2007年10月30日

# Halloween'07 ◆ vol.4 GORO'S☆DINER [外苑前] のパンプキンブレッド&...






◆ 特集 ◆ Halloween'07


ハロウィーン 【Halloween】

万聖節(ばんせいせつ)(一一月一日)の前夜祭。古代ケルト起源で、秋の収穫を祝い悪霊を追い出す祭り。アメリカでは、カボチャをくりぬき目鼻口をつけた提灯(ちようちん)を飾り、夜には怪物に仮装した子供たちが近所を回り菓子をもらったりする。ハローイン。  [大辞林]


§ §


 今日はダブルヘッダーなのである。昼間アップしたOATMAN DINER(オートマンダイナー)に続き四番手、青山外苑前のGORO'S☆DINER(ゴローズダイナー)。パティシエタカちゃんの作るパンプキンブレッドを取り上げようと思ったら、マスターもバーガーを便乗させてきた。


 パンプキンブレッド\150。お店で食べるとホイップクリーム付。このスイーツは吸い付くような生地の弾力が特徴。粘りのある「フルル」とした食感に、ほのかなカボチャの香りが漂う。よく焼き込んだ「耳」の部分も香ばしくて、まさにお茶菓子の優等生。しかもコノお値段!紅茶がベストマッチでしょう。


 片や神宮前の巨匠はハニーパンプキンシナモンチーズバーガー(価格未定)で対抗。


 このバーガー、おそらくは前代未聞、本惑星初のはちみつ味を前面に押し出した珍品である。


 サッと素揚げしたカボチャを上からモッツァレラチーズでコート。いつものカレースパイスはナシで、代わりにシナモンスパイスで上品かつシャープに香り付け。


 とにかくはちみつの使用が革命的。辛いものと違い、食べるときに「身構える感じ」が皆無なのである。抵抗無くスッと入ってゆけると言うか、スルスルと食べ進めると言うか、「甘いものはリラックスさせる」というメカニズムは、おそらくこういうことなのだろう。グリルしたオニオンとの絡みが格別。


 まぁそうした意味では「御題はカボチャ」である必要はないわけで、いろんなネタが考えられますな。最終的にどう落ち着くか……


 普段GORO's のハンバーガーを食べ慣れている人ほど、その意外な食べやすさに驚き入ること必定。栄養価高く、健康志向。一応31日限定――か、31日より販売開始か……運命はマスターの心ひとつ。


# 123 GORO'S☆DINER [外苑前] ☆

― shop data ―
所在地: 東京都渋谷区神宮前3-41-2 岡本ビル1F
      東京メトロ銀座線 外苑前駅歩5分 地図
TEL: 03-3403-9033
URL: http://gorosdiner.com/
オープン: 2005年4月29日
* 営業時間 *
月〜土曜日: 11:30〜22:00(21:30LO)
ランチ: 11:30〜16:00(月〜金のみ)
日・祝日: 12:00〜21:00(20:00LO)
定休日: 月曜日(要確認)


2007.10.30 Y.M

posted by ハンバーガーストリート at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 【二ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

# Halloween'07 ◆ vol.3 OATMAN DINER [埼玉・川越] のハッピーハロウィンバーガー




◆ 特集 ◆ Halloween'07


ハロウィーン 【Halloween】

万聖節(ばんせいせつ)(一一月一日)の前夜祭。古代ケルト起源で、秋の収穫を祝い悪霊を追い出す祭り。アメリカでは、カボチャをくりぬき目鼻口をつけた提灯(ちようちん)を飾り、夜には怪物に仮装した子供たちが近所を回り菓子をもらったりする。ハローイン。  [大辞林]

§ §

 埼玉は川越の「OATMAN DINER(オートマンダイナー)」にも毎年恒例ハッピーハロウィンメニューが登場。今年は10月27日〜31日の5日間限り

 ポタージュ、サラダ、パスタ、サンド、パイなど、カボチャを使ったスペシャルメニューに並び、ハッピーハロウィンバーガー¥820(夜・単品)、ランチはサラダ&ポテト(フライorマッシュ)が付いて¥940。平日はさらに¥50オフ。

 垂れ滴るはパンプキンクリームソースフワーッとライトなこのソースがバーガーの隅々まで行き渡って、均整の取れたバーガー全体をほんのり淡〜い甘味で包み込む。見た目どおりの明るくハッピーな味わい。特にピクルスの酸味との相性は抜群。トッピングのカボチャの種がキラーパスですな。これはおいしい!


 お供に数量限定、米サラナック社のパンプキンエール¥630。

 ダークブラウンの色したエールタイプのこのビール、後口の甘苦い辺りにカボチャの懐の深さを感じます。カボチャを使うと、その自然な甘味が食べ物を実に食べやすく・飲みやすくさせますね。それが今回 Halloween'07 をやっての最大の発見。

 去る6月で6周年、「今月のハンバーガー」を3年続ける埼玉の巨星。バーガーのみならず、あらゆるメニューに「今月の……」があるという多彩、多才――彩の国ですから(エッ? そういうの要らない?)

 ってことは、やっぱりクリスマスにも期間限定のスペシャルメニューが用意されているわけで。そう聞くとまた行きたくなるわけで……。


# 120 OATMAN DINER [埼玉・川越]

― shop data ―
所在地: 埼玉県川越市脇田町14-1 アーバンM1F
     JR・東武 川越駅東口より徒歩5分 地図
TEL: 049-222-8398
URL: http://www.oatman-diner.com/
オープン: 2001年6月4日
* 営業時間 *
平日: 11:30〜15:00, 18:00〜23:00
金曜: 11:30〜15:00, 18:00〜24:00
土曜: 11:30〜24:00
日祝: 11:30〜23:00
定休日: 年中無休(12/30、31、1/1を除く。要確認)

2007.10.30 Y.M

posted by ハンバーガーストリート at 12:10 | TrackBack(0) | 【二ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

# Halloween'07 ◆ vol.2 AS CLASSICS DINER [駒沢大学] のかぼちゃバンズ




◆ 特集 ◆ Halloween'07


ハロウィーン 【Halloween】

万聖節(ばんせいせつ)(一一月一日)の前夜祭。古代ケルト起源で、秋の収穫を祝い悪霊を追い出す祭り。アメリカでは、カボチャをくりぬき目鼻口をつけた提灯(ちようちん)を飾り、夜には怪物に仮装した子供たちが近所を回り菓子をもらったりする。ハローイン。  [大辞林]

§ §

 二番手、駒沢の「AS CLASSICS DINER(エーエス・クラシックス・ダイナー)」は「峰屋」にかぼちゃバンズを特注。ところがコレが難物。

 かぼちゃの成分ばかりがバンズの下へ下へと集まって、発酵しても膨らまず、高さがでない。その上、生地が非常な湿り気を帯びており、作る峰屋も難しければ、扱うASも一筋縄ではゆかぬ状況。まずはこのウェットな生地をフラットに戻すところから始めないといけないという、「マイナスからの出発」と。

 なのでいつもより相当強く焼き込んだ上、さらにオーブンで2分。焼き込むほどに香ばしさと甘さが増して、酒種酵母の風味のほんのり苦いレギュラーバンズとは、まるで違う味わい。酒種の苦味もなければ、かぼちゃ特有のアクもなく、丸くて非常に食べやすい。


 基本的に全てのバーガーメニューをかぼちゃバンズで作ることが出来るが、甘いものに辛いものをぶつけると、かえって甘味が立ってしまうので、ある程度の相性は存在する(オーダー時にスタッフがリードしてくれる筈です)。今回はアボカドチーズバーガー¥1,200をかぼちゃバンズで。

 元が相当甘いバンズであるため、中和剤的にアボカド。チーズの丸い味とバンズの甘味との取り合わせは抜群。しかもオニオンやらパティやら、これだけいろいろな味が飛び交いながら、笑っちゃうくらい後味がかぼちゃなんだよネェ。かぼちゃの甘味はミョウに余韻さっぱり。難物とは聞かされたものの、期待を越えてイケル味だった。

§ §

 かぼちゃバンズは31日まで当日売り切れちゃったらゴメンネ……とのことで、そんときは堪えてつかぁさい。


# 136 AS CLASSICS DINER [駒沢大学]

― shop data ―
所在地: 東京都目黒区八雲5-9-22 オリオン駒沢ビル1F
     東急田園都市線 駒沢大学駅歩15分ほか 地図
TEL: 03-5701-5033
URL: http://asclassics.com/
オープン: 2005年12月17日
営業時間: 9:00〜23:00(22:30LO)
定休日: 火曜日(要確認)

2007.10.29 Y.M
posted by ハンバーガーストリート at 08:53 | TrackBack(0) | 【二ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

# Halloween'07 ◆ vol.1 THE GREAT BURGER [明治神宮前]




◆ 特集 ◆ Halloween'07


ハロウィーン 【Halloween】

万聖節(ばんせいせつ)(一一月一日)の前夜祭。古代ケルト起源で、秋の収穫を祝い悪霊を追い出す祭り。アメリカでは、カボチャをくりぬき目鼻口をつけた提灯(ちようちん)を飾り、夜には怪物に仮装した子供たちが近所を回り菓子をもらったりする。ハローイン。  [大辞林]

§ §

 31日まであと僅かですが、時間の許す限り、各店のHalloweenっぷりをご紹介。

 トップバッターは明治神宮前の「THE GREAT BURGER(ザ・グレートバーガー)」。本場米国より取り寄せた、オーナー徹夜入魂のHalloween飾り。説明不要(前回の特集でやや疲れ気味……)、まぁ見て下さい!







続きを読む
posted by ハンバーガーストリート at 23:53 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

# 片道切符とハンバーガー ◆ vol.18 むすび





◆ 第18回 ◆ むすび


 二日間の、長い旅が終わり……


●感想


 私がやったことは、要するに各店の情報を書いた紙を東から西、西から東へと運んだという、ただそれだけのことである。しかしネット全盛の時代だからこそ、こんなアナログな動きがかえって大事なのではないかと、私はそう考える。結局最後は人と人。顔と顔の見える"生"な付き合いこそが、最後の最後に大きくモノを言うのである。


 今回、初日にデジカメが壊れ、二日目にはAMBの予想外の混雑から、予定した列車に乗ることができなくなった。この連日のアクシデントには「ここまで体を張らねば、我が取材は成就しないのか」と正直愕然とさせられたものだが、しかし私とまだたった3度しか会ったことのないセッキー&岩波両マスターが、それこそ「体を張って」助けてくれたおかげで、私はこの旅先のピンチを無事乗り切ることが出来たのである。まさに「負んぶに抱っこ」、ひとの厚意に甘えどおしの取材旅であった。


 「偶然にもAMBが混雑していた」ことについては確かに不運だったが、しかし同時に、偶然にもAMBが「翌日から3連休だった」幸運のため、マスターも名古屋まで送るなどという無茶をやってくれたわけであって、とにかくいつもこんなに都合よくゆくというものではない。その点よくよく肝に銘じておかねばなるまい。


 いずれにせよ、こんな無茶がかろうじて許されたのは、過去2度のわずかな出会いの時間の中で、誠心誠意、互いの思いを伝え合うことが出来たからこそだろうと、私はそう思っている。その場ですぐに分かり合えるにせよ合えぬにせよ、常にもって臨むべきはただ一点、嘘偽りのない「心」だろう。心有るものは人を動かし、心無いものは何ものをも動かさない。






続きを読む
posted by ハンバーガーストリート at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

# 片道切符とハンバーガー ◆ vol.17 AUNTY-MEE burger [滋賀・大津] ≪後編≫



◆ 第17回 ◆ AUNTY-MEE burger [滋賀・大津] ≪後編≫ (行程6:帰途)


◎今回の行程
◆2日目:9月24日(月)

 1914 AUNTY-MEE BURGER発 [AMBマスター自家用車]
 2154 名古屋着
 2210 名古屋発 [のぞみ52号]
 2328 新横浜着
 2340 新横浜発 [横浜線]
 2355 長津田着
  →帰宅

●片道"崩れ"

 当初「滞在124分」を予定し、15時43分南滋賀発の列車で帰る計画だった。待ち30分、食べるのに30分かかっても、1時間は話しできるわけだから、十分余裕のスケジュールだろう。しかしみるみる時間は迫り、この場で食べてゆくことが険しい情勢に。では持ち帰って車中で食べますか……はるばる訪ねて、それも無かろう。


 そこで予定の列車は諦め、数本後の接続を調べ始めたのだが、それでも追い着きそうにない。エーイ、もういいヤッ! ここまで来ておいて、そんなセワしない撤収では竜頭蛇尾。まだショップカードの授受さえ終わっていないのだ。観念して草津線回りの最終を見ると、「南滋賀18時02分→草津18時41分」が柘植・亀山経由の名古屋行き最終とわかった(名古屋着21時16分)。

 とにかく「新横浜行のぞみ最終、名古屋22時10分発」にさえ間に合えばよいのだ。そうした意味では「京都から新幹線」「草津−名古屋間を東海道本線」など、当初予定した経路にこだわらずとも、名古屋へ辿り着く手段は他にいくらもあるワケなのだが、しかし片道乗車券を買った上、さらに数千円単位の出費が余計に発生するのもどうか……と思案しているところへ、マスターから間に合うかと声が掛かった。

 予定の列車にはもう間に合わないこと、本当の意味のデッドラインは「名古屋22時10分」であることを話すと、マスターの口から、こんなとんでもない代案が飛び出したのである――「わかった。名古屋まで送るワ」。

●ただの偶然

 この日は特別異様な賑わいだったそうである。


 前日の日曜など余裕なもので、その気になれば多少早く店を閉めることも出来たぐらいだったのに、それが何の因果か、同日同時刻にこれだけの人が広い日本のこの一点目指して集結し、それで一気に供給不足に陥ったと。「エライすまんかったなぁ」というのだが、しかしこればっかりはマスターにだって予測不能のこと。マスターが悪いわけでも何でもない。すべてはただの偶然――。

 マスターもゆっくり話せる時間が欲しかったのである。後続の注文をこなし続け、材料が無くなり「SOLD OUT」の札を出した辺りで、やっと話しのできる体勢になった。もう空はだいぶ暗くなっている。

続きを読む
posted by ハンバーガーストリート at 23:49 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

【二ッ目!】 AUNTY-MEE burger [滋賀・大津] のQUEEN



◆ 第16回 ◆ AUNTY-MEE BURGER [滋賀・大津]


 さぁ、今回の最後の目的地「アンティーミーバーガー(以下「AMB」)」についに到着である。

●まずはハンバーガーから

 岩波マスターの薦めもあり、4.5オンスパティ(約127.6グラム)のQUEEN(クィーン)¥650に+チーズ+トマト+スライスオニオン、そして新トッピングのハラペーニョを加えて¥900。

 岩波氏曰く、3オンスパティ(約85.0グラム)のレギュラーよりクィーンの方が、パティとバンズのバランスが良いようで、確かに昨夏食べたレギュラーより今回のクィーンの方が、マスターが意図するパティのやわらかな食感や丸みのある味わいがわかりやすく表現されていて、よりおいしくいただくことができた。


 食欲ソソるこげ茶色のバンズはややドライ目。見たままにフカーッとしていて、汁気をしっかりとらえる保湿力の高さ。トマトの酸味、オニオンのイヤじゃない辛味。そしてハラペーニョの刺激はオトナの"隠し味"。

 チェダーチーズもしっかり効いて、丸いパティの味を中心にさまざまな味や香りが意外や「さらり」とした方向にまとまって、不変不動のAMB味を打ち出している。謳い文句にあるとおり、確かに飲み物要らずノドに詰まったり、塩気によりノドが乾いたりすることは一度としてなかった。

 強いて言えば、クラウン(上バン)をもう気持ち小さく切った方が、見た目のバランスがさらに良くなるだろうか。

§ §

 ところでこのハンバーガーを手にしたのは、到着から実に2時間24分後のことであった。以下、その間に起きた出来事を……。

続きを読む
posted by ハンバーガーストリート at 23:33 | TrackBack(1) | 【二ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

# 片道切符とハンバーガー ◆ vol.15 行程5:南彦根−近江八幡−石山−京阪石山−南滋賀





◆ 第15回 ◆ 行程5:南彦根−近江八幡−石山−京阪石山−南滋賀


◎今回の行程
◆2日目:9月24日(月)

 1221 南彦根発 [東海道本線]
 1238 近江八幡着
 1241 近江八幡発 [東海道本線新快速]
 1300 石山着
 1310 京阪石山発 [京阪石山坂本線]
 1330 近江神宮前着
 1338 近江神宮前発
 1339 南滋賀着
  →「AUNTY-MEE BURGER」
  滞在:124分


●12時21分、南彦根(滋賀県彦根市)


 SUN-BURGERの奥方様にクルマで駅まで送っていただき、ギリギリ着。一番搾り飲んで脈拍の上がったまま階段をダッシュでアップダウンして、乗車はセーフ(駆け込み乗車は一切しておりません)。


 この辺は何を聴いてたか……おいしい近江牛バーガーもいただいたことだし、鉄道ネタということで、ごきげんにリッキー・リー・ジョーンズの「スロー・トレイン・トゥ・ペキン」('81)なんて如何でしょう。チャック・レイニー、カッチョイ〜!!




●12時38分、近江八幡(おうみはちまん:滋賀県近江八幡市)


 調べると「能登川」でも乗り換えられたのだが、後から来る新快速「姫路行き」に近江八幡で乗り換え。おぉ……アレだね、特急使用だけで「1日で国宝4城めぐり」って出来るかも。



続きを読む
posted by ハンバーガーストリート at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

# 189 SUN-BURGER [滋賀・彦根]



◆ 第14回 ◆ SUN-BURGER [彦根]


 今秋9月1日にオープンしたばかりの近江牛を使ったハンバーガーショップ。

●南彦根

 静かな駅前である。コンビニなどは見当たらず(東口にスーパーがあった模様)、目に留まるのは、この小駅にしては多過ぎるビジネスホテル数軒。途中、松下の工場が見えたので、その需要か。


 駅からは県道に沿って平坦な道のり。クルマ社会なので、地元の人は駅から歩くこともないだろう。この一帯、稲作地帯と言えばまぁそうだが、県道528号(彦根環状線)に沿って家が建ち、生活に必要な諸施設・諸機能もそれとなし集まっている。

 「小泉町」の交差点でクロスする県道206号(三津彦根線)にはマルゼンや市内唯一のユニクロなどが並び、ここが地元の生活の中心だろう。そのスーパーマルゼンのハス向かいに我らがサンバーガーなので人の集まる立地である。

●4代目はイタリアン

 ……スミマセン。↑あまりな時代錯誤と低質な駄洒落……あらためます。

続きを読む
posted by ハンバーガーストリート at 23:41 | TrackBack(0) | 西国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

# 片道切符とハンバーガー ◆ vol.13 行程4:垂井−米原−彦根−南彦根





◆ 第13回 ◆ 行程4:垂井−米原−彦根−南彦根


◎今回の行程
◆2日目:9月24日(月)

 0919 垂井発 [東海道本線特別快速]
 0946 米原着
 0953 米原発 [東海道本線新快速]
 0957 彦根着
 1018 彦根発 [東海道本線]
 1021 南彦根着
  →「SUN-BURGER」
  滞在:120分


●9時19分、垂井(岐阜県不破郡垂井町)


 中山道五十七番目の宿場。グルマンとは反対、駅の北側を街道は走っているのだが、今回は行かず。垂井式アクセントを確かめる暇(いとま)もなく、先を急ぐことに。


 ところで降りたときから、あの雲に霞む山は何だろう……と気になっていたのだが、あれなむ南宮山!後ろに従えているのは養老山地である。こんなところから既に関が原の布陣が始まっていたとは。


 米原方面に向かって。左が養老山地。右手奥に見えるは、えやは伊吹のさしも草――の伊吹山。さしも知らじな……



 ココから先は毎度お馴染みの風景。写真は関が原の西方。駅前にどんなに大きな工場が出来ようとも、戦える余地はまだまだありそうだ。




続きを読む
posted by ハンバーガーストリート at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

# 片道切符とハンバーガー ◆ vol.12 グルマン ヴィタル 垂井本店



※これより撮影は、セッキーさんから借りたIXY DIGITAL 50を使用。



◆ 第12回 ◆ グルマン ヴィタル 垂井本店(行程3:岐阜−垂井)


◎今回の行程
◆2日目:9月24日(月)

 0758 岐阜発 [東海道本線特別快速]
 0819 垂井着
  →「グルマン ヴィタル 垂井本店」
  滞在:60分


●7時58分、岐阜(岐阜県岐阜市)


 一夜明けても曇り。昨夜は寝る前に何より気になっていた「借りたデジカメの使い方」を必死にマスター。充電も抜かりなく、寝過ごすことなく、予定の列車に乗車。



 休日の朝、下り列車に乗り合わせた人たちが、一体どんな目的で何処へ向かうのか――さすがに想像しにくいものがあるが……ン?この特別快速は「土休日運転」か。平日は大垣止まり。つまり、米原から新快速で京都・大阪へ遊びに行く人がいるってことですか?




●8時19分、垂井(たるい:岐阜県不破郡垂井町)


 仔細は帰りに――。

 さてグルマンさん――天然酵母の勉強会が縁で、東京新宿の峰屋さんと親しくなり、峰屋のご主人も以前この垂井の本店を訪ねたことがあるという。そんなことがあって行きたく思ったのだが、加えて「垂井駅から徒歩5分」という、郊外型の店舗にしてはめずらしく鉄道からのアクセスが良いという、それが訪問を決定付けた主因である。


 駅を出ると畑混じりの住宅群。間の細道を辿れば程なく、どう見ても農家の裏藪としか思えない緑の間に店の看板が出ていて、その藪を抜けるとちょうど店の北側の中庭に出る。駅歩5分は本当。




続きを読む
posted by ハンバーガーストリート at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

# 片道切符とハンバーガー ◆ vol.11 Sekky's Diner [岐阜] の♪5th ANNIVERSARY LIVE♪≪後編≫





◆ 第11回 ◆
Sekky's Diner [岐阜] の♪5th ANNIVERSARY LIVE♪

≪後編≫


 会の進行はおおむね前回のとおりである。今回はその華やかなライヴの陰で、我が身に一体何が起こったのかについて、説明する。


 以下、ブライアン・デ・パルマ張りの、同時進行展開で――。


●蒼白


 20時10分。「BAILEYS」が始まってすぐ。ミラーボールが回っているから「君の瞳に恋してる」の最中かも知れない。


 右の写真を最後に突如デジカメが動かなくなった。電池を換えても動かない。レンズが出たきり引っ込まない。会場の外に出て同じことをしてみたが、やはり結果は同じ――故障である。これから「佳境」という時に撮るカメラが無くなってしまったのである。カメラはコレ1台しか無い


 最悪今夜はこのままでもよい。既にこれまでに200枚は切っているので。問題は明日。計3店を訪ねる予定がある――これをどうする。


 とりあえず文だけまとめて、撮影は後日あらため……バカな。そんなこと出来るわけがない。カメラ無しの取材など到底考えられないのである。


 突如とんでもない窮地に立たされてしまった。しかも旅先のこと、自由が利かない。最早今から新しいカメラを買いに行ける時間でもない。ライヴどころではなくなってしまった。アーケードの下、茫然自失……。





故障したRICOH Caplio GX8(実物)



続きを読む
posted by ハンバーガーストリート at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

# 片道切符とハンバーガー ◆ vol.10 Sekky's Diner [岐阜] の♪5th ANNIVERSARY LIVE♪≪前編≫





 こんな長い文章、誰が読むのだ――


◆ 第10回 ◆
Sekky's Diner [岐阜] の♪5th ANNIVERSARY LIVE♪

≪前編≫






 ライヴ会場は岐阜随一の繁華街、柳ヶ瀬(やながせ)の「さんひのでまち商店街」にあった。美川憲一の「柳ヶ瀬ブルース」……スイマセン、存じ上げません。




●club-G


 元「ピカデリー」だったこのハコ。客席は階段状になっており、一番下がったステージ前はたっぷりと広く、ダンスフロアにはおあつらえ向き。スタンディングでキャパ600名というから、ライヴハウスとしてはかなり大きい。


 ココを舞台に東海圏で活躍するオールディーズ、ロックンロールバンド4組が登場し、それを肴にみんなして踊りまくるというのが、当夜のイベントの主旨である。


 来場者数は主催者発表170名"くらい"。これに小さい子や出演者・スタッフも合わせれば200名は居ただろう。大垣のchorky's DINER(チョーキーズ・ダイナー)ご夫妻にもお会いすることが出来た。


 当夜はセッキーズダイナー自慢のフードメニューはナシ。会場の用意するドリンクと、店から持ち込んだシェイブアイス(カキ氷)があるのみで、食べ物の提供はナシ。なので5時半開演〜10時終了の4時間半、皆様ほぼドリンクのみでぶっ通し踊り続けていたことになる。あまりに強靭過ぎる――ドーピングか。







続きを読む
posted by ハンバーガーストリート at 23:47| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

# 片道切符とハンバーガー ◆ vol.9 行程2:千種−多治見−美濃太田−岐阜





◆ 第9回 ◆ 行程2:千種−多治見−美濃太田−岐阜


◎今回の行程
◆1日目:9月23日(日)

 1454 千種発 [中央本線快速]
  ↑
  ※この区間運賃別途精算
  ↓
 1519 多治見着
 1530 多治見発 [太多線]
 1557 美濃太田着
 1601 美濃太田発 [高山本線]
 1638 岐阜着
  →「Sekky's Diner」
  ……5th ANNIVERSARY LIVE
 ※岐阜泊


●14時54分、千種(愛知県名古屋市千種区)


 ちなみに 8 Cafe マスター、月刊「カフェ&レストラン」は未入手。そんなこともあろうかとレシート付で携帯していた一冊を即売し、達郎のDJ流れる店を後に、桜通を急ぎ足に戻れば、千種の駅には余裕の到着だった。多治見までのきっぷを買って快速列車に。




  世界のイチローは西春日井郡豊山町の出身だが、原宿 THE GREAT BURGER の車田(くるまた)オーナーシェフの出身はココ春日井……って、駅名も何にも入ってなくて「駅写」としては落第ですが。




  その春日井を過ぎた辺りから窓外は田園風景に変わり、やがて山が迫ってきて、「定光寺」(じょうこうじ)・「古虎渓」(ここけい)辺りは最早渓谷。街から山へ――通勤線のこの劇的な車窓の変化よ。



続きを読む
posted by ハンバーガーストリート at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

【二ッ目!】 8 Cafe hamburger [名古屋・車道] のプレミアムパティ’8バーガー



◆ 第8回 ◆ 8 Cafe hamburger [名古屋]


――ということで、続きモンです。


 この界隈、こんな長屋がずっと続いていたのだろう。それがいまや櫛の歯の抜けるが如く、ぽろぽろと空き地が出来、またその空いた土地に豪邸が建って、つまりはこんな静かな町にもゆるやかな再開発が進んでいるのである。






 1時前に店着。3連休中日の日曜日、ハンバーガーを「目的買い」しに来た客が店内数組。


 というわけでビーフ100%、つなぎなし、140gのプレミアムパティを使用したプレミアムパティ’8バーガー\880を。例のちょっとほろ苦アイスコーヒー\380で。


 正直書くが、焼き過ぎ。炭火の悪いところばかりが出てしまい、肉のやわらかさや旨さがすっかり飛んでしまっている。これなら「つなぎ」を巧く使ったクラシックパティの甘く丸い味わいの方が、断然おいしく感じられる。クラシックの方が普段着で自然体、プレミアムはヨソ行きを意識し過ぎて、無理している感じか。と言うより、「そういう思いがよく表れている」と言った方がより正確かも知れない。


 ついでを言えば、プレミアムもクラシックと同じ「ケチャップ&マスタードにサウザンソース」というのもどうだろう。ケチャップ&マスタードって、絵面(えづら)としても安く見えますよネ……と、ずいぶん苦言を呈したが、ともかく私はクラシックの方が好みだし、また値段と内容がバランス良いところで実にきれいにまとまったバーガーだと思っている。まぁそんなことでプレミアムはさらにまた次回ということで――Let's try, one more once !


 噂のポテトは大きく串切りにしたメークインを揚げた自家製……まぁ「自家製」でしょ。ポテト自家製は、珍しいと言えば確かに珍しい。プレミアムが続くと店内かなり煙が立ち込める。ファンが高速回転しているのはその理由か。


 BGMはTatsuro Yamashita presents...JACCS CARD「SUNDAY SONGBOOK」!いやー!久々聴いた〜!!「最高の選曲と最高の音質でお届けしています……」 【つづく】


# 185 8 Cafe hamburger [名古屋]


― shop data ―
所在地: 愛知県名古屋市東区代官町27-12 北條ビル1F
      地下鉄桜通線 車道駅歩5分 地図
TEL: 052-935-1318
オープン: 2007年4月20日
営業時間: 11:00〜23:30(LO)(日曜日は〜20:00まで)
ランチ: 11:00〜14:30
定休日: 第1月曜日(要確認)


2007.10.15 Y.M

posted by ハンバーガーストリート at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 【二ッ目!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

# 片道切符とハンバーガー ◆ vol.7 行程1:長津田−塩尻−千種





 今日10月14日は奇しくも「鉄道の日」。別に狙っていたわけではないのだが、話題が鉄道だけに「乗る」方向で、以下――。


◆ 第7回 ◆ 行程1:長津田−塩尻−千種


◎今回の行程
◆1日目:9月23日(日)

 0800 長津田発 横浜線
 0833 八王子着
 0833 八王子発 【特急スーパーあずさ5号】
 1028 塩尻着
 1052 塩尻発 【特急(ワイドビュー)しなの8号】
 1223 多治見着
  ↑
  ※この区間運賃別途精算
  ↓
 1240 千種着
  →「8 Cafe hamburger」……2度目の訪問
  滞在:134分


●8時00分、長津田(ながつた:神奈川県横浜市緑区)


 旅の始めはシカゴの「What You're Missing」('82)で幕を開けたかったのだが、あと一歩というところで東急線に乗り遅れて、横浜線も一本遅れ。「スーパーあずさ5号」に間に合うかどうか危ぶまれる展開となり、それどころではなくなってしまった。




●8時33分、八王子(東京都八王子市)


 八王子駅にはスーパーあずさとほぼ同体の入線(時刻表上は接続、同時「アウト」だろう)。ホームが隣だったことが何よりの幸い、階段を猛ダッシュで駆け上がり駆け下り、どうにか乗り込むことができた。これで遅れは解消、当初予定どおりに。


 自由席は満席。通路に立ったまま55分間。しかも窓の位置低く、地表しか見えない。それが何処へ行くのか皆々様、キレイさっぱり甲府で退けて、これより先は着席しての悠々たる道中に。


 日ごろの行いが見事祟って、曇天。南アルプスも八ヶ岳もまるで見えず。晴れていれば↓こんな青い山脈を遥かに仰ぐことができたのだが。



左はこの度、右は'06年3月25日撮影


晴れぬ心に戻る甲斐なし――小淵沢を発てば、スワッ!信濃へ!



続きを読む
posted by ハンバーガーストリート at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

# 片道切符とハンバーガー ◆ vol.6 片道乗車券


Made with "Web Designing Free Map"


◆ 第6回 ◆ 片道乗車券


●一筆書きルート


 出発前に経路の確認――上図を拡大してご参照下さい。


 出発駅は「長津田(横浜市内)」。戻りも長津田(ながつた)。ふつうなら行きも帰りも東海道線を使うところを、今回の片道乗車券ルートは、行きは八王子から中央本線(中央東線)で「塩尻」。塩尻から中央西線――という「中山道」(なかせんどう)ルート。


 そのまま名古屋を目指せば早いのだが、手前の「多治見」でわざわざ折れて、太多(たいた)線で高山本線の「美濃太田」へ。美濃太田から岐阜に入る。


 岐阜で一泊。岐阜からは東海道本線で「草津」。草津から草津線で関西本線の「柘植」。亀山、名古屋と周り、ラストはのぞみ号でピューッと新横浜(横浜市内)まで戻って来る行程。




●千種と南滋賀
 

 では 8 Cafe hamburger(エイトカフェ・ハンバーガー)のある「千種」(ちくさ)にはどう行ったらよいかと言うと、中央西線にそのまま乗り続けて千種で下車。多治見−千種間を「乗り越した」ということで出札時に精算してもらう。

 多治見に戻るのも同様で、千種駅の券売機で多治見までのきっぷを買って乗れば、多治見からはふたたび片道乗車券が使える。




 さらにAMB(アンティーミーバーガー)へ行くための手段も同様。片道乗車券は「草津折り返し」だから「石山」で乗り越し精算。


 AMBへは、JR湖西線の西大津から徒歩は「困難」であると判断(なにせ京阪で2駅半分の距離ありますから)。なので石山から京阪石山坂本線に乗り換え、「南滋賀」で降りることにした。この「草津−石山−南滋賀」の往復が別途現地払い。


 以上、各店の所在地をまとめるとこのように――。



ルートのまとめ



続きを読む
posted by ハンバーガーストリート at 23:35| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

# 片道切符とハンバーガー ◆ vol.5 峰屋さんのこと






◆ 第5回 ◆ 峰屋さんのこと


 出発前日、岐阜のSekky's Diner(セッキーズダイナー)さんへのオープン5周年の祝いの品を求めて、新宿六丁目のパン店「峰屋」さんに行った。電話ではやりとりしていたが、ご主人と直接お会いするのは昨年12月のインタビュー以来。久しぶりである。




●東京新宿――峰屋の作業場


 前日の電話で「まだ仕事してるかも知れない」と仰っておられたので、気を利かして「ちょっと遅れて行くつもり」が、御大を前に大きく遅れる大失態を演じてしまい、イヤー、慣れないことはするもんじゃないと、反省すらも「大いに」せねばならぬ結果となった。


 作業場で2時間ほど、「最近おいしいバンズはないか」とか、「今こんなバンズを考えている」とか、「バーガーはこれからどうなる」とか、「食パンは角食より山食の方がおいしい」とか、「今夜、寄席に行こうか迷っている」とか――基本的にはただの世間話。と言うか、ご主人喋り通しだった。私も負けじと返した。


 ちなみにこの折、私がおいしいバンズとして挙げたのは、町田の名店「ドゥ・リーブル」が作るCoCochi(ココチ)のソフトフランスバンズと、FELLOWS(フェローズ)のグラハムバンズである。



続きを読む
posted by ハンバーガーストリート at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

# 片道切符とハンバーガー ◆ vol.4 都内各店




※本来ならここで「片道乗車券」の経路について、図など交えながら、わかりやすく説明するところだが、その肝心の図の準備が追い着かず、よって説明は後回しにして、ともかくも先へ進めることにする。


◆ 第4回 ◆ 都内各店


 出発の4日前、必要な乗車券・特急券をすべて購入――実はこれが相当にウェイトの高い準備作業である。おかげで各店の訪問予定時刻も滞在時間も一気に決し、先方に正確な情報を知らせることができるようになった。後戻りもできなくなったが、同時にこれで、次の準備へと歩を進めることができるようにもなったのである。


 出発前々日、「アンティーミーさんの紹介でお客さんが来た」(自己申告)という都内計3店のショップカードを集めて回った。




●20時00分――東京青山、GORO's DINER


 そうそう、GORO's DINER(ゴローズ・ダイナー)へ行く前に、我が名刺&Blogカードを頂きに渋谷二丁目のキューワークスへ寄り、その後六本木通り挟んでハス向かい、東一丁目のラーメン店「」(なぎ)へ寄って、店長らとしばし立ち話。その後ようやくGORO'sへ。


 たった一杯のキューバリブレで予定時刻を大幅に越える長居をしてしまうのはいつものこと。もはやフェローズのラストオーダーには間に合わないと判断されたので、行く意志のあることのみとりあえず連絡してから、GORO'sを後にした。




●20時37分――東京駒沢、FELLOWS


 さすがである。連絡を受けて、火を落とさずに待っていてくれたのである。「心得ている」とでも言うべきか。よって「当夜の夕食」の栄冠はFELLOWS(フェローズ)の頭上に。ベーコンチーズバーガー\1,300をば。


 「FELLOWS → AS」とハシゴする、初の駒沢ダービーは、黒川マスターのアドバイスにより、駒沢大学の裏を通って駒沢公園のサイクリングコースに抜ける道順。




●21時53分――東京駒沢(目黒区八雲)、AS CLASSICS DINER


 おかげで最短距離で到着。AS CLASSICS DINER(エーエス・クラシックス・ダイナー)の水上(みなかみ)マスターは、今回の遠征のために新たに葉書大のショップカードを作って待っていてくれた。しかも使われている写真は、本年2月に我がチームが撮影した時のものである。


 ついでながら、この折撮影した画像はすべてフリー素材として店に提供しており、そのため後に、首都圏在住の外国人向けフリーペーパー「メトロポリス」において、特集のトップ写真を飾ることになる。



 これでショップカードの準備は完了。次は5周年を迎えるセッキーさんへの祝いの品の用意を。 【つづく】




2007.10.10 Y.M

posted by ハンバーガーストリート at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

# 片道切符とハンバーガー ◆ vol.3 旅の算段






◆ 第3回 ◆ 旅の算段


 1日目に岐阜、2日目に大津――ここまでは決定。次にその他の目的地を決める。


●ルートの確定


 経路・費用を考え合わせながらの検討の結果、立ち寄る店・場所は以下のようになった。


◆1日日
 1.8 Cafe hamburger [千種(名古屋)] ……2度目の訪問
 2.Sekky's Diner [岐阜] ……5th ANNIVERSARY LIVE
◆2日目
 3.グルマン ヴィタル 垂井本店 [垂井] ……石窯ベーカリー。峰屋さんつながり
 4.SUN-BURGER [南彦根] ……AUNTY-MEE BURGERさんからのご紹介
 5.AUNTY-MEE BURGER [南滋賀または西大津(大津)] ……宿願の2度目の訪問


 岐阜のセッキーズダイナーのライヴへ行く前に、先月プレミアムパティを食べ損ねた名古屋の 8 Cafe hamburger(エイトカフェ・ハンバーガー)に寄る。大垣の隣、垂井にグルマン ヴィタルという、峰屋さんとも親しいベーカリーがある。ここで2日目の朝食をいただく。


 アンティーミーバーガー(以下「AMB」)の後、そのまま山科に入って……という手も考えたのだが、よに逢坂の関はゆるさじ、京へは行かず、代わりにAMBさんから紹介いただいた彦根の新店に、AMBの前に寄る。







 次にこのルートをなるべく安く周る手段を考える。検討に当っては、"鉄事"に明るいYo(KONEV)氏の全面協力を仰いだ。



続きを読む
posted by ハンバーガーストリート at 18:29| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

# 片道切符とハンバーガー ◆ vol.2 セッキーさんのこと




◆ 第2回 ◆ セッキーさんのこと


●今春岐阜――Sekky's Dinerのカウンター


 春4月8日、友人Yo(KONEV)氏と岐阜県岐阜市のセッキーズダイナーを訪れた。スタッフも常連さんも皆お優しい方ばかりで、今日会ったばかりとは思えぬ親しさで、旅の流れ者を厚く迎え入れてくれた。


 大垣のchorky's DINER(チョーキーズダイナー)との合同ダンスパーティーが翌週に迫っているとのことで、皆して夜更けのダンスレッスンに励み、宴もたけなわ。この夜の滞在は実に楽しい思い出として記憶された――だから8月10日、名古屋遠征の折、再訪(今にして思えばこの時「ながら」の指定席が取れたのは奇跡的だった)。




●今夏岐阜――ふたたびSekky's Dinerのカウンター


 時季も時季とて、前回よくしていただいた常連方々は不在。「今夜はとりわけ寂しい夜で……」と店の主(あるじ)がこぼしていたところに、また別の常連歴々が現れ、彼らともすぐ打ち解けて、しかも帰りはそのうちの一人、Johnny氏の愛車モーリスで宿まで送っていただくご厚意にまで甘えた。


 その帰り際、「遠いのも、お金がかかるのもわかってるんですけど……」と、主(あるじ)セッキーさんは、一枚の「チケット」を私に手渡した――。



続きを読む
posted by ハンバーガーストリート at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

# 片道切符とハンバーガー ◆ vol.1 アンティーミーさんのこと






 これまで付き合いであるとか交友関係であるとか、そうしたことについては敢えてあまり書かないようにしてきた。


 しかし今回ふと、日ごろ私がバーガー各店に対し、どのような働きかけをし、役割を担っているか――そうした「裏」の顔について少し触れてみようかと思い立ったのである。……な〜んて言っても、ご期待に沿うほどの裏も表も、私にはありませんが。ごく薄っぺらな人間ですのでネ……。


◆ 第1回 ◆ アンティーミーさんのこと


●昨夏、琵琶湖畔――AUNTY-MEE BURGERの食卓


 昨年'06年8月9日、滋賀県大津市のアンティーミーバーガー(以下「AMB」)を訪ねた。田畑に囲まれたすばらしいロケーション、そしてオーナー岩波夫妻の人懐こいお人柄に触れ、好印象を持ったのだが、同時に関東育ちの私としては、近畿流の「トーク先行の食べ物」というのがどうにも受け付けなくて(勝負は中身でしょ)、かえって評価に苦しんだ一店だった。







●本年正月、駒沢――深夜の会合


 今年'07年の正月、東京は青山・外苑前のGORO's DINER(ゴローズ・ダイナー)吉澤マスターから、「いまアンティーミーさんご夫妻が来ている!」と報せが入った。ご夫妻は正月休みを利用して都内各店をめぐり、3日で12バーガーを平らげたという――当夜はその遠征の2日目だったのである。結局ご夫妻とGORO'sマスターは、閉店後の店内から一歩たりとも動くことなく、朝の5時まで延々喋り続けた。


 その明くる日、ご夫妻とほぼ半年振りの再会を果たす。


 場所は東京・駒沢のAS CLASSICS DINER(エーエス・クラシックス・ダイナー)。同じく閉店後の店内でである。この夜のメンバーはGORO'sマスター&タカちゃん、AS水上(みなかみ)マスター、岩波夫妻、そして私の計6人。


 この席で私は、夏以来ずっと訊きたかった疑問のいくつかをあらためて岩波さんに尋ねてみたのだが、それでもクエスチョンは解消されることなく、AMBに対する評価は依然すっきりせぬまま終わった。


続きを読む
posted by ハンバーガーストリート at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする