2005年05月30日

# 066 MOS BURGER CLASSIC [牛込神楽坂]



 旧名を「MOS's-C」という。

モスズ・シー】……モスフードサービスの新規事業。「古き良き時代のアメリカにはじまり、現代にいたるまで世界中の人々に愛され続けているハンバーガー。その原点であるアメリカン・クラシック・スタイルを追求したハンバーガー・レストランです

 店の名前が「MOS's-C神楽坂店」なので、最寄り駅は"神楽坂"とするけれど、今なら都営大江戸線牛込神楽坂駅がどこよりも近い。 ←諦めて"牛込神楽坂駅"としました(2009.10.18)。

 ちょっと年季のいった……って言うか、オープンして5年目くらいのステーキ屋、あるいは牛角みたいな風情の店(実際、今年で6年目なのだが)。メニューもインクジェット出力で、冴えないステーキ屋みたい。木製のブラインド、アルミの窓。ベージュと言うか、カーキ色と明るい茶色を基調にした店内。奥の壁には無音声で映画を映し出すプラズマテレビ。オープンキッチンの奥の暗がりには巨大なオーブンがオレンジの光を放っているのが見える。

 まず着席、その後店員が注文を取りに来、会計はレジで支払うスタイル。なので各テーブルにメニューが置いてある。なので普段より長〜くメニューを覗き込む……バーガーメニューはクレソンバーガー、タルタルバーガーなど15種、スモークチキンを入れると17種。さらに和牛のパティを使ったメニューがある。「アメリカン・クラシックSTYLEと和牛のコラボレート。徹底的においしさを追求した、こだわりの味とボリュームをぜひお楽しみください」、中から……和牛チーズバーガー\1,080を。しかも現在和牛フェアとのことで\200 OFF!ミニポテトとミニピクルスが付け合せ。

 ココのバーガーがまた変わっている。串が2本刺さって出て来る――フォークとナイフで2つに切り、バーガーパックに入れて食べるのだ。仰せのままに2つに……切るとき、レタスのシャク!という音が心地好い。でも2つに切っちゃうとかぶりつく醍醐味には欠けるね……う〜ん、やや不完全燃焼。

 自慢のソフトフランスタイプのバンズは上品な光沢のフカ系。表面何も飾るものナシ。濃い香りがするが、しかし重過ぎず、モサつかず、なかなかバランスが良い。以下マスタード、チーズた〜っぷり、パティ、レリッシュ、オニ、トマトは小さ目のがヨコに×2、レタ、マヨ、バンズ(heel)。和牛パティは匠味の優等生なソレとは違い、ちょっと荒れた感じでゴロッと美味しい。ブラックペッパーの香りも程好く。マスタードもケチャップも旨味を活かした抑え目の味付け。野菜も量よく味よくバランスよく、久々に均整の取れたバーガーを口にした。

 そうね……当企画内のめぐり合わせという部分もまずあるのだけれど、ひと通り方々周った後ではモス・特別編!というまでのインパクトは受けなかったかな?またモス自身も'99年6月のMOS's-C神楽坂店オープン後、「'03年1月“ディナーセット”全国約1,000店舗導入」「'03年8月“ニッポンのバーガー匠味(たくみ)”新発売」「'04年2月ファストカジュアル業態“緑モス”1号店 新橋二丁目店オープン」――という具合にファストカジュアル路線、グルメバーガー路線を次々打ち出してゆくその後の経緯があるワケで、そういう意味でコノ店は、今日なお続くソノ流れの中にあって、ある種パイロット的役割を果たしたのかも知れない――な〜んていつになく真面目ですが……。他に吉祥寺店もアリ。BGM――スタイリッシュにソウル/ブラックch。

 ※吉祥寺店は無くなった模様(以上2009.10.18追記)。


【二ッ目!】 MOS BURGER classic [牛込神楽坂] のテリヤキバーガー


― shop data ―
所在地: 東京都新宿区岩戸町7番地
      都営地下鉄牛込神楽坂駅歩3分 地図
TEL: 03-3260-4159
URL: MOS BURGER|店舗案内
オープン: 1999年6月
* 営業時間 *
平 日: 11:00〜22:30(22:00LO)
土日祝: 11:00〜22:00(21:30LO)
定休日: なし(要確認)


2005.5.30 Y.M

posted by ハンバーガーストリート at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 亜種・貴種編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック