2005年07月26日

# 079 FLASH BACK CAFE [横浜・関内]



 昔一度だけ入ったことあったかなぁ。そんときはピニャコラーダを頼んだっけ――

 中華街・玄武門の側。右手に中区役所、左手に横浜スタジアムを見る立地。店名が如く、70's&80'sミュージックの輝きを今日に燦然とフラッシュバックさせる店――時代の継承者たるステイタスないしは"貫禄"を帯びつつ……と、私の中では中学生時分からずっとそんな位置に置いて、しかも永らく傍目に見続けていた。但し実際、いつからある店なのか定かではない。



 店内とにかく貴重なゴールドディスクプラチナディスクの宝庫!ZEPからパープルからピンクフロイドの『狂気』からボズ・スキャッグス『シルク・ディグリーズ』からスプリングスティーンから、時代の生んだ名作・名盤の数々が壁や天井に所狭しと飾られている。しかもココのジュークボックスはホンモノ(写真後方のピンクに光ってるヤツ)!EPばかり160曲収録!

 だがココのインテリア、ただのポップなアメリカンではない。みなと横浜ゆえか、はたまたハードロックカフェをイメージしてか、ウッディな店内の端々に舶来のアンティークな意匠を見ることが出来る。あるいはココにはかつてそんな趣の店が入っていたのだろうか……などと、ついアレコレ想像してしまう。面白いのは店奥の戸棚……ギターをかたどったステンドグラスが!

 ハンバーガー\1,260。ロボット刑事のベレー帽(放送未見)のような形のバンズは表面ザラつき。ピクルス3枚と分厚いトマトが外付け。中身――味の弱いチーズ(モッツアレラか)、パティはハンバーグ、その下に細〜くスライスしたオニオン少々、サニーレタス、バンズ(heel)。パティはハンバーグだったが、でもアッツアツ〜!熱〜い肉汁がじゅわ〜っと滲み出す。ケチャップとマスタードをかけていただく。付け合せはフレンチフライ。

§ §

 BGM――いまどき&ナチュラルな女性ヴォーカルがしばらく流れ、次に「ガット・トゥー・ビー・リール」から始まるディスコメドレーへ。テレビモニターでは、最初J-POPのPVなど流していたのだが、"時間"になって横浜−阪神戦に。

 最近は(って、いつからだか知らんが)、テレビモニターとスクリーンでスポーツ中継も流すらしく、サイトにはその予定まで載っているから、そればかりか「○月○日、○○の試合の日の座席予約」を受付けてまでいたりするもんだから、う〜ん……時勢というものは恐ろしい。店名を異にするグループ店が市内に他に3店、そのうちの少なくとも1店にバーガー情報を察知したが、行くべき店もまだまだ多い状況下なので、また一巡した頃にでも。

2005.7.26 Y.M

フラッシュバック・カフェ ハンバーガー / 日本大通り駅石川町駅関内駅
夜総合点★★★★ 4.0

posted by ハンバーガーストリート at 21:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 横浜編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

FLASHBACK CAFE(フラシュバックカフェ) 関内 横浜中華街  
Excerpt: 中華街の入口付近に良さ気なCAFEの様なBARを発見(・∀・) 横浜にバイクや車以外で来るなんてあんまりないので、せっかくだからとBEERでも飲もうかと入ってみた。 ・・・ちなみに、写真..
Weblog: 国産アメリカンSTEED(スティード)カスタム〜セイのブログ〜
Tracked: 2007-05-07 00:12