。BGMはカーティス・メイフィールド...Move On Up!


 もう一つのテーマは地産地消。


 那須の新鮮な高原野菜と那須牛……と言いたいところだが、ちょっとでも使おうものなら途轍もなく値が張ってしまうため、まぁ妙に背伸びなどせず、地に足のつく範囲でしっかりやって、お客さんにはぜひ気軽に食べてもらいましょう――ということで、パティはAUSSIEビーフに実はおいしい那須豚を僅かの割合混ぜて、ほの甘い、やわらかな食感で出している。那須豚を侮る無かれ。


 トッピングの目玉焼きはこれまた実はおいしい那須鶏の卵。このフルフルとした黄身の弾力!濃厚な黄色!片面焼きにしたのは大正解。ぜひこの瑞々しいルックスは目で味わいたく。




●NASUバーガー


 バーガー4種。地産ルールに基き、お隣のはちみつやさん繋がりのハニーマスタードバーガー、ピリ辛チリソースの中に地元味噌屋の味噌を加えたペペバーガー、バジルに松の実、パルミジャーノチーズを使ったジェノバーガーはどれもセット\1,200。看板メニューNASUバーガーはセット\1,000。単品は各\700。トッピングの目玉焼き、ベーコン、チーズ各\100。


 この日はNASUバーガーのセット\1,000に目玉焼き+ベーコントッピング。自家製ジンジャーエールという変わったドリンクをお供に指名。コレがのどに効く効く!実はコーヒーもクセが少なく、香りの高いハンバーガーに合う豆を地元の自家焙煎の店から……と挙げればキリ無し。


 バンズは黒磯の名店温香(はるか)の白パン。以下、目玉焼きにベーコン、パティ、トマト、オニオン、レタス、下バン。バンズは表に打ち粉がされてカフェ風。控え目ながら粉の風味が活きており、邪魔にならない甘さ。オニオンは時期もあって非常に甘く、コリコリとおいしい。季節になればトマトも超絶おいしいものがいただけるそう。


 パティは「限りなくパティ寄りなハンバーグ」といった趣き。イタリアンハンバーグをパンに挟んだイメージとのことで、ふっくら分厚く、どこか丸みがあって、クサミやトゲのない味わい。軽くコショウを振っただけでマヨネーズもケチャップも入れていないため、素の甘味が挽きの粗いしっかりした噛み応えの中から伝わって、肉の存在が極めて大きい。硬めに焼いたベーコンはパティに比して埋没気味。目玉焼きトッピングは有効。黄身を崩しながらいただきたく。


 食べ応えあるパティの上下をさっぱりした白パンで挟み込む、後口さっぱり目の高原バーガー。ポテトはクランチ付きでピリッと刺激的。傾向のまるで違う残りのメニューもすごく気になる……




●山とハンバーガー


 もっとワイルドでアメリカンなモノも思ってはみたのだが、しかし那須連山を見ながら緑に囲まれて食べる様子を想像すると、味が自然とやわらかくなったと宮本さん。なるほど……ロッキー山脈を見ながら食べるバーガーは、また味が変わるワケですな?確かに日本の自然は「たおやか」にて。


 前回の茅ヶ崎や、大津などもそうだが、やはり大都会の喧騒から離れて食べるソレの方が、スローフードとしてのハンバーガーを素直に体現できているような気がする。まぁ分刻みの世界でスローフードなどと言われてもネェ……。


 店名は宮本さんの名にちなみ、ラテン語で「特別な」「唯一の」といった意味。那須与一は有名だけど、これからは那須の……。行楽地・那須の地元的一面に触れることのできる那須ローカル、知る人ぞ知るマニアックなハンバーガーショップ。これからもさらにマニアに!




― shop data ―
所在地: 栃木県那須郡那須町高久甲2888-38
      東北自動車道 那須ICより3q 地図
TEL: 0287−64−1508
URL: 栃ナビ!/Ingot Gallery NASU
オープン: 2006年7月21日
営業時間: 11:00〜17:00(LO)
※7/19〜8/31までは21:00まで
定休日: 夏期−10月まで無休(冬期−火・水曜休。要確認)


2007.5.24 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 15:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 東国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 今度は那須ですか!恐るべしバーガー引力。
「山とハンバーガー」の項、特に興味深く拝読いたしました。
私、ふとたまに「雰囲気と棲む動物」を考えたりします。
ツキノワグマとブラウンベアマ、ネコとピューマ、クサガメとワニガメ、ハクビシンとクズリ、トカゲとワニなど、つくづく日本は優しい国だなと感謝さえしてしまいます。アナコンダも居ないし。モモンガ万歳!
 自家製ジンジャーエールって日本でもあるんですね。禁酒法の時代が味わえそうです。アンタッチャブルブル(悪役商会)&ナンチャッテブル(榎本三恵子主演・赤塚不二夫監督、たこ八郎出演)の世界ですね。
スコットランドへ帰った時はマーガレット叔母様ご自慢の飛びきりおいしいジンジャーエールとスコーンをヒースの咲いた丘で食べるのがお約束なんです。(全部ウソ)
 読んでるうちにすごくビールが飲みたくなってきました。
Posted by 大野 at 2007年05月25日 20:22
さっそく来てみました!
すごいですね!
これを参考に私もいろいろ食べてみよーかと思います!

ちらしのリニューアルに使いたいぐらい写真の取り方もきれいですね!
Posted by masa at 2007年05月26日 15:12
大野 様

コメントありがとうございます。毎度のことながら当方、舌を巻きっぱなしでございます……。

山とバーガー……

でもアウトドアでいただくハンバーガーは悪くないですよ。大都会の、オフィスワーカーのための食べ物じゃないということを実感いたしました。

本来「携帯食」……とは言い難いですが、ま、「歩行中摂取可能食」ですから。何にせよ、外に持ち出して食べることには向いている食べ物です。

なのでいろいろなシチュエーションに持ち出して「こんな食べ方アリ」とか「こんなとき食べると最高!」とか、ぜひ検証してみたいものです。

自家製ジンジャーエールの造り方は聞きそびれましたが、本邦でいう「しょうがあめ」的な飲み物で、当然炭酸水ですから、とにかくコレはイイです!

那須の日帰りはちょっと「もったいない」ので、できれば一泊ないしはそれ以上したいものですね。


またよろしくお願いいたします。
Posted by ハンバーガーストリート at 2007年05月27日 12:50
masa さま

早速のコメントありがとうございます。

いや実はコノ日は恐ろしい突風が吹き荒れておりまして、とてもじゃないですが、落ち着いて外で食べられるような状況じゃなかったんです。なのでフレンチフライを包む紙を片手で押さえながら……という撮影で、おかげでドリンクの位置も変ですし、ストローが動いているのも直す余裕すらない……そんな状況でした。


次回はもう少しゆっくり行ってみたいですね、那須。

まぁそんな次第でまたよろしくお願いいたします。
Posted by ハンバーガーストリート at 2007年05月27日 13:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/392275904
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック